笠間桜カントリー倶楽部では9月に営業妨害を受ける

  • 投稿日:
  • by

 茨城県の笠間桜カントリー倶楽部は、ゴルフ場グリーンとその設備に、被害を受けており発覚したのは、2011年9月25日早朝でした。

 東コースと中コースの電磁誘導カート誘導線が2ヶ所切断されており、又東コースの1番、3番、7番、8番ホールのグリーンと、中コース1番、5番のグリーン、合計7ヶ所に除草剤が散布されておりました。芝は枯れた状態との事ですから、数日前に散布されたものと思われます。

 事件は突発的なものではなく、継続して犯行に及んでいる様ですが、ゴルフ場では既に所轄の笠間警察署へ、被害届を提出済みとの事です。

 犯人探しは今後笠間警察署により、行われて行く事と思われますが、問題はゴルフ場に公道が走っている事であり、より有効な防犯対策が有りえるのかが問われていると共に、その困難さが浮き彫りにされています。

当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
笠間桜カントリー倶楽部