赤羽ゴルフ倶楽部の法人会員権は無記名として利用可

  • 投稿日:
  • by

 東京都の赤羽ゴルフ倶楽部の法人会員権は、無記名会員権として利用出来る優れものです。手続・手順は次の様です。個人正会員権2口を取得した後に、法人名義にて入会申請する事が出来ます。この申請時に記名式にするか、或いは無記名にするかの選択が出来ます。

 名義書換料は2口分として、税別120万円が必要と成ります。更に入会預託金60万円が必要と成りますから、倶楽部への支払い合計金額は、税込186万円と成ります。

 記名式と無記名の大きな相違点は、プレー代です。記名式会員は全日5,797円であるのに対して、無記名式は平日が6,200円、土、日、祝日が8,400円と成ります。この会員権を売却したい場合は、個人2名へそれぞれ売却する事も可能であり、流通性は多分に有ると言えます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
赤羽ゴルフ倶楽部は3月31日に新クラブハウスをグランドオープン