千葉カントリークラブ野田コースは9月20日グランドオープン

  • 投稿日:
  • by

 千葉県の千葉カントリークラブ野田コースは、2015年9月20日にグランドオープン致しました。これは本年2月初旬よりコースをクローズして行っていたコース改造が、終了した事に伴うものです。9月19日クラブ役員によるセレモニーが行われ、20日からは会員を中心に、会員が同伴するビジターも来場し、一日平均45組前後の来場者が有るとの事です。

 改造の主な目的は、2グリーンを1グリーンへ改造する事です。この改造を指揮したのは、設計家の川田太三氏です。川田氏は原設計家である藤田欽哉氏の設計意図を損なう事無く、しかしながら現代のボールや用具の進化に合わせたコース内容へ変化させて行っております。林間コース特有の、ホール間をセパレートしている松を中心とした木立は、密集しない様に積極的に、意図的に間伐を進めております。この事により風通しが良く成り、酷暑にも対処し易くなると共に、芝の育成にも大きな影響を与えている様です。

 バンカーは配置変えも行い、ティーングランドに立ったプレーヤーへメッセージを投げかけており、戦略的配置へと転換したものと思います。どのルートから攻めるのかを、プレーヤーへ問いかけて来ます。唯一バンカーの無いホールが16番です。このホールは、野田コースの名物ホールでも有り、ここは大きな手をかけずに、従来からの姿を多く残しているホールでも有ります。

 当ゴルフ場の大きな特徴として、10番ホールフェアウエー中間地点の右側、松林を横切った奥にアプローチ練習場が有ります。250平方メートルから450平方メートルほどのグリーンが3面あり、様々な場面を想定した練習が可能であり、バンカーも備えられております。

 この度の改造で新たに造られた1グリーンの大きさは平均約500~600平方メートルで、芝は第四世代種と言われる007を採用しております。芝の活着状態は非常に良く、007は施用に手間暇がかかると言われる中で、前キーパーから引き継いだ現在のキーパーによる作業が順調に進んだものに依ります。今回の改造に合わせてヤマハ製の電磁式乗用カートを、50台導入したとの事ですが、GPS機能は備えていない様です。野田コースはキャディ付きですので、敢えて省いた様です。

 当コースは法人筋からの人気が高く、先日も黒塗りの社用車がずらりと並んで、それは圧巻だったとの事です。素晴らしく変化した野田コースを、是非一度体験される事をお勧めします。最後に忘れて成らないのは、チャンピオンティが新設された事です。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
千葉カントリークラブは8月1日より週日会員の募集を開始