米山プロ優勝20170820.jpg 2017年8月18日~20日までの3日間、静岡県の裾野カンツリー倶楽部を舞台にして『第17回ファンケルクラシック』2017が開催され、優勝したのはシニア3年目の米山剛選手でした。米山選手はシニアツアー参戦後度々優勝争いに顔を出すものの、今一歩のところで優勝をつかむ事が出来ませんでした。自身レギュラーツアーで優勝したのが18年ほど前の事であり、優勝の味も忘れてしまっていた様です。

 最終日7アンダーの加瀬秀樹選手が単独トップでスタートして行く中、試合はバックナインに入り一時7アンダーで5選手が、首位タイとなる混戦状態でした。この状態は18ホールの試合終了時点まで引きずり、最終的に真板潔、清水洋一、S コンラン、米山剛、キム ジョンドク(金鍾徳)の5選手が7アンダーであがり、プレーオフへ突入する事になったのです。

米山プロ優勝20170820-2.jpg プレーオフ1ホール目で真板選手が2打目でOBを打ち脱落したのですが、2ホール目は4選手共にバーディを奪い3ホール目へ突入して行きました。特にこの2ホール目で米山選手は、他の3選手が簡単なバーディパットを残したのに対して、7メートルの下りパットを残しました。多くのギャラリーがここで同選手が脱落する事を予想していたと思われますが、同選手は何とこのバーディパットをねじ込み、次のホールへ望みを託す事が出来たのです。

 首の皮一枚つながった同選手は3ホール目、その2打目でピンそば30センチと言うスーパーショットを放ったのです。他の3選手が如何にバーディを取ろうとも、立ち入るスキを与えなかったのです。これで3ホールに及ぶプレーオフに決着がつきました。

 このショットを述懐した同選手によれば、距離234ヤード若干アゲンストと言う中、打ち下ろしを判断して4番のユーティリティでドローをかけて打ったとの事ですが、このスーパーショットを呼び込んだのは、取りも直さず開き直って打てた2ホール目の、バーディパットに有ったと分析しております。

 今大会は5選手がプレーオフへ突入して行くと言うシニア史上初の出来事が起りましたが、米山選手による劇的な優勝を予感させたのか、初日と2日目は天候に恵まれなかったものの、最終日は暑さが和らぎ8,028名が観戦し、その合計ギャラリー数は22,666名となりました。大会2番目の記録となりました。

 なお今年ドラコンホールは1番ホールに設けられ、見事1位に輝いたのは306ヤードを飛ばした川岸良兼選手でした。なお2位は302ヤードで柳沢伸祐、3位は290ヤードでフランキー ミノザの各選手でした。

 PGA of America(全米プロゴルフ協会)とPGA TOURは2017年8月8日に共同で、『全米プロゴルフ選手権』(以下全米プロ)の開催日程が、2019年より変更になる事を明らかにしました。同協会CEOのピート ベバクア氏は、日程変更の件に付いて2013年より検討しており、変更に至った大きな要因はオリンピック開催日程が大きい、との主旨発言をしております。

 昨年112年ぶりにゴルフ競技が、オリンピックで取り入れられ開催されたのは8月でした。この事から全米プロは異例とも言える7月開催となったのですが、同試合の歴史を振り返った場合、1969年より毎年8月に開催されており、メジャートーナメントの最終戦と位置付けられて来たのです。

 日程変更の件は当初PGA TOUR側からの提案だったとベバクア氏は述べておりますが、PGA TOUR委員のジェイ モナハン氏は「我々は2019年に始まるプロゴルフのカレンダーを大幅に向上させる、この2つの重要な変更を発表する事に興奮している」とコメントしております。

 また準メジャーと言われるThe players Championship(ザ プレーヤーズ選手権)は、1977年から2006年まで毎年3月に開催されて来ており、その後2007年より5月開催として今日に至っておりますが、当該トーナメントの日程も変更となり2019年より3月開催となります。この様な結果として、開催日程は下記の通りとなります。

2019年3月 ザ プレーヤーズ選手権
2019年4月 マスターズ トーナメント
2019年5月 全米プロゴルフ選手権
2019年6月 全米オープン
2019年7月 全英オープン
2019年8月 フェディックスカップ プレーオフ

