中国のゴルフ会員権販売業者が詐欺容疑で11人逮捕

  • 投稿日:
  • by

 新日本総販(株)の岡田浩之社長と元社員等関係者11人が 、2010年2月12日に警視庁生活経済課より、詐欺容疑にて逮捕されました。

 全国の約280人から、約7億4,000万円をだまし取った容疑です。

 中国の大連に有る大連長興島GCの会員権に付いてですが、(3ヶ月から半年で必ず高値で売れる)等との謳い文句で、販売した容疑です。社長本人は否認、関係者3人は容疑を認めているとの事です。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
会員権販売業者が警視庁の家宅捜索を受ける