新東京ゴルフクラブによる太陽光発電

  • 投稿日:
  • by

 茨城県の新東京ゴルフクラブでは2013年8月より、本格的に太陽光発電に取り組みます。その概要は下記の通りです。

設備敷地面積 14,742平方メートル
太陽電池設置面積 6,656.24平方メートル
ジュール設置枚数 5,420枚
設備規模 867.2Kw
年間予想発電量 988,042Kwh
企画協力

株式会社

環境マネジメント研究所

施工会社 岩田地崎建設(株)

 これは社会貢献活動の一環であり、(自然エネルギーの普及・拡大)、(地域活性化や市民の環境啓発活動)を、一部コースの改修・改善を行う事により実現するものです。尚、本工事にかかる資金の調達に付いては、手元資金と銀行借り入れになる、としております。

 何れに致しましても関東エリア、都市近郊のゴルフ場で、太陽光発電を営業継続しながら取り入れるケースは、第1号だと言えます。 既に静岡県の浜名湖CCでは、風力と太陽光発電を取り入れておりますので、広いエリアで捉えるならば、第2号と言う事に成ろうかと思われます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
新東京ゴルフクラブでは書換料減額キャンペーンを1年延長