ファンケルクラッシック2013優勝者は大逆転で羽川豊選手!

  • 投稿日:
  • by

 2013年8月16日より18日まで開催されたファンケルクラッシック2013は、羽川豊選手が大逆転で優勝致しました。羽川選手は初日+1の73、2日目同じく+1にて73のトータル+2で決勝日を迎えたのですが、最終日はノーボギー10アンダー62をマークし、一躍トップにおどりでたのです。

 羽川選手は最終的に8アンダーで井戸木鴻樹選手とのプレーオフになり、プレーオフ1ホール目でバーディを取り、優勝賞金1,500万円を手中にしました。

 レギュラーツアーを戦っている選手でも中々達成しない驚異的なスコアで、35位タイから一挙に優勝し、大きな話題と成りました。シニア選手とは言え、この様なビッグスコアを出せる事を羽川選手は実践して魅せ、シニアツアーの楽しさはアットホームさだけでは無く、試合としても当然面白い事を立証したのです。

 当トーナメントは今年で13回目を向かえますが、全て開催コースは裾野カンツリー倶楽部で開催されております。一部ホールではグリーンが痛んでいる箇所も有りましたが、変化の激しい気象条件の中で、メンテナンスが行き届いていた様に思います。因みに今大会3日間の来場者数は、23,008名でした。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ファンケルクラシック2013ノ開催日程が決まる