麻生カントリークラブは名義書換料減額キャンペーンを継続

  • 投稿日:
  • by

 茨城県の麻生カントリークラブでは、2012年1月14日の理事会において、名義書換料の減額キャンペーンを継続する事を決議致しました。これは2011年に展開したキャンペーンが大変好評の為に、多くの会員より継続する事の要望があり、それを委員会が吸い上げ、理事会へ提起する事により実現したものです。

 正規料金は、正会員が税別50万円、平日会員が税別25万円なのですが、各々税別20万円と税別15万円へとなり、正会員30万円、平日会員10万円が減額されます。減額適応期間は2012年12月末までとなっております。

 当コースは、今秋にLPGAの第3次予選会の会場として、予定されております。LPGA側からのたってのリクエストにより、会場設定がなされたようですが、女子プロによるコース評価の高さが、背景に有った様です。一般の方の観戦は出来ない様ですが、麻生カントリークラブ会員には若干の特権が有るようです。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
麻生カントリークラブは2011年1月より名義書換料を減額し受付