廣済堂開発関係3コースの債権者集会は2月4日に開催

  • 投稿日:
  • by

 廣済堂開発関連3コース(千葉廣済堂カントリー倶楽部、廣済堂埼玉ゴルフ倶楽部、ザ・ナショナルカントリー倶楽部)の債権者集会が、2015年2月4日に行われる事に成りました。

 千葉廣済堂CCと廣済堂埼玉GCに付いては2014年11月18日に、ザ・ナショナルCCは一日遅れる事19日に、東京地裁へ再生計画案を提出済みであり、1ヶ月後の12月18日及び19日には同地裁より意見書が出て来るものと思われます。これを踏まえる形で会員債権者へは、同資料が配布される事に成るものと思われます。

 尚、一季出版(株)のゴルフ特信では、弁済率をザ・ナショナルCCが5%超、千葉廣済堂CCと廣済堂埼玉GCが数パーセントと報道しております。因みに千葉廣済堂CCの負債額は約48億6,900万円、廣済堂埼玉GCは24億8,600万円、ザ・ナショナルCCは86億8,700万円と成っております。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富士合同会社傘下3ゴルフ場の債権者説明会が開催される