PGAによる女性受け入れ基準は5月に公表

  • 投稿日:
  • by

PGAロゴ.pngのサムネイル画像 公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、2019年3月22日横浜の会場にて平成31年度定時社員総会を開催し、かねてより懸案と成っていた女性会員の件に付いて、受け入れて行く方針を報告したとの事です。

 そしてこの件に関する会員からの異論は全くでなかった事を、その後の記者会見でPGAは明らかにしました。この一連の手続き手順を経て、今後PGAは女性からの応募が有った場合、必然的に受け入れて行く事になります。

 これまでPGAの定款上は女性を退ける文言は無かったものの、現実的には会員募集対象を男性に限定し行って来ました。しかしながら今後は、男女共に受け入れて行く募集要項を開示する事になります。この件に関し倉本会長は、「公益社団と言う組織の性格から当然の事」と発言しております。

 具体的な受け入れ基準に付いては、PGAの資格認証委員会が中心になり作成されて行く事になりますが、その内容は本年5月の定例理事会で明らかにされる予定です。それを待たずして女性からの応募が有った場合、現在の男性基準で審査を行う事になるとしております。

 この度のPGAによる女性会員に関する方針転換は、当然ながら一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(以下LPGA)側と、競合する内容を含んでいるとも言えます。PGA曰く、現在のLPGA会員へアプローチする事は有り得ないとしておりますが、それは当然の事としても、今後手を上げて来る新人女性がどちらに魅力を感じるのかは、今しばらく成り行きを見守る必要が有る様に思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGAでは3月の総会後に女性会員受け入れへ

石坂GC_tact.jpgのサムネイル画像 埼玉県の石坂ゴルフ倶楽部では会員権の名義書換に当たり、譲渡者である名義人の印鑑証明書に付いて、その有効期限を従来の3ヶ月から半年へ改定しました。適用開始は2019年4月1日からと成りますが、入会者関連の書類に付いては、従来通り3ヶ月として変更は有りません。

 入退会者の印鑑証明書に付いて、同倶楽部ではその有効期限などを、会則や規則に明記されておりません。この事から同ゴルフ場の経営会社は、この改定について理事会の判断を求める必要は無いとの理解から、独自に進めたものです。

 この度の改定に当たり経営会社の基本的な考え方は、「如何に会員権の流通性を良くしていくか」と言うものです。此処には会員やゴルフ場更に取り扱い業者3方が、WIN、WIN、WINの関係を構築出来なければゴルフ業界の発展は無い、との思いが根底に流れていると言えます。

 印鑑証明書の有効期限を半年或いはそれ以上としている関東エリアのクラブは、2019年3月25日現在73クラブと1共通会員権です。去年は新たに7クラブが有効期限を半年かそれ以上へ舵を切る事になったのですが、今年も同様に多くのクラブがゴルフ業界発展の為、より良い選択をする方向なのでは無いかと推測されます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
石坂ゴルフ倶楽部
石坂ゴルフ倶楽部の女性会員
石坂GCは鳩山スポーツランドから石坂ゴルフ倶楽部へ商号変更

        守る会嘆願書提出.jpg
           < 経産省へ嘆願書を提出する「守る会」有志

 2019年3月20日「ゴルフスタジアムの被害者を守る会」の横田代表と有志一同は、全国から集められた11,941通の「嘆願書」を、経済産業省の担当者へ提出する事が出来ました。「嘆願書」は経産省の世耕弘成大臣宛へのもので、信販会社やリース会社に対する監視監督の強化と、法改正を訴える内容です。

「嘆願書」提出前には約一時間に渡り、2名の経産省担当者が「守る会」からヒアリングを受けるなどし、事件に関する前向きな姿勢を感じさせるものでした。しかしながら個人事業主が営業目的で結んだ契約に付いては、割賦販売法の救済対象外との原則論を崩す事無く、当該事案の係争は裁判所の判断に委ねられるとしたのです。

 このヒアリングの過程にて担当者は、当該事件に付いて認識しており、クレジット協会へは情報確認等をしているとしたのですが、これは「守る会」の地道な活動が功を奏している事の表れであり、当該事件が裁判所以外へも影響を与えつつあると言えるものでした。

