廣済堂開発系3コースの再生計画案が明らかに成る

  • 投稿日:
  • by

 廣済堂開発系3コースの再生計画案が、明らかに成りました。これは昨年2014年12月暮れより、本年1月初頭にかけて、会員宛てに送られてきた計画案の中で、特に廣済堂開発(株)の内容は、3計画案の主軸を形成していると言えるものですが、その概要は下記の通りです。

A、廣済堂開発(株)
  1.ザ・ナショナルカントリー倶楽部を所有し経営。
  2.ザ・ナショナルカントリー倶楽部、千葉廣済堂カントリー倶楽部、廣済堂埼玉ゴルフ倶楽部
   の3コースを運営。
  3.株主は富士合同会社。
  4.(株)千葉廣済堂カントリー倶楽部と(株)廣済堂埼玉ゴルフ倶楽部に従業員は居ない。

B、自主再建
  ・保有財産及び将来の事業収益を弁済原資として、自主再建を目指す。

C、弁済内容
  1.廣済堂開発(株)は、10万円を超える部分に付いて6.5%弁済。
  2.(株)千葉廣済堂カントリー倶楽部は3.5%弁済。
  3.(株)廣済堂埼玉ゴルフ倶楽部は3.0%弁済。
  4.弁済原資が不足する場合、親会社である富士合同会社その株主であり社員である、
   (株)ベルディ及び(有)龍玉に対して融資依頼済み。
   (株)ベルディの2013年9月30日付貸借対照表では純資産が14億700万円有り、
    廣済堂開発(株)、富士合同会社、(株)ベルディ、(有)龍玉との間で極度額2億円
    の範囲内での随時貸付を行う事を合意済み。

D、否認請求
  ・廣済堂開発(株)の根抵当権設定行為は、再生再債権者を害する事を知ってした行為
   として、これは否認対象行為に該当する可能性が有る。
  ・監督委員を申立人として、(株)大成コーポレーション、(株)ベルディを相手方とする
   否認請求事件を東京地裁にて係属中。

E、合併
  1.再生計画認可決定確定後、速やかに廣済堂開発(株)を存続会社として3社が合併する。
  2.廣済堂開発(株)の再生計画が認可されなかった場合、合併は行わない。
  3.千葉或いは埼玉のどちらかが認可されなかった場合、認可の出た会社と行う。
  4.合併後、3コース会員が相互に利用出来る制度を新設予定。

F、再生債権(廣済堂開発)
  ・確定再生債権者総数 382名
  ・確定再生債権額   86億4,056万8,202円

 因みにその他の債権者数と債権額は、千葉が2,795名に対して26億2,675万1,524円、埼玉が1,470名に対して24億6,928万871円と成っております。この再生計画案に対する書面投票の締め切りは1月27日であり、債権者集会は2月4日を予定しているとの事です。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
廣済堂開発関係3コースの債権者集会は2月4日に開催