アコーディア・ゴルフの竹生氏は代表権と社長職を自主返上

  • 投稿日:
  • by

 (株)アコーディア・ゴルフの竹生道巨氏は、2012年5月21日に代表権及び社長執行役員職を、自主返上しました。これは一連のスキャンダルに対する (けじめ) と言えます。又、同日開催された取締役会において、後任として鎌田隆介氏が選出されました。

 鎌田氏は1947年12月22日生まれの64歳、学習院大学法学部を卒業後日東興業(株)に入社し、2011年には(株)アコーディア・ゴルフの代表取締役副社長執行役員に就任しておりました。更に同日の取締役会において、6月開催予定の第33回定時株主総会へ向けた、取締役候補者を選出しました。取締役候補者は下記の通りです。

代表取締役 鎌田 隆介
取締役 鈴木 隆文
取締役 新任 新野 孝
取締役 新任 服部 文雄
社外取締役 澤田 勲
社外取締役 新任 片山 典之
社外取締役 新任 大西 又裕
社外取締役 新任 須藤 修

 尚、竹生道巨ならびに秋本一郎の両氏は、退任予定取締役となっております。取締役会は最後に、一連の騒動の発端となった秋本氏に対して、(株)平和及びPGMホールディングス(株)のシンパとして厳しく断罪しております。

 この度の指名委員会を経由した取締役候補者に対して、(株)アコーディア・ゴルフの大株主である(株)オリンピアは、自らが相応しいとした取締役候補者を株主提案として、8名ほど選出しております。6月の株主総会へ向けた両勢力の、水面下でのつばぜり合いは、益々激しさを増すものと思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
アコーディア・ゴルフに於けるスキャンダルが発覚!