ストーンヒル藤岡ゴルフクラブは2月15日をもって閉鎖

  • 投稿日:
  • by

 群馬県のストーンヒル藤岡ゴルフクラブは、2015年2月15日をもって閉鎖されました。隣接のホテルに関しては、引き続き営業して行くとしております。2015年2月15日23時29分に更新されたフェイスブック(Facebook)では、次の様につづられており、一部引用させて頂きます。


従業員、涙なみだの最終日!

なんと!この寒いさなかに130名の方にお集まりいただき、最終日を迎えることが出来ましたことに感謝感激しています。ゴルフ場開場時より29年間、通い続けてくれたお客様 ・ ・ ・ ・ ふらっと1人予約で来られるお客様 ・ ・ ・ にぎやかにいつもコンペで来ていただくお客様 ・ ・ ・ 必ず大人気の天然温泉目当てに来られるお客様 ・ ・ ・ 本当に皆様から愛され・生かされ、ただただ感謝です。

スタッフ一同より


 1988年10月に西南カントリークラブとして開場した同ゴルフ場ですが、数度にわたる経営交代を経て、現在に至っておりました。一季出版(株)の(ゴルフ特信)によりますと、昨年2014年10月には滝田建材(株)より神奈川県川崎市の(株)ウエッブウッズ(TEL 044-952-2121)へ、ゴルフ場及びホテル事業が譲渡されたとの事です。

 (株)ウエッブウッズ は、ゴルフ場を閉鎖してホテル業を継続させる方針を、今年に入り従業員へ伝えていた様です。

 同ゴルフ場の会員数は約380名登録されていたものの、所謂年次会員とも言うべき性格の会員であり、預託金をベースにした会員制では無かった事から、ゴルフ場閉鎖にからみ問題も皆無との事です。同ゴルフ場の跡地利用に関して、一説にはメガソーラーと言う情報も入って来ておりますが、売電価格も下がる中、厳しい状況なのではと思われます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ストーンヒル藤岡ゴルフクラブは新設分割により新たに2法人設立