 クレジット、リース会社に対する監視と規制強化を訴える「守る会」に対し、担当者曰く「あまりがんじがらめにして行くと、今度は貸し渋りの問題が発生して来る」と述べており、個人事業主への融資姿勢をコントロールして行く事の難しさを吐露したのです。

 しかしながら今回の事案は、被害者が当初想定していた目的と「ソフト購入」が意に反したもので、ゴルフスタジアム社によってすり替えられた内容を、言葉巧みに操られた結果なのです。これにクレジット・リース会社が便乗した形になっているのですが、ここには両社による共同謀議や詐欺性は無かったのか問われているのです。

 この事件が経産省の直接的問題では無いのはその通りなのでしょうが、とは言え無視出来ないのが現在の状況であり、現行法の未整備部分が事件の温床になっているのも又事実なのです。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ゴルフスタジアム事件を阿久津幸彦議員が国会で質す

葉山国際CC_tact.jpgのサムネイル画像 神奈川県の葉山国際カンツリー倶楽部では、会員権を重複して所有する事が可能です。これは意識的にその様に所有すると言うよりは、平日会員から正会員へ会員種別を変更するケースなどから、起きている現象だと思われます。

 当該倶楽部では一度退会してしまうと二度と入会が出来なく成る事から、例えば平日会員から正会員へ移行したい様な場合、先ず正会員へ入会してから、平日会員権を手放すのがセオリーと成ります。しかしながら正会員へ入会後、その翌年度から平日会員の年会費の請求が免除になる事から、売却をためらってしまうのだと思われます。

 話は前後してしまいますが、平日会員から正会員へ移行する場合、入会条件である推薦者は不要ですし、コース現地での入会面談も省略されます。通常審査に要する期間も、3週間から1週間ほどへ短縮されますので、スムースに移行する事が可能と思われます。とは言え名義書換料と入会預託金に付いては、通常の正会員通りの支払い内容と成ります。

 当該倶楽部では重複期間に付いても特段制限を設けていない事から、2019年3月現在この様な会員が20名弱存在している様です。この様な方々が、例えば使用していない平日会員権をご家族へ名義書換しようとした場合、通常であれば書換料25万円と消費税にて手続きが可能です。この手続きでは入会預託金の支払いが免除される事から、現名義人が入会預託金を保有しているか否かは、一切不問と成ります。

 葉山国際カンツリー倶楽部に於ける会員による会員権重複保有の一面を追ってみましたが、この様な現象が起こる背景には、様々な利便性が有るのだと言えます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
葉山国際カンツリー倶楽部
葉山国際CCと六甲国際GCは1月より相互利用開始
葉山国際カンツリー倶楽部では名義書換料割引キャンペーンを4月から

    上野金太郎社長20190315.jpg 青木功会長20190315.jpg
        < 上野金太郎社長 >         < 青木功JGTO会長

 2019年3月15日メルセデス・ベンツ日本株式会社(以下MBJ)と一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は、東京六本木のメルセデスミー東京に於いて共同記者会見を開催し、MBJがJGTOのオフィシャルパートナーとして、本年よりツアーをサポートして行く事を明らかにしました。

 MBJとJGTOが共に取り組むのは、トータルポイントランキングです。これまでもこの制度は有ったものの、どちらかと言えば賞金ランキングの陰に隠れてしまっていたとも言えます。しかしこの制度をMBJがサポートして行く事で、年間の最優秀選手は誰が獲得するのか、ゴルフファンからもより注目されて行く事になります。年間1位獲得者にはMBJより、メルセデス・ベンツSクラスと賞金100万円が、贈呈されます。

 過去10年間に賞金王とポイントランキング1位を獲得したのは、2009年石川遼、2012年藤田寛之、2013年松山英樹の3選手のみでした。7年間は両立しなかった訳で、例えば昨年2018年の賞金王は今平周吾でしたが、ポイントランキング1位は池田勇太でした。不公平感が出てしまう賞金王よりも、メルセデス・ベンツ トータルポイントランキングを前面に打ち出す事で、より正しい選手の評価が定着すると共に、各選手のモチベーションも高まる事と思われます。

