上武カントリークラブと栃の木カントリークラブの2社は破産手続終結

  • 投稿日:
  • by

 群馬県の上武カントリークラブを経営しておりました上信レジャー開発(株)は、2012年1月27日に東京地裁より、破産手続き開始決定を受けておりましたが、2013年3月19日に同地裁より終結決定を受けておりました。

 又、姉妹コースである栃の木カントリークラブを経営しておりました東日本興産(株)は、同様に2012年1月27日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けたのですが、同年11月26日には同地裁より破産手続き終結決定を受けていました。

 両法人とも代表取締役は田湯慎二氏であり、破産管財人は宮川勝之弁護士が担当しておりました。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
上武カントリークラブは新体制へ移行