 4年に一度開催されるオリンピックの開催時期の関係から、玉突きの如く日程変更に至った全米プロとザ プレーヤーズ選手権ですが、一説には9月上旬から始まる絶大な人気を誇る、全米フットボールリーグの影響も大きいのではと言われております。いずれにしても常にスポーツの市場動向をにらみ、機動的に対応しているアメリカゴルフ関係者の姿勢は、見習うべきものが多い様に思われます。

ブリック&ウッドクラブの年会費

  • 投稿日:
  • by

ブリック&ウッドクラブ.jpg 千葉県のブリック&ウッドクラブは、株主会員自らが経営及び運営しているゴルフ場です。自主運営して行く為には財源となる収入が無ければ成り立たない訳ですが、通常のゴルフ場であれば1.会員及びビジターを合わせた来場者収入 2.会員からの年会費収入 3.名義書換料収入と言う3本柱が考えられます。

 当該クラブでは上記3点以外にミニマムユースと言う独自の制度を設け、会員への利用負担を義務付けております。この点が株主会員制で自主運営している他クラブとの大きな相違になるのですが、この内容は当過去帖で既に記述している事から、今回は年会費について取り上げてみたいと思います。

  年会費(消費税込み)_2017年8月現在
普通会員 Aコース 149,000円
Bコース 75,000円
Cコース 49,000円
  年会費(消費税込み)_2017年8月現在
優先会員 Aコース 198,000円
Bコース 99,000円
Cコース 65,000円

 首都圏の一般的会員制ゴルフ場に於いては、3万円から6万円程度が主流である事を見た場合、当該ゴルフ場の年会費は突出している様にも見えます。では預託金制か或いは株主制かは別にして、10万円以上の年会費を徴収しているゴルフ場には、どの様なクラブがあるのでしょうか。以下が足早にピックアップしたクラブです。

   年会費(消費税別)_2017年8月現在
東京都 小金井カントリー倶楽部 300,000円
千葉県 我孫子ゴルフ倶楽部 180,000円
麻倉ゴルフ倶楽部 120,000円
鷹之台カンツリー倶楽部 180,000円
GC 成田ハイツリー 171,600円
茨城県 千代田カントリークラブ 100,000円
イーグルポイントGC 900,000円
龍ヶ崎カントリー倶楽部 100,000円
埼玉県 武蔵カントリークラブ 150,000円
嵐山カントリークラブ 143,334円
神奈川 戸塚カントリー倶楽部 100,000円
相模原ゴルフクラブ 120,000円
箱根カントリー倶楽部 120,000円
レイクウッドGC 100,000円

 この様に見て来ると年会費が高いのは、いわゆる名門と言われるクラブに集中している事がわかります。ビジターの来場を制限し会員を重視したクラブ運営では、来場者収入には限界があり、会員負担への依存度を高めなければならないのだと言えます。

 この基本的な姿勢が、ブリック&ウッドクラブに於いても貫かれており、クラブ運営が成り立っています。年会費収入はクラブの重要な財源であり、会員の協力は必要不可欠なのです。この様な事から当該クラブへ入会すると言う事は、ホームコースとして利用する事でもあり、年間のラウンド回数がわずかと言う利用状況では費用対効果が薄れ、会員満足度も低くなってしまうものと思われます。

 古い名門コースと似た側面を持ちつつも、<新しい生き方を追求>しているブリック&ウッドクラブですが、ゴルフプレーヤーにとってそのエッセンスに触れる事は、また新たなゴルフライフへ導かれる事でもあります。是非、新境地への扉を開けてみて下さい。

前回の関連記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ブリック&ウッドクラブのミニマムユースとは

 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は、2017年8月7日『SMBCシンガポールオープン』2018の概要を明らかにしました。2016年よりJGTOとアジアンツアーの共催として始まった同オープンですが、3年契約の関係から来年2018年が最終年となります。

 当然ながら同オープンはJGTOツアーの一環であり、選手の獲得賞金もランキングに加算されて行きます。JGTO側の参加選手枠は60名ですが、この選出方法は一般ツアーと同様に、賞金ランキング上位60名と言う事になります。欠場者が出た場合の補充は、下位選手へと資格が下りて行きます。