ポイントが算出されるのは、次の9部門です。
1パーキープ率(パーかそれより良いスコアを獲得する率)
2パーオン率 (パー4での1オン、パー5での2オンを含む)
3バーディ率 (1ラウンド当たりのバーディ獲得率)
4イーグル率 (1イーグルを獲得する為に要するラウンド数)
5ドライビングディスタンス(18ホール中2ホールで計測)
6フェアウエーキープ率  (パー3を除く全てのホールで計測)
7サンドセーブ率(グリーンサイドのバンカーから2打かそれより少なくカップインする率)
8平均パット率 (パーオンしたホールでの平均パット数)
9平均ストローク(1ラウンド当たりの平均ストローク数)

    佐藤信人副会長20190315.jpg 今平周吾20190315.jpg
        < 佐藤信人JGTO理事 >    < 2018年度賞金王・今平周吾プロ

 ポイント算出方法としては各9部門のランキングを合算し、よりポイントの少ない選手が上位に行くシステムです。この会見に登壇したJGTO佐藤理事は、各部門のランキングなどはJGTOのWEBサイトを通じ可視化され、誰でも確認出来る様になると説明すると共に、今後このランキングが選手の実力を示すバロメーターとして、重要視されてくるとしたのです。

 また昨年の賞金王である今平選手は、「賞金王に成れたものの、ポイントランキングは7位だったので、今年は2勝以上する事で賞金王と、メルセデス・ベンツトータルポイントランキング1位の両方を獲得したい」と気合の入ったコメントを発しておりました。

 この度男子ツアーをサポートする事になった背景をMBJの上野社長は、「2012年より女子ツアーのオフィシャルスポンサーとして参入し、手探り状態から経験値を積む事で、自信が持てて来た事で、男子ツアーのスポンサーと成る事を決めた。またベンツ車オーナーの6~7割がゴルフ愛好家である事も、背中を押された要因である」、と述べたのです。

 PGA TOURでは現在FEDEX CUPポイントが重要視されており、獲得賞金額ランキングは殆ど軽視されているのが現状です。JGTO TOURに於いても今後この様な傾向は、強まって来るのでしょうか。

裾野カンツリー倶楽部の本店が京都へ

  • 投稿日:
  • by

裾野CC_tact.jpg 静岡県の裾野カンツリー倶楽部を経営している株式会社裾野カンツリー倶楽部(以下裾野CC社)は、2019年3月1日登記上本店を東京都新宿区西新宿6-24-1より、京都市下京区北小路通油小路東入文覚町369へ移転しました。

 またこの移転と共に同日、代表者が藤原峰之氏に代わり馬場完造氏が、就任しております。更に裾野CC社の株式保有会社である株式会社MISも、同様の手続きを終了しています。

 裾野CC社が移転した京都の住所には、新生興産株式会社と言う法人も登記されており、2017年4月1日栗和田ノリ子氏が代表取締役へ就任しています。裾野CC社の新代表取締役となった馬場氏は、2019年2月4日まで同社の監査役を務めておりました。同社は栗和田家の資産管理会社と、一般的に言われております。

 つまり栗和田家の資産管理会社である新生興産社が、当該ゴルフ場を取得したと言うのが、関係者からの話しであるとかこれら事実関係から、結論づけられるのでは無いかと思われます。具体的には新生興産社が、リソルホールディングス株式会社(以下リソル)よりMIS社の株式を取得した事で、実現したのだとも言えます。

 新生興産社側にとっては初めてのゴルフ場取得と言う事も有り、当面リソルへゴルフ場運営を委託する事になるものと思われますが、既に同倶楽部理事長である株式会社ファンケルの会長・池森賢二氏へは、挨拶を済ませている様です。

 ところで今月に入りリソル側のWEBサイトでは、グループゴルフ場欄より当該ゴルフ場が外れており、運営提携ゴルフ場欄へ移動しておりました。手放したゴルフ場を、何時までも間違った表記で放置しておく訳には、いかない事からだと思われますが、出来れば速やかなニュースリリースでも対応して頂きたかったと思います。

