習志野カントリークラブはTROPHIA GOLFブランドへ

  • 投稿日:
  • by

 千葉県の習志野カントリークラブ(キングコース・クイーンコース)は、2014年6月1日よりアコーディア・ゴルフの新ブランドであるTROPHIA GOLFブランドへ移行するとの事、同社会員課より関東ゴルフ会員権取引業協同組合へ入った連絡です。

 TROPHIA GOLFブランドとしては、既に茨城県の石岡ゴルフ倶楽部が先行しており、習志野カントリークラブは2コース目と成ります。TROPHIA GOLFブランドについてアコーディア・ゴルフは、次の様に語っておりますが、その内容を一部抜粋しておきたいと考えます。


「カジュアルで楽しいゴルフ」では応えられない顧客ニーズに対し、・ ・ ・

ゴルフを制する歓びを知るプレーヤーのための真のステージとして、プレーヤーのチャレンジング・スピリットを刺激するトーナメントクオリティのコース戦略性、セッティング、コンディションを提供 ・ ・ ・


 つまり低予算での最低限の管理によるゴルフコースでは無く、ゴルフを良く知るプレーヤーに対し、素晴らしいコースを提供しますと言う様に、このTROPHIA GOLFブランドを理解出来る事と思います。

 かつて男子プロのトーナメント会場として一世を風靡した当該ゴルフ場ですが、アコーディア・ゴルフと成って以降、利益追求主義、薄利多売、詰め込みと、その凋落状況を嘆くプレーヤーの声は後を絶たなかったのですが、今後この状況を如何に復活させていくのか、その手腕に依ってはプレーヤーの信頼度も又、復活する事もあり得る様に思えます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
習志野カントリークラブは10月より新グランドステータス制度適用不可