本千葉カントリークラブをサンカジログループが取得

  • 投稿日:
  • by

 千葉県の本千葉カントリークラブは、2013年6月12日に経営母体が変更に成りました。同日、米国投資ファンド系の(株)Izanami Holdings1が所有していた(株)本千葉カントリークラブの株式を、千葉県の(株)サンカジログループが取得した事による変更です。

 (株)サンカジロの代表・上代修二氏は、千葉県八千代市で明治ゴルフセンターと言うゴルフ練習場を経営しており、業態は違えど業界には明るい方の様です。(株)本千葉カントリークラブでは2013年6月12日に、岩崎拓、甲斐昭男、田中剛、の3氏が取締役を辞任し、新たに上代修二、上代修大、大廣勝人の3氏が就任しております。

 同ゴルフ場のM&Aに関する動きは、昨年の2012年春先から聞こえて来てはおりました。この度経営主体が変更になった事で、ゴルフ場を取り巻く環境もやっと落ち着きを取り戻すのではと思われます。不安定なゴルフ場の状態を脱して、千葉県に本千葉カントリークラブ有り、と言える様な本格的なクラブづくりを目指して欲しいものだと思います。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
本千葉カントリークラブは5月25日より預託金充当プランを開始