小田原城カントリー倶楽部の更生計画案が明らかに

  • 投稿日:
  • by

 神奈川県の小田原城カントリー倶楽部を経営しております、(株)小田原城カントリー倶楽部の更生計画案が、明らかに成りました。内容は下記の通りです。

  1. 現資本金を100%消却し、新たに1,400株7,000万円を文芸社へ割り当てる。
  2. 継続会員へは、預託金の1,25%を新預託金とする。
  3. 退会会員へは、預託金の1%を一括弁済する。
  4. 退会届提出済、或いは除名処分を受けるも、預託金の返還を受けていない会員は、継続、退会の選択肢有り。
  5. 退会届提出済にて、既に一部返還を受けた会員は、残りの債権額1%を一括弁済する。
  6. 7月25日に書面投票にて計画案を決議。

 2011年1月下旬より4月中旬まで、コースをクローズして、痛んだクラブハウスとコースの改修を、行ったとの事です。しかしながら芝の状態は非常に悪く、これまで如何に野放図にしてきたか、否メンテナンスにかける費用が無かったかを物語っております。

 芝は6月現在、活性期に入っておりますが、とりあえず化成肥料の施用で急場をしのぐ案も有りますが、土壌から根本的に変革していく事も、長期的視野にたった場合、必要なのではと思われます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
小田原城カントリー倶楽部ノスポンサーは(株)文芸社を選定