昇仙峡カントリークラブのスポンサー選定作業開始

  • 投稿日:
  • by

 山梨県の昇仙峡カントリークラブは、スポンサー選定作業を開始致しました。

 2012年5月28日に東京地裁より民事再生手続開始決定を受けた、昇仙峡カントリークラブを経営する(株)昇仙峡カントリークラブは、その翌日である2012年5月29日に、大手ゴルフ場経営会社或いはM&A事業会社などへ、スポンサー候補選定へ向けた入札へ参加する様、案内文を送付したとの事です。

 尚、案内文送付企業以外からの参加も歓迎する様です。これは広くスポンサー企業を募る事により、再生会社は債権者へより多くを、弁済したいと言う目論見からです。

 第一段階として意向表明とCAを交わし、第2段階としてDD(デューデリジェンス)実施とマネジメントインタビューを経て、7月3日が提案書の締め切りとしております。通常DDだけでも1ヶ月?2ヶ月間の期間を設けている様ですが、この度のスケジュールは少しせわしない様にも思われます。

 あくまでも噂に過ぎないのですが、某有名企業は参加しないといわれておりますし、今後の動向が気に成るところです。ゴルフ場では連日、会員からの問合せに忙殺されております。朝から夕方まで、受話器を置く間が無い状態との事です。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
昇仙峡カントリークラブは5月18日に民事再生法の適用を申請