 なお地元の御殿場や裾野地区に於ける多くのゴルフ場関係者の間では、当該ゴルフ場の経営交代に付いて、情報の程度差はあれど認識済みであり、今や常識に成りつつあります。この手の情報が、拡散するのは早いものです。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
裾野カンツリー倶楽部
裾野カンツリー倶楽部を6月30日リゾートソリューション(株)が取得

TACT-CHARA_420180717.jpgのサムネイル画像 パシフィックゴルフマネージメント株式会社(以下PGM)は、徳島県の『レオマ高原ゴルフ倶楽部』を譲渡するとして、2019年3月13日広報を通じて明らかにしました。購入するのは同じく徳島県で、産業廃棄物処分業を営む株式会社明和クリーン(代表取締役:楠本隆文)ですが、株式譲渡日は2019年5月31日を予定しております。

 PGMグループによれば今回の譲渡締結は、明和クリーン側からの積極的アプローチで実現したものとしております。同ゴルフ場は冬期に降雪の関係から、クローズにしなければ成らない年があるものの、概ね経営は黒字を維持しており、特段PGMグループとして売却しなければならない要因は無かった様です。

 この度のゴルフ場譲渡は、M&Aの手法をもって行われます。当該ゴルフ場を保有するPGMの連結子会社であるPGMプロパティーズ株式会社は、新設分割により山城ゴルフ株式会社を設立すると共に同ゴルフ場を継承させ、その新設会社の全株式を明和クリーンへ譲渡する手順で行われます。

 同ゴルフ場は会員制であり、当然会員も存在しますし会員権も有ります。正会員権の名義書換料は、20万円プラス消費税です。この様な会員制組織のゴルフ場を取得する明和クリーンは、今後本格的にゴルフ場経営へ参入して行くのでしょうか。PGMグループによれば今後も同ゴルフ場の運営は、同グループによって行われて行くとの事です。

 なおレオマ高原ゴルフ倶楽部の概要は、下記の通りです。
・所在地:徳島県三好市山城町大和川652
・連絡先:TEL 0883-86-2900 / FAX 0883-86-3188
・コース:18ホール_6,617ヤード_パー72
・設計者:大西宰士郎
・開場日:1993年10月17日

葛城ゴルフ倶楽部の入会手順とは

  • 投稿日:
  • by

葛城GC_tact.jpg 静岡県の名門倶楽部である葛城ゴルフ倶楽部の会員権は大変人気が有り、同倶楽部では2012年より昨年の2018年まで7年連続で退会会員の補充募集をおこなって来ておりますが、募集開始と共に短期間で終了してしまいます。

 募集期間は例年夏から同年11月末までの5ヶ月間で、この期間は既存会員権の名義書換が停止になります。この募集が終了すると共に、一般市場での売買が活発になるのですが、売買価格が額面割れする事はまず有り得ません。なぜならば経営会社である東証一部上場のヤマハ株式会社が、預託金額面を保証しているからです。

 入会条件は至ってシンプルであり、入会希望者は身元保証人として会員2名を、手当て出来る事です。身元保証人の資格は、正会員及び平日会員の種別を問う事無く会員であれば問題無く、尚且つその会員の在籍年数も不問なのですが、2名の印鑑証明書を添付する事は義務づけられております。

 ではこの様な条件が整い、同倶楽部会員権を市中より手当て出来た場合、入会希望者は次にどの様な手続きを行って行けば良いのでしょうか。一般的な手順は下記の通りですが、ケースによっては入会申請者への面接を、コース現地にて行う事も有る様です。

1、先ず会員権證券を除いた書類一式、退会者と入会者の書類全てを倶楽部へ提出。
矢印No.3.jpgのサムネイル画像
2、入会者情報を2週間ゴルフ場内で掲示、通算45日間をかけ入会審査有り。
矢印No.3.jpgのサムネイル画像
3
、入会承認後、倶楽部より名義書換料の請求、及び證券の提出を求められる。
矢印No.3.jpgのサムネイル画像
4、入会申請者が倶楽部へ證券提出と共に名義書換料支払い後、会員としてラウンド可。
矢印No.3.jpgのサムネイル画像
5、裏書きされた証券は、名義書換料支払い後、約1ヶ月で指定場所へ届く。

