ヴィンテージゴルフ倶楽部の会員募集は締め切り迫る

  • 投稿日:
  • by

 山梨県のヴィンテージゴルフ倶楽部では、2009年6月より開始した正会員の補充募集が、間もなく終了しようとしております。2014年12月末で残り約30口と成った会員募集は、2015年2月28日をもって終了する予定との事です。

 倶楽部では会員家族制度が有ります。正会員は家族3名までこの制度を利用して、家族会員とする事が出来ます。家族会員1名の年会費は、18,000円と消費税です。また家族会員1名の基本的ラウンド料金は、会員料金プラス1,000円と消費税です。

 当該ゴルフ場では2010年よりワイン造りを手掛けてきており、2011年12月から本格的な出荷が始まりました。2014年6月には酒造免許も取得する事が出来、他のワイナリーに依存する事無く、まさしく自社ブランドとしてのワイン出荷にこぎつけております。そして今年2015年には、大きな事業が待ち受けています。それは下記の2点です。

1、ロッジ完成
・5月27日ゲートをくぐったクラブハウス手前にロッジ完成予定。
・新ロッジは鉄筋4階建、ツインルーム22室、4名利用の和室8室、最大76名の収容が可能。
・宿泊はプレーヤー以外も可能。

2、ISPSハンダグローバルカップ開催(2015JGTOツアー)
・男子レギュラーツアートーナメント (ISPSハンダグローバルカップ) が開催。
・開催日は2015年6月25日から28日迄。
・賞金総額1億円、優勝賞金2,000万円。
・テレビ東京系全国ネットで放送。
・20年ぶり2回目のレギュラートーナメント開催。

 上記様々な事柄をみておりますと、当該ゴルフ場の有しているポテンシャルを引き出し、発展させようとする意気込みが伝わって来ます。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ヴィンテージゴルフ倶楽部は7月23日まで書換料減額キャンペーン中