日光カンツリー倶楽部の女性(婦人)会員

  • 投稿日:
  • by

日光CC_tact.jpg 栃木県の名門倶楽部・日光カンツリー倶楽部では、女性の入会に付いて制限を設けておりません。この規定は何時頃からだったか、倶楽部史を紐解かなくては判らない程過去の事であり、長年勤務されているご担当者も困惑気味でした。

 この事から女性の入会希望者は、市中にて当該倶楽部壱株券2枚の合計弍株券を取得する事で、入会申請する事が出来ますし、当該会員権を譲渡する名義人の属性に付いては、一切不問と言う事になります。取得する会員権に付いてナーバスになる事は無いのですから、非常に楽だと言えます。

 2018年10月現在同倶楽部には79名の女性正会員が在籍しており、家族会員なども含めた女性の総合計数は約120名に成ります。その女性正会員は会員家族と言う側面よりは、同倶楽部に友人や知人が在籍している関係から、ゴルフと倶楽部ライフを楽しみたいと言う志向の方が多い様です。

 同倶楽部施設は男性用に比べ容量が小さめである事は否めず、充分とは言えないまでも一日の女性来場者実績を考慮した場合、大きな問題点とはなり得ていない様です。である為女性用施設の拡充は、会員間に於いても話題にもなっていないとの事です。

 1955年開場と言う歴史のある倶楽部に於いて、長きに渡り女性の入会制限を設けていない事は、さほど類を見ないのでは無いでしょうか。第二次世界分割戦争後10年を経過したばかりで、女性差別や蔑視感は当時の日本に於ける当然の風潮だったと思われます。革新的だったと言えます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
日光カンツリー倶楽部
日光カンツリー倶楽部の法人会員権

成田ゴルフ倶楽部の特別会員って?

  • 投稿日:
  • by

成田GC_tact.jpg 千葉県の成田ゴルフ倶楽部には、特別会員と言う会員種別が有ります。聞きなれない言葉ですが、これは土曜日のみ利用出来ない会員の事であり、2018年7月1日それまでの呼称である特別平日会員から変更になったものです。

 同倶楽部には正会員及び、月曜日から金曜日まで利用出来る平日会員の2種類の他、この特別平日会員の3種別が有ります。正会員と平日会員は名義書換時にその資格を継承出来るのですが、特別平日会員に限りそれが出来ません。

 この会員権を譲り受けた親族及び第三者は、300万円とプラス消費税の名義書換料を支払い正会員とするか、或いは150万円とプラス消費税を支払い平日会員への道を選ぶかの、2択のみが認められているのです。特別会員がその資格を変更する事無く出来る唯一の行為は、法人内に於ける登録者変更のみです。

 ではこの特別会員の中に法人会員は何社あるかと言えば、倶楽部の担当者曰く数社との事であり、それは10に近い一桁では無く、限りなく5以下のニュアンスに取れるものでした。この様な一連の状況を見て言える事は、時の経過と共にこの会員種別はいずれ消滅してしまう事です。

 では何故に倶楽部は、特別会員に対しこの様な敵視政策を取らなければ、ならないのでしょうか。ここには倶楽部の暗い過去が、見え隠れしてしまうのです。とは言えこの様な一面のみを捉え、同倶楽部の魅力が半減するものでは当然ありません。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
成田ゴルフ倶楽部
成田ゴルフ倶楽部では3月より名義書換料300万円へ改定

平塚富士見CC_tact.jpg 神奈川県の平塚富士見カントリークラブの法人正会員は、2018年10月時点の登録者数で1,198名を数えます。当然法人数はこの数字では無く、1社で複数口を所有している関係から、これよりは少なくなります。正会員数が2,466名である事を見た場合、その半数ほどが法人会員と言う事が出来ます。

 大変人気のある法人会員ですが、入会に於けるハードルは比較的低く、企業規模の大小に関らず審査には通っているケースが多い様です。法人の決算書などを入会申請時に求めていない為、登録者が入会基準を満たしている事が、とても大切な要素になっています。個人正会員1口で法人一名記名の会員に成る事が出来、将来売却時の対象も広く、それは法人或いは個人を問わない事から流通性に富んでおります。

 ひとたび法人会員となれた場合登録者の変更はし易く、新規登録者に対する在籍会員の推薦も不要であり、尚且つ他クラブの要件も求められません。登録者変更手数料は正会員権の半額である、85万円と消費税にて手続きが出来ます。