 ところで最初の段階で證券のみを、倶楽部へ提出しないのには訳が有ります。倶楽部では入会審査を経て、入会申請者に対し入会申請を拒絶するケースもある事から、証券は入会承認された後、入会申請者が譲受人欄へ記名押印して提出して欲しいとしております。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
葛城ゴルフ倶楽部
2018年葛城ゴルフ倶楽部の会員募集は順調に推移

TACT-CHARA_420180717.jpgのサムネイル画像 千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブでは、女性の入会に付いて制限を設けております。その制限とは女性の会員数が、限定されている事です。これは定数が定まっていると言う事では無く、現会員数以上無制限に女性を受け入れない制限です。

 例えば女性会員の会員権が男性へ譲渡され男性権となった場合、女性会員数が1名減少した事になります。減る事はあっても増える事のないのが当該会員権ですが、クラブによれば1970年代中頃より導入された制度との事です。

 それでは2019年3月時点で、同クラブに在籍している全女性会員数は何名かと問うた場合、同クラブによれば約200名との事です。新規に女性が同クラブへ入会を希望する場合、この約200名の方の中から会員権を取得する必要が有ります。

 しかし一口に女性名義と言っても会員種別は、多岐に渡っております。同クラブには袖ヶ浦コースと新袖コースを共に利用出来る共通正会員権、及び共通平日会員権が有ります。更に袖ヶ浦コース単独の正会員権及び平日会員権、新袖コース単独の正会員権と平日会員権が有りますので、これらを総合すると6種類の会員権がある事になります。

 また女性名義と言えども、一代限定のものも存在します。それは相続継承手続きににより、男性名義から一時的に女性名義になっている会員権で、これは将来男性名義として扱われる事から、女性が取得しても名義書換が出来ません。この若干名在籍している会員数は、上記数字にはカウントされておりません。

 会員権を取得するには一般的に会員権業者へ依頼する事になりますが、入会希望者は自らどの様な利用をしたいのか、良く精査し発注する必要が有ると言えます。会員権価格は以前ほどでは無いものの、やはり女性会員権は男性権に比べ割高になっているのが現状です。なお同クラブによれば女性会員の三割ほどが、会員家族で構成されているとの事です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
袖ヶ浦カンツリークラブ
袖ヶ浦カンツリークラブの登録家族優待制度

TACT-CHARA_420180717.jpgのサムネイル画像 グローバルゴルフメディアグループ株式会社(以下GGMG)は、2019年の今年『ネクストヒロインゴルフツアー』全10試合を新規に開催します。第1戦は5月24日に山梨県の富士レイクサイドカントリー倶楽部で行われますが、この模様はGGMGの動画アプリ『GOLF Net TV』で視聴する事が出来ます。

 1試合の賞金総額は10試合中8試合が100万円、オールスター戦が300万円、チャンピオンズカップが1,000万円となっております。一日勝負の短期決選ですが、出場選手数は1試合30名と限定されております。そしてこの選手選出方法に、このトーナメントの大きな特色の一つが有ります。

 この30名の内10名が、ファン投票で選出されると言うのです。さらにファンが特定の選手や主催者へ、活動資金であったり大会運営資金を、提供出来るようなシステムを構築して行くとしております。これまでのトーナメントでは、ファンは試合のチケットを購入し、観戦するのみと言うスタイルが一般的でした。

 これを大きく変えようと言う試みが、このトーナメントだと言えます。詳細については現時点で未定の部分が多分に有る様ですが、既存のトーナメント体制へ刺激を与え、そして活性化して行けるのか、GGMGの模索と戦いは注目に与えするものと言えます。ちなみに出場資格は、下記の通りです。

  • レギュラーツアーでの活躍を目指している事
  • 2019年12月31日時点で満25歳以下の女子(出生時)
  • アマチュア資格を持たない事
  • JGA/USGA HDCP Index5.0以下程度の実力を有する者を推奨