相模湖CC_tact.jpg 神奈川県の相模湖カントリークラブでは、2020年3月より年会費を改定します。これは2019年12月11日に開催された理事会にて、会社提案を受け入れて頂く形で決議されました。

 正会員は15,000円、準会員と平日会員はそれぞれ1万円を値上げする事になりますが、昨年の12月下旬には全会員へ書面にて告知を済ませております。その概要は、下記の通りです。
・正会員  33,000円(税込)⇒49,500円(税込)
・準会員  27,500円(税込)⇒38,500円(税込)
・平日会員 22,000円(税込)⇒33,000円(税込)

 当該倶楽部による会費値上げの背景には、昨年の台風被害が有ります。2019年10月12日台風19号の上陸は、当該倶楽部へも甚大な被害をもたらしました。進入路付近数箇所に於ける土砂崩れは、同日より11月22日までの42日間、ゴルフ場をクローズせねばならない状況へ追いやられたのです。

 2019年11月23日以降、ゴルフ場をオープンし営業へこぎつける事は出来ましたが、2020年1月中旬の現在に至っても復旧工事は継続しております。今回の被害額は数億円にのぼるものと予想されており、年会費の値上げから得られる増収分に付いては、工事費用の一部に充当されます。

 現在当該倶楽部で進められている工事は、単なる復旧工事にとどまらず、防災の観点からも進められています。なぜならば恐らく今年も又自然災害は、起こり得る可能性が有るからです。なお当該倶楽部では経年劣化により設備や施設関係についても、同時に修繕工事を行っているとの事です。

 会員制ゴルフ場の持続可能性を考えた場合、会員の協力無しに事業の継続は困難なのだと言えますが、当該倶楽部では工事の完了を数年先へ見据え行っています。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
相模湖カントリークラブ
相模湖カントリークラブでは2月より40周年記念募集開始

富士レイクサイドCC_tact.jpg 山梨県の富士レイクサイドカントリー倶楽部では2020年3月1日より、正会員権の名義書換料を減額し受け付けるキャンペーンを行います。受け付け期間は、2021年3月末までですので、1年間限定と言う事になります。

 この内容は2019年2月に開催された同倶楽部理事会にて決議された内容との事ですから、既に1年ほど前よりの規定方針だと言えます。同倶楽部は1960年11月の開場ですから、今年は記念すべき60周年を迎える事になります。この度の名義書換料減額キャンペーンは、この記念事業の一環でもあります。

 それでは減額キャンペーンの内容は、どの様なものかと言えば、それは下記の通り料金を半額にて受け入れるものです。
・正会員の第三者譲渡  現状110万円(税込)⇒キャンペーン価格55万円(税込)
・法人内登録者変更手続 現状55万円(税込)⇒キャンペーン価格275,000円(税込)

 この様な名義書換料減額キャンペーンは、過去にも経験済みの同倶楽部ですが、件数的には通常の実績を上回るケースが多く、今回も又50%ほどの割り増しを想定している様です。倶楽部への入会コストが軽減される事は、入会希望者にとっては歓迎すべき事態です。

 入会希望者が自然に増えて行く事は、会員権市場の活性化にもつながって行くと思われますので、業界全体の繁栄を呼び込むものに成って行くだろう事を想定出来ます。なお同倶楽部では入会申請自体を、2月中からも受け付けるとしております。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富士レイクサイドカントリー倶楽部
富士レイクサイドCCでは預託金の据置期間を15年へ改定

我孫子GC_tact.jpg 千葉県の我孫子ゴルフ倶楽部では2020年3月1日より、推薦者の資格要件を変更致します。これは昨年末に開催された理事会にて、決議された内容です。

 こんにち新規入会希望者を推薦出来る既存会員の資格要件は、5年以上在籍している正会員に限定されています。5年以上の方2名が推薦する場合は、共に同倶楽部で10日以上ラウンドしている方で無ければなりません。しかし5年以上の会員1名に10年以上在籍の会員1名が加わる場合、10年以上の方の来場回数は不問です。

 この内容が、3月1日以降若干緩和されます。入会希望者は在籍5年以上の正会員2名の推薦を得なければ、入会申請出来ないのですが、1名に付いてはラウンド日数不問となったのです。ただしもう1名は年間12日以上、同ゴルフ場にてラウンドしている実績が必要と成ります。

