廣済堂は子会社のゴルフ場2コースを10月に売却

  • 投稿日:
  • by

 東証一部上場の(株)廣済堂は、2009年10月に100%子会社の(株)廣済堂札幌カントリー倶楽部の株式を、合同会社ケイ・アンド・ケイ(東京都港区西新橋2-22-2)へ約7億円にて譲渡致しました。

 (株)廣済堂札幌カントリー倶楽部は、廣済堂札幌カントリー倶楽部と廣済堂トムソンカントリー倶楽部の2コースを、経営しておりました。

 今回の売却の結果、(株)廣済堂のゴルフ場は、国内4コースと海外4コースの、合計8コースとなりました。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
廣済堂グループは海外のゴルフ場より完全撤退方針