葛城ゴルフ倶楽部は8月1日より補充募集開始予定

  • 投稿日:
  • by

 静岡県の葛城ゴルフ倶楽部では、2015年8月1日より同年11月30日までの期間、正会員の補充募集を開始する予定です。これは昨日、倶楽部より会員宛てに届いた(お知らせ)により、明らかに成ったものです。募集内容は下記の通りです。

  • 募集会員 正会員(個人、法人一名記名式)
  • 募集金額 6,296,000円
  • 預託金額 5,000,000円
  • 入会金額 1,200,000円+消費税
  • 募集口数 30口
  • 入会条件 葛城ゴルフ倶楽部会員1名の推薦要
  • 募集期間 2015年8月1日?2015年11月30日
  • 据置期間 預託金の据置期間無

 今年も又始まります。と言う表現に成って仕舞いそうな、ある意味恒例化してきた、葛城ゴルフ倶楽部の補充募集です。募集の目論見は、預託金の償還により減少した会員の、補充と言う事に成りますが、この補充は2012年より毎年8月か9月に開始され、短期間で終了し今年で4年連続と言う事に成ります。この補充募集は示唆するものが多く、会員権市場に於ける光と影が、見えて来ると言えます。

  1. それは会員権相場が上昇していない事です。会員権相場が上昇していたならば、償還請求する会員は少ないはずですから。
  2. 安心できる会員権への購入意欲が高い事。当募集の実態は、開始と共にほぼ終了状態に成る事です。
  3. 自己完結する募集業務。葛城GCではこの募集に関して、一切会員権業者の手助けを、求めておりません。償還請求が有れば速やかに返還し、そしてまた自らが募集し、それも短期間に終了すると言う姿は、まさしく自己完結型です。

 当募集の入会金額は120万円ですが、通常の名義書換では150万円を設定しております。この点の整合性を求めるなどと言う愚問よりも、どの様な価格設定にしたら売り易いのか、そこの市場性を良く研究している様で有り、当該クラブは成功体験を地で行っている正しくゴルフ業界の雄と言えます。募集期間中は既存会員権の名義書換を、停止にするとの事です。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
葛城ゴルフ倶楽部では8月1日より正会員の募集を開始予定