 同倶楽部では昨年2019年1月から、12月までの名義書換実績として、35件ほど有った様です。この中身には法人内の利用者異動で有るとか、或いは全くの第三者による名義書換が含まれています。近年同倶楽部では法人名義による新規入会が出来ない事から、倶楽部への届け出上は個人名義になっているものの、実態は法人が所有しているケースが多々あります。

 この様な倶楽部事情を反映し、上記35件ほどの名義書換に於いても、法人内の利用者異動が多くを占めている様です。実態はともかくも名義書換の形式上内容は、個人名義から個人名義への変更になる訳ですから、推薦者2名は常に求められる名義書換の必須要件に成ります。

 会員権(株券)を所有している法人にとり今回の緩和措置は、推薦者の対象範囲が拡大する事になりますから、大変お願いし易い状況になるのだろうと思われます。また純粋なる個人が入会申請するに当たっても、歓迎すべき要件緩和なのだと言えます。これを機に益々、名義書換が促進される事を願いたいものです。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
我孫子ゴルフ倶楽部
我孫子ゴルフ倶楽部では女性(婦人)の入会不可

TACT-CHARA_kakochou.jpg 2020年USLPGAツアーの開幕戦である『ダイヤモンド リゾーツ オブ チャンピオンズ』は、フロリダ州のフォーシーズンズG&スポーツクラブ(6,645ヤード_パー71)で、2020年1月16日初日を迎えました。

 この試合に参戦している日本の畑岡奈紗選手は、19日(日)の最終日に首位タイのトータル13アンダーにてホールアウトし、韓国のインビー パーク、メキシコのガビー ロペス両選手を含めたプレーオフへ突入しました。

 プレーオフはパー3の18番ホールを繰り返し、いわゆるサドンデス勝負となりました。3ホール目にインビー パーク選手が脱落し、残された2選手による戦いは5ホールまで続くものの、現地時間夕方の6時20分日没にて、勝負の行方は20日の月曜日へ順延となりました。

 現地時間20日の朝8時(日本時間20日夜10時)より開始された2人でのプレーオフは、2ホール目通算7ホール目にてガビー ロペス選手がバーディを奪ったのに対し畑岡選手はパーとし、長きに渡った勝負に決着がつきました。畑岡選手の惜敗です。

 とは言え畑岡選手のこれまでの実績が、全くの勢いだけでは無く、タフさも持ち合わせている事を、多くのゴルフファンのみならず関係者へ、アピール出来たのでは無いかと思われます。近い将来必ずや4勝目を達成するものと思われますが、今一度畑岡選手のこれまでの優勝を、振り返っておきたいと思います。それは下記の通りです。

・Walmart NW Arkansas Championship presented by P&G(2018年6月)
・TOTOジャパンクラシック(2018年11月)
・Kia Classic(2019年3月)

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
畑岡奈紗選手3勝目_キアクラシック

秋山CC_tact.jpg 山梨県の秋山カントリークラブでは、2020年3月1日よりゴルフ場名が、『桜ヒルズゴルフクラブ』へ変更に成ります。これは昨年2019年12月に開催された理事会にて、決議された内容との事です。

 この点に付いて大きな意味合いを持ったものでは無く、「雰囲気を一新させたかった」とクラブでは説明しておりますが、四年ほど前の2016年に経営陣が大きく交代になった事も、若干影響しているのかも知れません。

 約2,800名の会員へは、2月に発行される会報にて告知する予定の様ですが、加盟している公益財団法人日本ゴルフ協会や一般社団法人関東ゴルフ連盟へは、既に届出済みとしております。桜ヒルズゴルフクラブとは、なんともオシャレな名前に変わるものです。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
秋山カントリークラブ
秋山カントリークラブは2年前に経営陣交代

TACT-CHARA_kakochou.jpg 2019年11月に開催されたJLPGA最終プロテストに合格し、2020年1月JLPGAの会員となった安田祐香(やすだ ゆか)選手は、2020年の今月15日に株式会社東急エージェンシープロミックス(代表取締役:内田亮)と、マネジメント契約を締結しました。

