パインズ日光ゴルフ倶楽部用地などが競売で落札される

  • 投稿日:
  • by

 栃木県のパインズ日光ゴルフ倶楽部のゴルフ場用地と建物、更には付帯のホテルなどが2014年12月9日に、宇都宮地裁で行われた競売に於いて、8億2,000万円で落札されました。落札者は、同ゴルフ場の抵当権者でもある(株)ツー・エム・シー。

 現在同ゴルフ場を運営しておりますのは、同ゴルフ場住所に本店所在地が有り、2011年7月26日に設立された(株)パインズ日光ゴルフ倶楽部(代表者_佐川昭一)であり、2015年5月の連休までは営業が継続されるとの事です。

 今後、同ゴルフ場はゴルフ場として継続されて行くのか、或いはその他の事業へ転換して行くのか、それはひとえに落札者次第だと言えます。ゴルフ場発足以降10年前後で経営に行き詰まり、その後は常にウワサが絶えなかった同ゴルフ場ですが、再生の道はあるものでしょうか。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
パインズ日光ゴルフ倶楽部は縁故会員を募集開始