郡山ゴルフ倶楽部の再生計画案が明らかに!

  • 投稿日:
  • by

 福島県の郡山ゴルフ倶楽部を経営する(株)山田の再生計画案が、2011年1月下旬に明らかになりました。スポンサーには高瀬物産(株)の100%子会社である郡山観光(株)が選定され、ゴルフ場事業譲渡に関する基本合意に達したとの事です。再生計画案の骨子は、下記の通りです。

  1. 郡山観光(株)が2億6千万円を拠出し、(株)山田はゴルフ場事業を譲渡する。
  2. (株)山田は、ゴルフ場事業譲渡代金および残余資産を換価し、弁済原資とする。その後に解散する。
  3. 第一回弁済は、債権額の12%とする。
  4. 再生計画認可決定確定後1ヶ月以内に退会届を提出しなかった会員を継続会員とする。
  5. 継続会員へ追加金の徴収はしない。
  6. 再生債権総額は1056名12億8,703万円程。
  7. 債権者集会は3月7日。

 尚、高瀬物産グループとしては1.栃木県の風月カントリー倶楽部、2.茨城県のロックヒルゴルフクラブ、3.新潟県の中条ゴルフ倶楽部、4.同じく新潟県の新潟フォレストカントリー倶楽部の4コースを経営しており、この度の郡山ゴルフ倶楽部にて5コース目となりました。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
郡山ゴルフ倶楽部は2010年10月15日に民事再生法の適用を申請