大利根カントリークラブでは9月25日に入会条件を一部改定

  • 投稿日:
  • by

 茨城県の大利根カントリークラブでは、2016年9月25日に理事会が開催され、入会条件の一部が改定されました。そしてその内容は、即日適用される事になりましたが、それは主に3点に集約されます。先ず1点目の改定を確認する為に、条件の一部を抜粋しました。

  • 法人会員の登録者変更に於ける推薦者の件(改定前)
  • (旧条件)
  • 推薦人は「継続して正会員としての在籍が5年以上の正会員2名」とする。法人正会員の指定変更において、当該法人の代表者が紹介者になる場合は在籍年数を問わない。

      images6Z1XLEX5[1].jpgのサムネイル画像

  • 法人会員の登録者変更に於ける推薦者の件(改定後)
  • (現条件)
  • 推薦人は「継続して正会員としての在籍が5年以上の正会員2名」とする。但し、法人正会員の指定変更においては、当該法人の代表者1名の推薦書と在籍が5年以上の正会員1名とすることができる。尚、当該法人の代表者についてはクラブの在籍は問わない。
  1. 1点の改定点は、上記の内容通り法人内の登録者変更に於いて、推薦者は登録会員ではない代表者がなれるとした点です。
  2. 2点目は法人や個人或いは法人内の登録者変更に限らず一般的入会申請に於いて、他クラブの在籍を不要とした事です。
  3. 3点目は法人内の登録者変更に於いて、2期分の決算書提出を求めない事です。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
大利根カントリークラブは3月より入会預託金を再導入