横浜カントリークラブでは2013年1月より名義書換料などを改定予定

  • 投稿日:
  • by

 神奈川県の横浜カントリークラブでは、2013年1月より会員権の名義書換料及び入会預託金の内容を、改定するとの事です。これは近年行われた同クラブによるコース改造など一連の設備投資に対して、受益者負担の観点から新規入会者への、負担増を求めるものです。又、会員権の名義書換料に対しても、入会金との呼称へ変更するとの事です。料金の変更内容は、下記の通りです。

  • 入会金
    150.0万円(税別)⇒400.0万円(税別) 正会員
    75.00万円(税別)⇒200.0万円(税別) 平日会員
  • 入会預託金
    800万円⇒600万円 正会員
    400万円⇒300万円 平日会員

 新と旧を比較した場合、改定後は新規入会者の負担が、増える事に成ります。この改定による会員権市場への影響は、現時点では計り知れません。又、クラブの(受益者負担)と言う表現に対しては、若干ひっかかるものが有ります。しかしながら約10ヶ月にも及ぶ、前倒しでのクラブ側告知に関しては評価出来ます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
横浜カントリークラブは2010年に開場50周年記念事業を計画