中山カントリークラブでは10月より入会に関する面談を強化

  • 投稿日:
  • by

 千葉県の中山カントリークラブでは、2015年10月1日以降入会時に、入会申請者との面談を強化する方針です。これは2015年8月の理事会に於いて決定された事項ですが、この問題に付いては以前より議題として提案されており、やっとこの度内容が煮詰まる中で決定されたとの事です。

 面談を強化するとは?以前は入会申請者がゴルフ場へ来場時に、クラブ側との面談が行われていたのです。この度この方法に柔軟性を持たせ、都合によってはクラブ側から入会申請者の指定場所を訪ねて、面談を行う事に成りました。自宅或いは勤務先、更には別途指定先などへクラブ担当者が、出向いて行く事も選択肢と成ったのです。

 面談は必須事項として、様々なパターンを想定して行う背景には、入会申請者の人となりを良く知って合否を出すべき、と言う判断からの様です。

 入会に当っての会員推薦など、実態が無く形式的なもので、内容が形骸化されている事を、クラブ側も把握しつつあるようです。より良い審査方法を模索する同クラブは、今後も様々な改革を進めて行くものと思われます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
中山カントリークラブは年会費と名変料、預託金内容を変更予定