 同オープンは1月開催ですので、JGTOツアー国内戦のみを戦場にしている選手感覚からすると、この時期はオフシーズンとも言えるもので、JGTOランキング上位者の欠場が多く出ます。この現象は下位選手にとっては、ある意味またと無い絶好のチャンスとも言え、是非この様な機会をとらえて活躍して欲しいものです。

同オープンの概要は、下記の通りです。

名称 SMBCシンガポールオープン
開催日程 2018年1月18日~21日
開催会場 セントーサGC セラポンコース
出場人数 156名(JGTO枠60名)
賞金総額 USD1,000,000(約1億円)予定

 2017年8月10日~13日まで熱い戦いが展開された『第99回全米プロゴルフ選手権』、<松山英樹選手の優勝が見られるかも>と日本中のゴルフファンをテレビへ釘付けにしたその興奮も冷めやらぬ中、同選手(25=LEXUS)のおめでたいニュースが飛び込んで来ました。

 内容は同選手が2017年1月に結婚し、7月には第一子が誕生したと言うものです。このニュースは日本時間8月14日(月)、同選手のマネジメント会社が、報道各社へFAXを通じて発表し明らかになりました。発表内容は下記点線内の通りですが、当過去帖では直接マネジメント会社へ連絡を取り確認したものです。


 私事で大変恐縮ではございますが、かねてから交際しておりました一般女性と今年1月に入籍をいたしました。また、7月には第一子が無事誕生いたしました事を報告させていただきます。妻は一般女性であり、出産前後の母子のプライバシー、および安全を考慮いたしまして、このタイミングでのご報告となりました事をご理解いただければ幸いです。

 結婚し、子供が生まれての世界ゴルフ選手権ブリヂストン招待での優勝は一際嬉しかったです。まだまだ未熟な私たちですが、力を合わせ、目標を達成するために努力してまいります。

 今後とも皆様のご支援、ご声援を賜りますよう何とぞよろしくお願い申し上げます。


 アメリカ・ノースカロラナ州シャーロットにあるクウェイルホロークラブ(7,600ヤード_パー71)に於いて、8月10日~13日までの4日間開催されたメジャー最終戦の『全米プロゴルフ選手権』2017は、ジャステイン トーマス選手の優勝で幕を閉じました。日本人悲願のメジャー優勝は、またしてもお預けとなってしまいましたが、松山選手の善戦は日本のゴルフファンをひきつけて止まないものでした。

 最終日のバックナインに入り一時は7アンダーで首位に5人が並ぶ混戦状態でしたが、ジャスティン選手は17番のパー3ホールにおいて、池側に立つピンを果敢に攻めバーディを奪取し、この混戦状態にとどめをさしたのです。最終組の一組前でプレーしていた同選手は、現地時間13日18時48分(日本時間14日7時48分)8アンダーで先にホールアウトしていたのですが、最終組のK キスナー選手が18番ホール2打目を打った時点で優勝が確定しました。

 舞台となったクウェイルホロークラブは、どの様なコースだったのでしょうか。簡単な概略は、下記の通りです。

距離 パー 距離 パー
1 524 4 10 592 5
2 452 4 11 462 4
3 483 4 12 456 4
4 184 3 13 208 3
5 449 4 14 344 4
6 249 3 15 577 5
7 546 5 16 506 4
8 346 4 17 223 3
9 505 4 18 494 4
3,738 35 3,862 36

 松山選手は予選初日を無難に1アンダーでまとめたのですが、2日目は先週優勝した『WGCブリヂストン招待』の最終日を彷彿とさせるノーボギー7アンダーと言う圧巻のゴルフで、予選2日間合計8アンダーとして一躍暫定首位タイへ躍り出たのです。

 3日目はショットがぶれトータル6アンダー2位タイへ順位を下げたのですが、最終日での追い上げを多くのファンが同選手に期待しました。しかしながら最終日同選手は、バーディが5つなのに対して、ボギーが6つも出てしまう苦しい展開で、特に16番ホールでショートパットが外れボギーとしてしまった段階で、トップ追撃は困難な状態となってしまいました。

