ゴルフクラブシャフトメーカーであるマミヤ・オーピーがキャスコを買収

  • 投稿日:
  • by

 東証二部上場のマミヤ・オーピー(株)は、2010年10月20日の取締役会にて、キャスコ(株)を買収する事を決議致しました。また同日株式譲渡契約を締結し、11月30日を株券引渡期日としております。

 10月20日現在に於けるキャスコ(株)の大株主は、1.ネクスト・キャピタル・パートナーズ投資事業有限責任組合が68.4%、2.Pacific Chiyoda L.Pが22.8%と言う内容であり、25,068,395株91.2%に該当します。マミヤ・オーピー(株)は21億円にて取得するものです。

 マミヤ・オーピー(株)は、ゴルフ業界にてクラブシャフトメーカーとして有名であり、ATTASシリーズのシャフトは大変好評の様です。同社は俗に熊取谷氏率いるゼネラルコーストグループと言われておりますが、グループは山梨県のオリムピックカントリークラブ等のゴルフ場も経営しております。

 因みにマミヤ・オーピー(株)の大株主は(株)データ・アートであり、2010年3月現在57.8%を所有しております。ゼネラルコーストグループの活躍は、目覚しいものが有ります。反面、ゴルフ会員権市場での不透明感は否めず、システムの悪さを露呈しているのが現状です。とはいえ益々同グループの動向には、目が離せません。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ゼネラルコーストグループが国税当局より申告漏れを指摘さる