サイバーロゴ20170428.jpg JLPGAツアー第9戦の『サーバーエージェント レディスゴルフトーナメント』(賞金総額7,000万円_優勝賞金1,260万円)は、2017年4月28日本日開幕です。舞台は静岡県三島市のグランフィールズカントリークラブ(6,501ヤード_パー72)ですが、ここに5名のアマチュア選手を含めた108名にて、優勝を目指した熾烈な戦いが展開されます。

 昨年自身初のツアー優勝を飾った福嶋浩子選手の優勝スコアは5アンダーでしたが、このスコアは2016年のJLPGAツアー54ホール大会中最も低いものでした。今年もまた、昨年同様タフな試合展開になるであろうと、予想されております。富士山が常にコースの北西に位置し、それにいだかれたグリーンは微妙なアンジュレーションを持っており、挑戦者をはねのけます。

 この難コースを攻略し、108名の頂点に立つのは一体どの選手でしょうか。選手達のプレーぶりは、15番のグリーン奥と17番そして18番ホールのギャラリースタンドが、絶景ポイントになっております。現地での観戦へ出向けない方には、テレビ東京系列6局ネットで観戦する事が出来ます。4月29日の土曜日は16時より17時15分まで生放送、30日の日曜日は前日同様の時間帯で録画観戦となります。

 更に選手の動きを身近に生で観戦できるツールが、当該大会にはあります。それはインターネット中継です。「AbemaTV」のアプリをダウンロードするだけで、PCやスマートフォンで見る事ができます。初日は朝8時から競技終了まで、2日目は8時半から16時まで、そして16時半から終了までです。最終日は朝8時から、最終組が13番ホールを終了までです。

インターネットLIVE中継の概要は下記の通りです。                                                                                                                 ・「AbemaTV」https://abema.tv/                                                                                                                                              ・Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema                                                                                                                                                                  ・App Store  https://itunes.apple.com/us/app/abematv/id1074866833?l=ja&ls=1&mt=8

 神奈川県の相模原ゴルフクラブでは、2017年3月の理事会に於いて、『入会登録延長料』の新設が承認され、同年5月1日より適用される事に成りました。この制度導入には、あくまでも株券取得はクラブへの入会申請を前提にしたものである、と言う考え方が根底に流れていると言えます。ちなみに当該クラブ正会員権は3株券、平日会員権は1株券です。

 『入会登録延長料』とは正会員権が12万円とプラス消費税、平日会員権が9万円とプラス消費税、とそれぞれの会員資格に付いて1年以内に入会手続き未了の場合、その翌年より毎年この金額の支払義務が、株主及び株券取得者に生じるシステムです。

 それでは最長何年間クラブへの入会手続きをせずに、保有していられるのかと言えば10年間で有り、この期間を過ぎた当該株式は入会資格要件失効と言う事で、市場で流通出来なく成ります。つまり無価値に等しく成ってしまうのです。

 『入会登録延長料』はある意味ペナルティとも捉える事が出来るのですが、この様なシステムを設けなければならない背景には、クラブ側より年会費を請求出来ない株主が多く存在しているのだと言えます。この現象は会員の高齢化によるクラブ退会及び株券譲渡の流れが増大し、会員権価格を押し下げる役割を果たしていると共に、クラブへ入会申請せずに安価になった会員権・株券のみの取得に徹する投資家の存在が、現役会員による反発として表面化したとも言えます。

 いずれにしてもクラブの入退会は、会員制組織活性化の為の必須条件です。この度のシステムが組織活性化へ向けてどの様に機能して行くのか、又市場へどの様な影響をもたらしていくのか、その巧拙を評価するにはしばらくの観察期間を必要としています。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                                                          相模原ゴルフクラブ

TW737_Vs_7I honma20170420.jpg (株)ゴルフダイジェスト・オンライン(以下GDO)が主催する『HOT LIST JAPAN』2017に於いて、(株)本間ゴルフ(以下本間ゴルフ)のTW737Vsアイアンがアイアン部門でゴールド賞を受賞致しました。

 GDOでは2016年4月より2017年5月まで日本にて発売、及び発売予定のゴルフギアを、各社よりエントリーされた中から、プロとアマチュア計17名にて構成された試打テスターがテストを行い、その総合評価点によって各賞を決めておりますが、今回は4月20日に受賞ギアが発表されました。

 今回テスターの一人である金谷多一郎プロは、当該クラブに付いて次の様なコメントを残しております。                                                                                                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                                                                                                    クセのないオーソドックスな形状は、"本間らしい"抜群の構えやすさ演出しており、アドレスしただけで思い通りの球筋をイメージできる。                                                                                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 尚、本間ゴルフでは、フェアウエイウッド部門、ユーーティリティ部門、ウエッジ部門、パター部門でもそれぞれシルバー賞を獲得しております。

logo_tate20170425.jpg PGMホールディングス株式会社(以下PGMH)は2017年4月25日、連結子会社であるパシフィックゴルフプロパティーズ株式会社(以下PGP)が、千葉県のエンゼルカントリークラブ(以下エンゼルCC)を保有・経営する富津田倉ゴルフ(株)の全株式を、森永製菓(株)より取得する契約を締結したとして、広報を通じて明らかにしました。