 試合終了後のインタビューで松山選手は、涙を流しました。タフだとの評価が高い同選手の涙は、カメラがまわっている中で初めて見た様にも思えます。松山選手が汗を拭う仕草ながら目頭を何度も覆う姿は、見る者の涙をも誘い悔しさがひしひしと伝わって来るものでした。

 4日間夢の舞台へ日本のゴルフファンをいざなってくれた同選手ですが、その活躍は近い将来必ずメジヤーで勝利してくれる、その様な期待を残してくれるものでもあり、結果はトータル5アンダー・5位タイでした。なお忘れてならないのは日本ツアーで活躍している選手たちであり、今回どの様な成績を残したのかは下記一覧の通りです。

  選手  予選ラウンド  4日間合計
スコア 順位 スコア 順位
谷原 秀人 +4 60T +11 67T
池田 勇太 +9 106T CUT
小平 智 +5 70T +5 48T
K キョンテ +3 43T +11 67T
S ヨンハン +15 140T CUT

 ネスレ日本株式会社は、主催する『ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯』2017の出場者名を、2017年8月8日明らかにしました。32名の出場者は昨年同様、大会独自の基準により選定されましたが、日本ツアーを戦うトップ選手に変わりは有りません。

 昨年は7月29日~31日までの3日間開催でしたが、4回目となる今年から4日間へ拡大され、8月17日(木)が競技初戦となります。今年のキャッチフレーズは<勝者よ、世界への扉を開け>で、本大会の趣旨である世界志向のプレーヤーを、バックアップする内容となっております。舞台は昨年同様、北海道の恵庭カントリー倶楽部です。

17日 18日 19日 20日
1回戦 2回戦 3回戦 準、決勝
16マッチ 8マッチ 4マッチ 3マッチ

出場選手は下記の通りです。(五十音順)

市原 弘大 稲森 佑貴 今平 周吾
大堀 裕次郎 小田 孔明 小田 龍一
片岡 大育 片山 晋呉 川村 昌弘
久保谷 健一 小池 一平 香妻 陣一朗
小鯛 竜也 小平 智 近藤 共弘
重永 亜斗夢 薗田 峻輔 高山 忠洋
竹谷 佳孝 谷口 徹 塚田 陽亮
時松 隆光 永野 竜太郎 深堀 圭一郎
藤田 寛之 藤本 佳則 松村 道央
丸山 大輔 宮里 優作 宮本 勝昌
武藤 俊憲 山下 和宏

大会概要は、下記の通りです。

主催 ネスレ日本株式会社
主管 公益社団法人 日本プロゴルフ協会
特別協賛 LEXUS
協力 恵庭カントリー倶楽部
企画運営 株式会社ダンロップスポーツ

 長崎県の小江原ゴルフセンター(こえばる)では2017年8月9日早朝、出勤して来た従業員が、練習場右側の支柱9本が折れている事を発見しました。前日8日の終業時にはネットを半分ほど下した状態にしたのですが、突風によりネットそのものがあおられ、支柱9本への負荷がかかり過ぎた事によるものと思われます。

 気象庁の関係者によれば<ガストフロント>との見解ですが、同練習場では復旧まで早くて1ヶ月半かかり、通常では2ヶ月ほどとみております。平日の1日で約100名を集客している同練習場ですが、支柱などの物的損害は数千万円に及び、営業損失まで勘案するとその経済的被害は甚大であると、同練習場経営関係者ではみております。

  • 小江原ゴルフセンター
    〒851‐1132
    長崎県長崎市小江原5丁目6-5
    TEL 095-843-5116
    35打席(1F:20 / 2F:15)_170ヤード

  • ガストフロント
    積乱雲からの冷たい下降気流が水平に吹き出し、周囲の暖かい空気と衝突した際に出来る小規模な前線の事。
    地上付近では上昇気流を伴った激しい突風が発生する事が有る。

 株式会社ニトリ(以下ニトリ)主催による『ニトリレディスゴルフトーナメント』が、北海道の小樽カントリー倶楽部を舞台に8月24日(木)幕を開けます。2010年から始まったこのトーナメントは、北海道をより明るくしたいと言うニトリの思いから、ニトリ創業地の北海道で開催しており、桂ゴルフ倶楽部と恵庭カントリー倶楽部を経て2015年から小樽カントリー倶楽部にて開催されております。

