「鹿島の杜カントリー倶楽部」の支援へPGMグループが乗り出す

  • 投稿日:
  • by

 2016年6月24日PGMホールディングス(株)は、茨城県の「鹿島の杜カントリー倶楽部」を経営する(株)鹿島の杜カントリー倶楽部 (本社:茨城県鹿嶋市/代表取締役 平井 隆昭) を、資金援助により支援する事を明らかにしました。

 具体的には同ホールディングスの連結子会社であるパシフィックゴルフプロパティーズ株式会社(以下PGP)が、支援に付いて合意の契約を締結したとしております。

 今後再生計画案が明らかにされ、債権者集会を経てPGPの合意が生きてくるものと思われますが、その時期に付いては明らかにされておりません。2016年2月に2度目の法的整理により、再建を試みる事になった当該ゴルフ場ですが、ここへ来てやっと動きが出て来たと言えます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鹿島の杜カントリー倶楽部は2月6日に債権者説明会を開催