新千葉カントリー倶楽部は3月1日より『会員20』の募集を開始

  • 投稿日:
  • by

 千葉県の新千葉カントリー倶楽部では、2016年3月1日より退会会員の補充を目的とした『会員20』の募集を開始します。この募集の最大の特徴は、20ヶ年に渡り年会費負担が無い事です。そしてこの点を基軸にして既存の会員をも対象にして、『会員20』への移行を促しております。

『会員20』 とは。

  • 募集会員 正会員(個人、法人一名記名式)
  • 募集金額 個人30万円+消費税/法人40万円+消費税
  • 預託金額 無(全て入会金と消費税のみ)
  • 募集人員 特段無(退会会員の補充募集の為)
  • 年会費額 20ヶ年不要
  • 募集開始 2016年3月1日より
  • 募集対象 新規、既存会員

 新千葉カントリー倶楽部の現会員は、額面様々な預託金を保有しております。例えば額面40万円の会員は、この預託金から30万円を充当して新規に『会員20』の会員へ移行出来るのですが、更に20万円を追加してご家族を新たなる会員へする事も出来ます。これはほんの一例ですが、詳しいお問合せ先は『会員20』事務局(TEL 0475-52-4341)にてご説明頂ける事と思います。

 退会会員の補充募集としたこの度の会員募集『会員20』ですが、この募集が広く浸透して行くと言う事は、逆に既存会員権の名義書換が進展しない事をも暗示しております。例えば既存の会員権を取得して新規会員になったとしても、例えばそれが30万円以下の予算で成れたとしても、今後会員で在り続ける為には、毎年年齢に応じた年会費を払い続けなければ成らないのです。

 この費用負担を考えた場合、既存の会員権を取得して会員になろうと言うプレーヤーが、新規に現れるものでしょうか。この度の新千葉カントリー倶楽部に於ける新たなる取り組みに対する評価は、今後の成り行きをしばらく見ていかなければならないと言えます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
新千葉カントリー倶楽部は名義書換預託金制度を廃止し名変料改定