ケントスゴルフクラブは27ホールから18ホールへ

  • 投稿日:
  • by

 栃木県のケントスゴルフクラブは、2009年より18ホールにて運営してきております。従来は27ホールでしたが、9ホールを分離して多目的に活用する事で、ゴルフ場の活性化へ役立っているとの事です。

 分離した9ホールの1番ホールはドライビングレンジ、2番3番は貸切ホール、4番はバンカー、アプローチ、パッティング練習場、5番から9番にかけては、まわり放題の練習ホールとして活用しているとの事です。

 ゴルフ場は広大な用地を有しており、活用次第では様々な方策が考えられる好事例と言えます。ゴルフ場も又、生き残りをかけて英知が求められております。旧態依然とした考え方に固執していては、前進しないのだと言われている様です。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
宇都宮のケントスゴルフクラブは来春リニューアルオープン