藤代ゴルフ倶楽部の再生計画案骨子について

  • 投稿日:
  • by

 茨城県の藤代ゴルフ倶楽部を経営する弘済事業株式会社の再生計画案骨子が明らかになりました。

  1. ゴルフ場事業については、(株)アコーディア・ゴルフへ譲渡。
  2. ビル事業は弘済会へ譲渡。
  3. 弁済率は18・44%の予定。
  4. 弘済事業(株)は清算。

 今後のスケジュールと致しましては、

  1. 2009年8月13日頃に再生手続開始決定予定
  2. 同年11月6日頃までに再生計画案を提出予定
  3. 2010年1月中旬に債権者集会予定
  4. 2010年4月頃に配当実施予定

 尚、アコーディアへのゴルフ場譲渡代金は、約13億円と言われております。この度の法的整理の引き金になったのは、事業会社の親とも言える財団法人鉄道弘済会よりの融資拒否であった点は否めませんが、何よりも鉄道弘済会自身が2008年12月の特殊法人改革法の施行により身動きが取れなくなっていた事が、最大の誘発要因で有ったと言えます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
藤代ゴルフ倶楽部は7月30日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請