 当該大会は昨年から4日間大会となり、勢いではなく実力を伴わなくては優勝出来ない中、優勝賞金も1,800万円とビッグになりました。

 安田幸吉氏の設計で1928年4月15日に開場した当該コースでは、過去様々なプロトーナメントが開催されて来ました。その概要は下記の通りです。

1978年 日本プロゴルフ選手権大会
1990年 日本オープンゴルフ選手権
1999年 日本オープンゴルフ選手権
2004年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2005年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2006年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2007年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2008年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2009年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2010年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2011年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2012年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2015年 ニトリレディスゴルフトーナメント
2016年 ニトリレディスゴルフトーナメント

 小樽カントリー倶楽部は交通アクセスが申し分なく、1.札幌市内から一般道を利用して約30分 2.小樽市内から札樽自動車道・銭函ICを下車して4Km約5分 3.新千歳空港から約60分と言う様に、ゴルファーにストレスを感じさせない立地条件です。

 コース関係者曰く、グリーンの芝種は<ペンA-2>を使用しており、トーナメント開幕2週間前の現時点で、非常に良い仕上がりになっているとの事です。コンパクションで11ぐらいの状態から、トーナメントでは14ぐらいまでもっていきたいとしております。

 この模様はテレビ東京系列にて、土曜日と日曜日の2日間16時より録画にて観る事が出来ますが、ゴルフネットワークでは26日の土曜日朝の8時30分から13時まで、日曜日は朝7時から10時まで、とことん1番ホールにこだわって生中継されます。27日の日曜日に120名の頂点に立つのは、一体誰でしょうか?

memberC1_2009071814413006_File_top[1].jpg 会員自らの手で経営している千葉県のブリック&ウッドクラブは、経営会社の財政基盤を整える為に、日本における他クラブとは異なる最低消費額負担制度(以下ミニマムユース)を採用しております。

 このミニマムユース制度は会員自らがクラブに於ける消費目標金額を設定し、そのノルマを達成する事でクラブ経営へ貢献するものです。普通株式1口を保有している普通会員は、個人1名及び法人であれば1名記名式です。優先株式1口を保有している会員は、個人であれば家族1名を付ける事ができ、更に法人であれば副会員として社員1名を付ける事が出来ますので、合計2名が会員として利用出来ます。

 この消費目標金額は普通会員及び優先会員、それぞれAからCまでの3段階に設定金額が分れており、入会時及び毎年度任意に選択変更可能です。自らのライフスタイルの変化と共に、選択コースも変更出来るのです。

 下記プレー料金には1,080円分の食事代と利用税、更には消費税が入っております。会員が1,080円以上の飲食をした場合、或いは売店で物品を購入した時などは、当然下記金額に加算されます。その金額と共に当日同伴したビジターの方がクラブへ支払った金額、これらを合算して会員の方が選択した目標金額へカウントされて行きます。

 例えば会員が7,000円、優待券を利用したビジター1名が10,000円と仮定して、平日4名にてラウンドした場合の合計金額は37,000円です。このパターンで年間14回ラウンドする事で、Aコースを選択した普通会員は、目標金額を達成する事が出来ます。

  普通会員(個人1名/法人一名記名式)
   プレー料金
コース 消費目標金額  平日  休日
 A 50万円 6,250円 6,250円
 B 22.8万円 9,250円 9,250円
 C 10万円 9,250円 15,200円
   優先会員(家族会員及び副会員付き)
   プレー料金
コース 消費目標金額  平日  休日
 A 66.5万円 6,250円 6,250円
 B 30.4万円 9,250円 9,250円
 C 13.3万円 9,250円 15,200円

 独自の運営スタイルで進化を遂げている同クラブですが、このスタイルに関する基本的な理解無しに、クラブ民主主義は成り立たないとも言えます。株券を取得し会員としてゴルフライフを楽しむ事は、クラブの一員としての責任もまた発生する事でもあります。今回は同クラブの大きな特徴である、ミニマムユースについて取り上げてみましたが、次回は年会費をみて行きたいと思います。

前回の関連記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ブリック&ウッドクラブはミュアヘッド・フィールズの一要素