大秦野CCと伊勢原CCは10月1日よりPGMグループとして再出発

  • 投稿日:
  • by

 神奈川県の大秦野カントリークラブと伊勢原カントリークラブの2コースは、2015年10月1日よりPGMグループのコースとして再出発する事に成りました。

 これは2015年8月18日東京地裁により認可決定確定した、両ゴルフ場を経営する東海開発(株)の民事再生計画に基ずくもので、PGMグループのパシフィックゴルフプロパティーズ(株)が対象会社の全株式を取得した事によります。

☆ パシフィックゴルフプロパティーズ株式会社
 ・本 店:東京都港区高輪一丁目3番13号
 ・代表者:代表取締役 田中耕太郎
 ・資本金:1億円

☆ 東海開発株式会社
 ・本 店:東京都港区高輪一丁目3番13号
 ・代表者:代表取締役 田中耕太郎
 ・資本金:5,000万円

 大秦野カントリークラブと伊勢原カントリークラブの2コースがPGMグループ入りした事で、同グループは全国で132ゴルフ場体制と成りました。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
東海開発(株)の再生計画案が明らかに