 エンゼルCCの現経営会社である森永製菓株式会社(東京都港区芝_代表取締役・新井徹)と、現運営会社である森永エンゼルカントリー株式会社(千葉県富津市_代表取締役・赤石昌義)は、吸収分割の手法をもって当該ゴルフ場事業を富津田倉ゴルフ(株)へ承継させ、PGPはその全株式を取得する事に成ります。

 森永製菓(株)は本吸収分割の予定日を6月9日、その効力発生予定日を7月1日としておりますが、その受け皿となる富津田倉ゴルフ株式会社(代表取締役_高橋正明)は、既に2017年3月1日千葉県富津市田倉865番地1に於いて、資本金100万円をもって設立されております。

 株式譲渡日は2017年7月3日を予定しており、以降PGMHのゴルフ場運営子会社であるパシフィックゴルフマネージメント(株)による運営となりますが、この動きに合わせてゴルフ場名称は変更される予定です。現在エンゼルカントリークラブには正会員800名弱と、平日会員200名強の合計約1,000名の会員が在籍しております。PGMグループでは、会員とその預託金に付いては、現状のままで承継するとしております。

 PGMグループでは既にこのエリアに於いて総丘カントリー倶楽部を運営しており、営業面で大きな成果を上げております。今後はエンゼルCCとのスケールメリットを活かした管理運営並びに、集客面では相乗効果も発揮されるものと思われます。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                                                                              エンゼルカントリークラブ

 2017年4月21日(金)静岡県の川奈ホテルゴルフコース富士コースで行われたJLPGA第8戦『フジサンケイレディスクラシック』の初日、選手の打った打球がギャラリーの男性にあたる事故が有りました。

 10時30分に1番ホールからスタートした第21組の比嘉真美子選手(23歳=フリー)が、5番パー5ホールに入りその2打目を打つと、打球は左に曲がってしまいました。比嘉選手とキャディーは大声で『ファー』と叫びギャラリーへ注意を促すも、ボールは200ヤード先、ギャラリーロープ外に居た男性の頭部を直撃してしまったのです。

 愛知県から観戦に来ていたその男性は、知人との会話に夢中で、ボールの飛来には気付かなかったとの事です。ボール直撃により右前頭部から出血した男性は、静岡県伊東市の病院へ救急搬送され四針を縫う手術を行い、CT検査を行うも外傷以外頭部の異常を確認出来なかった様です。

 この事故により動揺してしまった比嘉選手ですが、競技委員よりプレーを続行する様促され、当日1アンダー35位タイにてホールアウトしました。同選手によれば打球のあたった男性の事が気がかりで、プレーの事は『何も考えられなかった』とコメントしております。

 打球事故はまれではあるものの起り得る可能性が有る事から、トーナメント関係者は常にボールの行方に付いて目をそらさない様、ギャラリーへは入場時の配布資料などで注意喚起しているとの事です。尚、この度の事故に関する男性の治療費は、大会側が負担するとの事です。

小金井ゴルフ株式会社は3月23日減資を決議

  • 投稿日:
  • by

memberC1_2009021509374000_File_top.jpg 東京都の小金井カントリー倶楽部を経営しております小金井ゴルフ株式会社(東京都小平市_代表取締役・草刈隆郎)は、2017年3月23日の株主総会に於いて資本金の減資を決議し、3月31日官報にて公告しました。現状での資本金13億6,000万円を13億2,000万円減資し、新たな資本金を4,000万円とするものですが、効力発生日は6月10日としております。

 ただし減資する13億2,000万円は全額資本準備金とする事から、当該手続き後も実態は変わり無く、この事によって企業価値が低下するものでは無いと言えます。この手続きによって得られるものは節税効果ですが、それ以上に最大の眼目は、企業規模と資本金額との整合性であると、当該企業関係者はコメントしております。

 ところで昨年1年間に於ける会員移動に伴う収入は、1億6,500万円あったとの事ですが、これを単純に正会員1口の名義書換料1,500万円で割った場合、11名の新規入会が有った事が分かります。

 又、昨年2016年1月よりコース管理運営を、一部(有)G-Westへ委託契約しておりますが、これはより品質の高いメンテナンスを行う為だとしております。尚、当該ゴルフ場は昨年319日営業し、会員及びビジターを合わせて27,690人が来場したとしております。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                                                                小金井カントリー倶楽部

テーラーメイド_ロゴ20170419.png テーラーメイドのドライバーは、ツアーを戦っているプロゴルファーの使用率が高く、国内外で快進撃を続けております。記憶に新しいところでは、今季メジャー第1戦の『マスターズ・トーナメント』に於いて、最終日その優勝争いはセルヒオ・ガルシア選手とジャスティン・ローズ選手による激戦となったのですが、両選手とも使用ドライバーはテーラーメイドの新『M2』でした。