 会員はゲスト4名一組を紹介と言う形で、土曜日のスタート予約を取る事が出来ます。日曜日は会員同伴が義務づけられている事から、土曜日の様な融通は利きません。当然これはスタート枠に空きが有ればの話ですが、この様な当該クラブの利便性の良さが、人気コースの理由にあげられているのだと言えます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよご確認頂けます。
平塚富士見カントリークラブ
平塚富士見カントリークラブの女性(婦人)会員

鷹之台CC_tact.jpg 千葉県の名門倶楽部である鷹之台カンツリー倶楽部では、法人名義での入会申請を2名以上としております。個人正会員一口・一名分は壱株券9枚つまり9株券にて構成されておりますが、これを2口以上取得する必要が有ります。

 入会を希望する法人の基準としては、上場企業か或いは準ずる法人が望ましいとしておりますが、入会の可否に付いてはあくまでも、理事会での判断によるものとなります。ひとたび法人会員となった場合、登録者の変更手続きは簡略化されており、推薦保証人を不要とするばかりか面接手続きも省略されております。

 この登録者変更手続き1名に要する費用は、230万円と消費税のみで済みます。2018年10月現在法人数は約80社を数え、その登録者数は約200人に及びます。3名以上分を保有している法人が、如何に多いかがこのデータにて理解出来ます。

 法人会員が将来当該倶楽部会員権を売却をしなければならない時、最低限の2口を維持しつつも単純に手持ちの口数を減らすだけであるならば問題無いのですが、2口の要件を満たさ無くなる場合も想定されます。

 この場合例えば2口の内一口のみを売却する時、残る1口は230万円と消費税を支払い、個人名義へと種別変更する必要が有ります。あくまでも2口・2名以上以上と言う事が、当該倶楽部に於ける法人の必須要件なのです。

 この様な法人手続きに関する現状に対し、懸念の声も会員間から聞こえて来る様です。しかしながらこの声をもってして、近い将来法人会員の規定が変更になる様な状況でも決してない様です。歴史のある名門倶楽部が時代の変化と共に協調して行こうとする場合、伝統に対する倶楽部の葛藤も又垣間見えて来ます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鷹之台カンツリー倶楽部
鷹之台カンツリー倶楽部は1月の理事会で推薦保証人の資格要件改定

富士平原GC_tact.jpg 静岡県の富士平原ゴルフクラブでは2018年11月1日より、会員権の名義書換時に於ける名義人の印鑑証明書有効期限を、従来の3ヶ月より半年へ改定し受け付ける事になりました。

 この改定は同クラブ事務手続きに於ける内規を変更する事で処理されたのですが、これはクラブ規約に印鑑証明書に関する規定が無い事から、今月合理的に判断され行われるものです。

 これまでも名義書換の手続き上、同クラブでは様々な事例について、総合的な判断の基に適切な処理をしてきております。しかしながら退会する名義人の印鑑証明書期限に付いて、3ヶ月としたこれまでの判断が合理性に欠けるものであり、尚且つゴルフ会員権の流通性を阻害する要因になっている事から、他クラブに先んじて先進的な改革の一歩を踏み出したのです。

 これによりゴルフ会員権を譲渡しようとする名義人が、諸書類徴求のわずらわしさから解放され、尚且つゴルフ会員権を取り扱う会員権業者の利便性が増し、更には会員権の流通が促進されて行くのであれば、業界発展の一助となるのではないかとのコメントを、同クラブ担当者は発しております。

 印鑑証明書の期限に付いては、2018年頭より多くのクラブで改定されて来ております。この動きは少しづつでは有れど、大きなうねりに成りつつあります。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富士平原ゴルフクラブ
富士平原GCは2018年5月1日時点での会員数を公表

筑波CC_tact.jpg 茨城県の筑波カントリークラブでは女性の入会に付いて、その会員数を正会員及び平日会員を合わせ、200名との枠を設け制限しております。この規定は今を去る事7年前の、2011年10月1日より施行され今日に至っております。

 今日の在籍会員状況としては170名ほどであり、7年前の女性会員数は119名でしたから、約50名が増加した事になります。現在では約30名の空き枠が有りますので、入会希望女性は譲渡人である名義人の属性を気にする事無く、会員権を取得し入会申請出来ます。

 これまで年間14~5件の女性による入会申請がある様ですが、自然減も有りますので200名枠へ到達するまでには、今しばらく時間の経過が必要なのかもしれません。この事から現時点では200名枠到達後に付いて、クラブでは特段その対策を想定していない様です。

