森インベスト3コースを三井不動産子会社TG3が引き受け

  • 投稿日:
  • by

 株式会社森インベストは2015年5月29日の官報にて傘下3コース、サニーフィールドゴルフ倶楽部、かさまフォレストゴルフクラブ、オークビレッヂゴルフクラブの管理・運営事業に関する権利義務を、株式会社TG3へ承継させる事を明らかに致しました。

 三井不動産株式会社広報によれば、株式会社TG3は同社の100%子会社であるとの事です。つまり(株)森インベストが三井不動産(株)へ、3コースを売る事に成った訳です。譲渡予定日は、6月30日を予定している様です。

 既に裾野カンツリー倶楽部に付いては、同じく6月30日リゾートソリューション・グループへ譲渡する事が明らかに成っておりました。そしてこの度の3コース譲渡ですが、これをもって(株)森インベストによるゴルフ場事業は、終焉を見る事に成った訳です。

 振り返るに、同社はゴルフ場事業参入以降10年をもって、何を残して来たのでしょうか。総括するにもすぐに特徴的な事柄が思いつかなく、時間を要する様に思われるのですが、ただ一つ言える事は残された会員にとって売り先が三井不動産(株)で良かった、と言う事ではないでしょうか?

  • 法人名:株式会社TG3
  • 所在地:東京都中央区銀座六丁目17番1号
  • 設立日:2015年3月19日
  • 資本金:1円
  • 代表者:代表取締役_小野雄吾
  • 主事業:ゴルフ場・飲食店・浴場・その他観光施設・各種スポーツ施設の経営・その他

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
森インベストグループ3コースは名義書換料減額キャンペーン延長