東都自動車グループは傘下のゴルフ場を再編へ

  • 投稿日:
  • by

 東都自動車(株)を中核企業とした所謂東都自動車グループは、2015年3月30日に傘下ゴルフ場を再編する事を明らかに致しました。この度の再編に関係するゴルフ場は、埼玉県の東都埼玉カントリー倶楽部です。

 同ゴルフ場の経営会社は東都自動車(株)ですが、2015年4月1日をもって新設される(株)東都観光企業総轄本社が、新経営会社と成ります。これは吸収分割と言う手順を経て、東都自動車(株)が東都埼玉カントリー倶楽部に関するすべての事業を新設会社へ承継させる、としております。登記手続きには1から2週間の時間を要する関係から、実際に確認出来るのは4月10日頃に成るものと思われます。

 今後東都自動車(株)が経営するゴルフ場としては、東都栃木カントリー倶楽部が残されている訳ですが、このゴルフ場に関してもそう遅く無い時期に、経営会社の変更が有るのでは無いかと、関係者への取材で感じさせられました。この第二段の再編が有るならば、その過程でこの度のゴルフ場再編に関する意図が、見えて来ると言えます。

 因みに同グループの経営会社は下記の通りです。

  1. 東都秩父カントリー倶楽部⇒東都観光企業(株)
  2. 東都栃木カントリー倶楽部⇒東都自動車(株)
  3. 東都埼玉カントリー倶楽部⇒(株)東都観光企業総轄本社
  4. 東都飯能カントリー倶楽部⇒東都観光企業(株)

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
東都自動車グループゴルフ場では年間会員を募集中