 会員権市場に於ける同クラブ会員権の値動きは、今日安定したものに成っており、女性権なるものが無くなった事で、会員権価格も透明性の高いものに成っています。かつて女性の入会は、女性名義の会員権を取得しなければ入会申請出来なかった事から、その希少性も相まって男性権よりも非常に高いものに成っていました。

 現在女性用施設に関しては、通常の女性来場者に対するものとして、ご迷惑をかける様な状態では無いとクラブではしております。

 当該ゴルフ場の概略及び以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
筑波カントリークラブ
筑波カントリークラブでは男女間の譲渡制限を10月1日より撤廃

飯能ゴルフクラブに於ける法人会員

  • 投稿日:
  • by

飯能GC_tact.jpg 埼玉県の飯能ゴルフクラブでは法人名義での入会に付いて、その企業規模を資本金1億円以上である事と規定しております。法人の条件と言えばこれだけであり、歴史のある名門クラブとしては比較的柔軟な姿勢で、入会申請を受け付けています。

 当該クラブは株主会員制であり、正会員権は壱株券です。この壱株券を取得し法人は、入会申請する事になります。ところで将来退会時には、この壱株券を個人或いは法人へ譲渡する事で、第一段階の手続きは終了します。

 その後入会時にクラブへ預けていた入会預託金150万円の返還を受ける訳ですが、同株券を取得した新規入会者の手続きが終了次第、クラブより返金される事になります。この返還をもって全ての手続きが終了するのです。法人にとっては入退会の手続きがシンプルであり、管理し易いと言えます。

 しかしこの様なシステムへ移行する以前、すなわち2008年6月23日開催の理事会に於ける法人改革までは、正会員権二口・弍株券を取得しなければ、法人名義で入会申請出来ませんでした。一口で良ければ取得したい企業を受け入れられないと言う事は、ある意味社会の要請に背を向ける事でもあり、ビジネスチャンスを逸してしまったにも等しかったと思われます。

 法人数は2018年10月現在、約100社を数える事が出来ます。登録者数はこの数字を上回っているのですが、これは1社で複数口を所有している関係からです。なお当該クラブには正会員権の他に、土曜日まで利用出来る平日会員権が有りますが、これは譲渡不可であり市場で流通する性格のものでは有りません。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
飯能ゴルフクラブ
飯能ゴルフクラブは6月23日の理事会にて法人取扱の規約改定

金谷拓実選手2019年マスターズ出場権獲得

  • 投稿日:
  • by

            金谷拓実選手2018年10月.jpg
               < 金谷拓実選手=主催者提供 >

 2018年10月4日~7日までの4日間、シンガポールのセントーサゴルフクラブ・タンジョンコース(6,847ヤード_パー70)にて行われていた第10回アジア パシフィックアマチュア選手権に於いて、日本の金谷拓実選手(東北福祉大=20歳)が通算13アンダーにて見事優勝しました。

 日本人選手の優勝は松山英樹選手以来二人目となりましたが、この大会はアジア太平洋地域に於ける将来性の有るアマチュアゴルフアー育成を主な目的としており、優勝者には来年のマスターズトーナメントと全英オープンへ出場出来る権利が与えられます。過去9大会の優勝者は、下記の通りです。

開催年 優勝者 開催国
2009年 ハン チャンウォン(韓国) 中国
2010年 松山英樹(日本) 日本
2011年 松山英樹(日本) シンガポール
2012年 グアン ティアラン(中国) タイ
2013年 イ チャンウー(韓国) 中国
2014年 アントニオ マーダカ(豪州) 豪州
2015年 ジン チェン(中国) 香港
2016年 カーティス ラック(豪州) 韓国
2017年 リン ユーシン(中国) ニュージーランド

 今大会へは6名の日本人選手が参加しておりますが、中島啓太選手2位タイ、大澤和也選手24位タイ、呉司聡選手30位タイ、丸山奨王選手30位タイ、大西魁斗選手は残念ながら予選落ちでした。

 今大会の結果、来年のマスターズトーナメントへは少なくとも松山英樹選手と金谷拓実選手の2名が出場出来る事から、日本のゴルフファンの期待も大いに高まる事と思われます。関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
「2019年女子アジア太平洋アマチュア選手権」はザ・ロイヤルGCで開催

            トム ワトソン氏.jpg
         < マスターカード・ゴルフ親善大使_トム ワトソン氏 >

 2017年に続き来年の2019年に2度目となるPGA TOUR champions、いわゆる米国シニアツアーの『Mastercard Japan Championship』(以下マスターカード選手権)が、千葉県の成田ゴルフ倶楽部を舞台に開催されます。