 今後は競技外の様々な活動を同社が、支えていく事になりますが、安田選手はこれまでの戦績から今年大いに活躍を期待されているだけに、この様なサポートを受け競技に専念出来る事は、大きな安心感を持てたのでは無いかと思われます。

 安田選手の経歴と簡単ね戦歴は、下記の通りです。
・生年月:2000年12月(19歳)
・出身地:兵庫県
・身長 :164cm
・学校 :大手前大学1年

競技・大会名 結果
2017年 日本女子アマチュアゴルフ選手権競技 優勝
2018年 全国高等学校ゴルフ選手権春季大会 優勝
AUSTRALIA MASTER OF THE AMATEURS 優勝
世界女子アマチュアゴルフチーム選手権 2位
トヨタジュニアゴルフワールドカップ 優勝
全国高等学校ゴルフマッチプレー選手権 優勝
2019年 オーガスタナショナル女子アマチュアゴルフ選手権 3位T
アジアパシフィック女子アマチュア選手権 優勝

 上記の通り華々しい戦歴の安田選手ですが、16歳時より昨年の18歳時までJLPGAツアー20試合へも出場しており、結果は予選落ち1試合のみと言う素晴らしい活躍を残しております。これはトッププロ並みの成績と言っても過言では無く、時には3位タイ或いは単独4位と言う試合もありました。

 この様な逸材ですがプロになったと言う事は、試合を通じ賞金を稼ぎファンサービスやメディア対応も、必然的に求められて来ます。ゴルフファンや関係者から好感を持って受け入れられる、これはプロとして何よりも大切な要素であり、受け答えやファンメッセージを、マネジメント会社より指導を受けられるのは代えがたいものです。

 なお同社では安田選手以外に、吉本ひかる、松田鈴英、吉野茜、熊谷かほの4選手とも契約しております。

TACT-CHARA_22.jpg 静岡県の伊豆大仁カントリークラブでは、2019年10月1日から2020年3月31日迄の半年計画で、正会員の補充募集を行っております。その概要は下記の通りです。

  • 募集会員 個人正会員(資格譲渡可)
  • 募集金額 260万円(預託金150万円+税込入会金110万円)
  • 償還期間 預託金150万円は入会5年経過後に退会手続きと共に返還
  • 募集口数 若干名
  • 入会条件 1、正会員2名の推薦
  • 入会条件 2、反社会的団体の構成員及び関係者で無い事

 当該クラブでは近年2回の募集を経て、今回は3度目と言う事になります。募集金額はほぼ変更無く、有るとすれば消費税のみですので、2016年12月から途中の休憩を挟み不連続に募集を継続していると言えます。この募集の主旨は、退会会員の補充です。

 今回の募集は既に予定期間を半分過ぎた訳ですが、経産省への届け出通り概ね順調に推移している様です。その様な中今回クラブ側が公表した会員数は747名です。2018年3月末に2回目の募集が終了した時点での会員数を、クラブ側では約800名としておりましたので、約50名がこの2年間で退会した事が解ります。

 クラブへ会員権を返納し、預けていた預託金を返還してもらい退会手続きをする会員数が、会員権の名義書換では無い新規入会件数を上回っているのです。会員権の名義書換が順調に推移するならば、会員数の増減は有り得ませんので、退会会員の補充と言う発想も無用なのだと思われます。

 この度の補充募集に付いては成功する事を祈るばかりですが、一段落した時点で今一度会員権市場の整備、この作業が当該クラブには求められているのだと思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
伊豆大仁カントリークラブ
伊豆大仁カントリークラブでは2017年12月1日より追加募集中

福岡県の会員権相場が上昇

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_5.jpg 九州エリアである福岡県のゴルフ会員権相場、その一部コースに於いて値上がりが顕著に見て取れます。これは当然福岡県全般に当てはまる訳では無く、下記の様な以前より評価の高かったコースに限定された現象です。

・福岡カンツリー倶楽部(和白)
・芥屋ゴルフ倶楽部
・小郡ロイヤルメンバーズクラブ
・志摩シーサイドカンツリークラブ

 これを検証する為、芥屋ゴルフ倶楽部の値動きを、若干追ってみたいと思います。当該倶楽部の会員権相場は、バブル経済期の最高値をピークに以降下降曲線を描き、ボトムは2011年、2012年、2013年の数年だったと言えます。ここが底値圏として形成されており、その相場の中値価格は130万円ほどでした。

