横浜カントリークラブ西コース2016年3月末に於ける改修状況

  • 投稿日:
  • by

yokohama_west_tact20160413-4.jpg 神奈川県の横浜カントリークラブ西コースは、2015年1月より全面的に閉鎖し、改修工事を行っております。その基本的なプランは、(クーア&クレンショー)事務所によるものですが、事務所の代表であるビル・クーアとベン・クレンショーの哲学は、伝統的で戦略的なコースが最も価値が高いと言うものです。

上記写真はクラブより、ご提供頂いたものです。2016年3月末時点での工事進捗状況は下記の通りですが、本年9月上旬を目標に本オープンする予定との事です。

  1. 西コース全グリーンの造成完了。
  2. 西コースの17ホールに及ぶティー、フェアウェイ、ラフ、バンカーの全面刷新完了。
  3. 新4番(旧13番)のフェアウェイ、ラフ造成中で、4月末完了予定。
  4. 東コース17番?18番ティー及び新グリーン造成中(4月末完了予定)。
  5. クラブハウス周辺ランドスケープ造成中(5月末完了予定)。
  6. 新ドライビングレンジ造成(計画中)。

完成後の新しいルーティングは、下記の様に変更されます。又グリーンの芝種は、007を採用との事です。

  • 旧10番ホール⇒1番ホール
  • 旧11番ホール⇒2番ホール
  • 旧12番ホール⇒3番ホール
  • 旧13・14番ホール⇒4番ホール
  • 旧15番ホール⇒5番ホール
  • 旧16番ホール⇒6番ホール
  • 旧17番ホール⇒7番ホール
  • 旧18番ホール⇒8番ホール
  • 旧18番ホール⇒9番ホール
  • 旧1番ホール⇒10番ホール
  • 旧2番ホール⇒11番ホール
  • 旧3番ホール⇒12番ホール
  • 旧4番ホール⇒13番ホール
  • 旧5番ホール⇒14番ホール
  • 旧6番ホール⇒15番ホール
  • 旧7番ホール⇒16番ホール
  • 旧8番ホール⇒17番ホール
  • 旧9番ホール⇒18番ホール

 今後のスケジュールとしては、5月末に竣工をを迎え、6月から8月末までを養生期間とするものです。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
横浜カントリークラブでは西コースを改修へ