日本駐車ビル(株)は会社分割にて(株)佐久平カントリークラブを設立

  • 投稿日:
  • by

 長野県の佐久平カントリークラブを経営する日本駐車ビル(株)は、2012年7月24日の官報にて、新設分割により(株)佐久平カントリークラブを設立し、ゴルフ場事業に関する権利義務を承継させる事を、明らかに致しました。尚、この件は同社のホームページ上においても、明らかにしております。

 タクシー会社の(株)グリーンキャブは、1992年4月に佐久平市開発公社より、ゴルフ場・佐久平カントリークラブを購入致しました。当時ゴルフ場を経営しておりましたのは、(株)佐久平カントリークラブです。

 2002年4月にグリーンキャブグループの日本駐車ビル(株)は、(株)佐久平カントリークラブを吸収合併しており、これ以来同ゴルフ場は日本駐車ビル(株)による直接経営となったのです。

 そして今日日本駐車ビル(株)は、ゴルフ場経営を分離させます。新設会社は2012年9月初旬に、設立されるものと思われます。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
佐久平カントリークラブでは太陽光発電システムの導入を検討中