 今年の『マスターズ・トーナメント』に於ける選手の使用クラブを調査したダレル・サーベイ社は、2017年4月10日時点での内容を明らかにしておりますが、出場93選手中テーラーメイドのドライバーを33選手が使用しておりました。これはブランド別使用率でトップでしたが、テーラーメイド社製内の内訳は下記の通りです。

ドライバー モデル 人数
M1 460 2017モデル 6人
M1 440 2017モデル 3人
M2 2017モデル 10人
M1 460 2016モデル 1人
M1 430 2016モデル 2人
M2 2016モデル 9人
SLDR 460 1人
エアロバーナー 1人

 『マスターズ・トーナメント』の熱気も冷めやらぬ中、4月13日には国内のJGTOツアー開幕戦である『東建ホームメイトカップ』が開幕しました。やはりこの大会に於いても、参加132選手中49名がテーラーメイド社製ドライバーを使用しており、460と440の両タイプを含めたM1ドライバーは、29選手が占めておりました。

 2位ブランドのドライバー使用者は15名でしたので、圧倒的と言う表現が相応しい様な、テーラーメイド社製ドライバーの人気を物語る内容でした。この快進撃は当分続きそうですが、この動きを阻止する様なメーカーが出てくるのでしょうか。

 山梨県の大月カントリークラブでは2017年5月31日をもって、東京事務所(東京都千代田区岩本町3-5-5)を閉鎖する事に成りました。これは会社方針として決定された事ですが、当該事務所はゴルフ場開場と共に開設されておりましたので、約32年の歴史に幕を下ろす事に成りました。

 当該事務所は発足以来、1.スタート予約受付 2.集客営業 3.法人内の登録者変更手続きなどを行って来ており、会員企業に対する東京の顔としての役割を担って来ました。しかしながらその機能は現在ゴルフ場現地事務所が果たしており、実態としては形骸化していたとも言えます。

 特に集客に付いてはIT(インフォメーション テクノロジー)の高度化により、電話や企業訪問による営業よりも、WEBサイトを活用したものへシフトして来ており、その比重が今日従来以上に高まっているとの事です。

 又親密企業である埼玉県の高坂カントリークラブが、2016年12月に東京事務所を閉鎖した点も、背中を押す事になった様です。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                                                                  大月カントリークラブ

 (株)アコーディア・ゴルフは2017年3月28日に広報を通じて、株式上場廃止後の2017年新役員体制を明らかにしました。退任した取締役と監査役は13名、新任は4名と言う事に成りました。詳細は下記の通りです。(敬称略)

役職 退任 新任
取締役 鈴木 隆文 加笠 研一郎
取締役 道田 基生 池田 大輔
取締役 野中 貞徳 望月 智洋
取締役 丹羽 文彦
取締役 前川 充留
取締役 平山 伸子
取締役 山口 公明
取締役 網谷 充弘
取締役 吉井 敏昭
監査役 對田 恒雄 半田 智英
監査役 蔵口 勝
監査役 廣渡 義紀
監査役 野間 武

 2017年4月1日以降は、上記新任された4名と代表者の田代祐子氏の5名にて、当該法人を切り盛りして行く事に成りました。取締役を退任された鈴木、道田、野中、丹羽の4氏は引き続き会社に残り、常務執行役員と言う役職にて業務を担う事に成りました。

 尚、新任されました4名はMBKパートナーズ(株)の代表者及び社員の方々で有り、上場していた(株)アコーディア・ゴルフの株式公開買い付けを、主導した法人の構成員と言う事に成ります。その方々が今やベールを脱ぎ、前面に躍り出て来たと言えますが、これは公開買い付け前からのスキームでも有りました。

 オリックス・ゴルフ・マネジメント(株)_(以下OGM)が運営する三重県伊勢市の富士OGMエクセレントクラブ伊勢二見コースに於いて、昨年の10月より工事が行われていたソーラー発電所が、2017年3月31日完成し即日売電が開始されました。

 当該ゴルフ場の余剰地へソーラーパネル3,000枚を敷き詰めた発電所は、最大出力810Kw年間の予想発電量を約89万KWhとしており、これは一般家庭約250世帯分の年間消費量に相当します。

 OGMでは既に2013年12月栃木県のディアレイク・カントリー倶楽部に於いて、又2014年9月に滋賀県大津市の比良ゴルフ倶楽部に於いて、ソーラー発電所を立ち上げておりますので、当該発電所は3番目と言う事に成ります。OGMでは収益機会の多様化と言う観点から、今後も条件次第で取り組む予定としており、現在工事中の島根県のいづも大社カントリークラブに於ける発電所は、2017年12月に完成予定です。

 一口にゴルフ場に於けるソーラー発電所と言っても様々な形態が有り、単にゴルフ場の遊休地をソーラー事業者へ貸し出す事により、大きなリスクをとる事無く年間賃料を受け取るスタイルも有ります。この度のOGMによるソーラー発電所は、オリックスグループの総力にて仕上げており、そして自社運営しております。

 当該発電所は事業取り組みが早かった事も有り、売電価格も2017年現在の様な安価な状態では無いと思われ、初期投資資金の回収も遠い将来の事では無さそうです。