USPGAツアーを戦う石川遼選手と松山英樹選手の明暗

  • 投稿日:
  • by

 今季のSUPGAツアーのほぼ全試合に出場し戦っている石川遼選手は、今週の試合(ウインダム選手権・2013年8月15日から18日)の出来如何により、来シーズンの戦い方が大きく左右される大一番を迎えております。

 ウインダム選手権終了時に、FedExカップポイントランキングで125位までの選手が、8月22日から開幕する4試合のプレーオフシリーズへ、進出する事が出来ます。ある意味石川選手にとってはウインダム選手権が、今季USPGAツアーの最終戦となってしまう可能性が有ります。

 石川選手は現在ランキング151位に居り、125位以内に入る為には、今試合で4位以内が条件と言われております。大変にきびしい戦いを、強いられております。2010年のJGTOツアー・中日クラウンズでマークした、1ラウンド58と言う驚異的なスコアをたたき出した様な、それに匹敵する様な戦いをして欲しいものだと、思わずにはおれません。

 片や松山英樹選手はランキング113位相当と言われており、来季のPGAツアーのシード権をほぼ手中に収めた様です。松山選手はUSPGAツアーの人気者で、(幸運の運び屋)と言われているのです。

 今年の全英オープンでは、松山選手と予選2日間を一緒にラウンドしたフィル・ミケルソンが優勝し、ブリヂストン招待では同じく予選を共にまわったタイガー・ウッズが優勝しました。更に全米プロではジェイソン・ダフナーが優勝したのですが、予選2日間を戦ったのは、やはり松山選手だったのです。

 何れにしても、とても魅力的は2人の日本人プレーヤーから目が離せないと共に、USPGAツアーで輝いて欲しいと思っているのは、多くの日本からの願いではないでしょうか。関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
石川遼選手はHP Byron Nelson ChampionshipでTOP10を確保