嵐山カントリークラブは9月に増資し経営基盤強化

  • 投稿日:
  • by

 埼玉県の嵐山カントリークラブは、2011年9月6日に資本増強致しました。発行済み株式総数は、11,550株と成りました。

 この度の内容は株主割当の増資であり、金額は52,920,000円です。その内25,725,000円を資本金へ組み込み、結果として資本金は35,725,000円と成りました。残る部分に付いては、資本準備金です。

 当該ゴルフ場経営会社の中期的経営計画の中で、この度の増資は大きく経営基盤の強化への役割を果たした、と捉えている様です。当該ゴルフ場の会員権は、長らく低迷しております。様々な要因を挙げる事は出来るのでしょうが、相場だけからではゴルフ場の全体像が観えて来ない事を、この度の増資は教えてくれています。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
嵐山カントリークラブでは推薦保証人の要件緩和される