 これに先立ち2018年10月9日同ゴルフ場に於いて、マスターカードのゴルフ親善大使を務めるトム ワトソン、PGA TOUR Champions の上級副社長ミラー ブレイディ、Mastercard Japan バイスブレジデントのダグマー ネドゥバル、(公社)日本プロゴルフ協会会長・倉本昌弘、株式会社アコーディア・ゴルフ会長兼社長田代祐子の5氏列席による記者会見が行われました。

   ミラー ブレイディ氏.jpg    マスターカード.jpg
      < ミラー ブレディ氏 >          < ダグマー ネドゥバル氏 >

 各5氏はそれぞれの立場で同選手権が開催される意義を述べるものの、このビッグイベントが開催される喜びは、各氏から如実に伝わって来ており、全体的にはお祭りの前夜祭的雰囲気を醸し出しておりました。

 この大会開催を記念しアコーディアゴルフでは、2018年11月1日より2019年4月30日迄の半年間、誰でも参加出来る30万人規模のロングランコンペを企画しております。名付けて『Mastercard Japan Championship アコーディア チャレンジ』ですが、対象期間を2ヶ月ごと3期に分け、様々な商品を用意するとの事ですがその数5,000点に及びます。

 様々な豪華賞品の中でも突出しているのが、来年6月5日(水)及び6日(木)に予定されている公式プロアマ大会へ出場出来るプレゼントです。その数9名がこのアコーディア チャレンジを通じて選出される訳ですが、アマチュアゴルファーにとっては期待値高まる企画だと言えます。

  田代祐子氏.jpg    倉本昌弘会長.jpg
       < 田代祐子会長 >              < 倉本昌弘会長 >

 本戦は6月7日(金)より9日(日)までの3日間行われますが、賞金総額250万ドルを分配する参加選手は68名です。この中には8名の招待選手が含まれますが、現時点で日本人選手の名前は誰一人上がっておりません。しかしながらこの試合の前に開催される予定の『すまいーだカップ』優勝者は、8名の内の一人でありこれは確約されていると倉本会長は語りました。

 長い時間マイクを持ち続けた感の有るトム ワトソン氏ですが、マイクをおくに当たって倉本会長へお願いが有るとしたのですがその内容は、「ジャンボさんを連れて来て下さい」と言うものでした。常々シニアの試合には出ないと公言している尾崎氏ですが、倉本会長も「お願いしてみましょう」と述べるのが精一杯と言う感じでした。

 ワトソン氏は尾崎氏の影響力を充分に把握した上での発言でしたが、会見場は大きな笑いの渦に包まれ幕がおろされたのです。来年の試合が待ち遠しくなる様な、ほのぼのとした会見でした。

 開催コース及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
成田ゴルフ倶楽部
PGA TOUR Champions2017年成田ゴルフ倶楽部で初開催

ニュー南総GC_tact.jpg 法人を主体にした千葉県のニュー南総ゴルフ倶楽部では、2018年11月1日より会員権の名義書換を再開します。これは2014年5月1日より行われていた正会員の会員募集が、経済産業省へ届け出ていた250口にほぼ到達した為です。

 会員権の名義書換を停止し約4年間に渡り行って来た募集ですが、2018年10月初旬現在同クラブに於ける会員の状況は、正会員750口、土曜日のみ利用出来ない特別平日無記名会員150口、月曜日から金曜日まで利用出来る平日無記名会員が150口と言う構成になっています。

 10月31日迄行われる会員募集は無額面のプレー会員権ですが、この募集以前に入会している会員は預託金会員ですから、同クラブではこの2種類の会員権が混在して存在する事になります。預託金会員の預託金額は、2010年6月に法的整理を経ての内容ですから当然低額面ではあるものの、無額面証券とは一線を画す事から、市場では会員権価格に大きな差は出ないと思われますが、二重相場になる事は否めません。

 クラブによれば既存会員権の名義書換は入会希望法人の資格を厳しいものにせず、1年以上在籍会員1名の推薦と登録者への面接と言う一連の手続きで、入会出来るプロセスにしたいとしております。なお名義書換料は従来通りの内容を踏襲するとクラブではしており、正会員税別50万円、特別平日無記名会員税別30万円、平日無記名会員税別20万円です。

 募集金額は200万円と消費税ですが、11月以降どの様な買い希望が入ってくるのか、多くの関係者が注目しております。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ニュー南総ゴルフ倶楽部
ニュー南総ゴルフ倶楽部は5月1日より会員募集を開始