 ところが6年ほど経過した昨年2019年の中値価格は350万円ほどであり、底値圏からは約200万円上昇した事になります。5年から6年をかけ徐々に上昇した様でが、感覚的には常に品薄感があり、需要に対し供給が追い付かない状況なのだと思われます。

 この辺の様子を地元の会員権業者に伺ったところ、「売買件数はそれ程多く無いものの、売り案件が出て来ると短期間に成約する」様で、会員権価格に関する交渉も買い手より無理な下げ希望無く、自然にまとまって行くとの事です。買い手は地元の法人が多く、その企業業績の良さと優良クラブ会員権の安値感が、購入動機になっているものと思われます。

 先ほどの業者によれば、「優良コースが本来有している内容を、ユーザーに正当評価されてきた結果」との事です。しかしひとたび関東圏に目を向けるならば、その様な会員権銘柄が少ないだけに、インフレ経済とは言えないこの時代に於いて、珍しい現象の様にも思われます。

 ゴルフ業界特に会員権業関係者にとって福岡県のこの動向を、一地方の単なる経済現象として、見過ごしてはいけないのではないでしょうか。此処にはゴルフ会員権に関わる環境を大きく左右する、示唆に富んだ内容が含まれている様にも思われます。今後も大いに注目して行く必要が有ります。

サントリーと渋野日向子選手が所属契約

  • 投稿日:
  • by

20200114tact_110.jpg 2019年12月下旬より話題になっておりました、女子プロゴルファー・渋野日向子選手の新所属先が、本日2020年1月14日明らかになりました。これは渋野選手を獲得したサントリーホールディングス株式会社が、同日都内会場にて報道陣を集め発表したものです。

 正式な所属は2020年2月からですが、これは1月末まで現在の所属先であるRSK山陽放送との契約が、残っている為です。なお渋野選手のコメントは、下記カッコ内部分です。

「 この度、日本を代表するグローバル企業であるサントリーさんに所属契約という形でサポートして頂くことになり、大変光栄に思います。サントリーさんは、30年以上にわたりゴルフトーナメントを開催し、ジュニアゴルファーの育成にも大変力を入れられていて、とても共感しております。
私もゴルフを通じ、たくさんの子ども達に夢と笑顔を届けられるように、これからも努力を続けて行きます。」

 2月からはサントリーの渋野として試合を戦って行く訳ですが、実質プロ1年生として戦った昨年2019年の優勝を、今一度おさらいしておきたいと思います。その概要は下記の通りです。

  1. ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ
  2. 資生堂 アネッサ レディスオープン
  3. AIG全英女子オープン
  4. デサントレディース東海クラシック
  5. 大王製紙エリエールレディスオープン

 更に国内賞金ランキングでは鈴木選手に次ぐ2位、メルセデス・ランキングは堂々の一位を獲得しております。関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
渋野日向子選手全英女子オープン優勝

富士CC_tact.jpg 静岡県の富士カントリークラブでは新年に入りクラブ会報にて、入会保証金を毎年2,000万円から3,000万円返還している事を明らかにしました。当該クラブでは入会手続き時、名義変更料とは別に入会保証金を、入会者はクラブへ支払う必要が有ります。

 1968年1月から30万円で始まったこの制度は、2004年5月から2014年3月迄の10年間ほど、徴収していなかった時期があるものの、創設時より数え金額を5度変更し今日に至っております。現在は2018年4月より名義変更料減額キャンペーンを行っている関係から、この入会保証金を便宜的に徴収しておりません。

 新規入会者が有ったとしても入会保証金は入って来ない中、株券返納会員や退会会員へは、彼らが保有していた入会保証金を、クラブは返還してきました。この金額が上記金額になる訳です。この様な自助努力を続けると共に、昨年度の営業利益は黒字になると予想しています。

 そもそも入会保証金とは、会員が亡くなった様なケースでクラブへの未納金などが有った場合、預かっている入会保証金から充当し清算しよう、等と言う発想で設けられたものの様に思われます。その金額がコロコロと変わった事により支払い差額が生じ、時にはクラブの台所を苦しめています。

 入会保証金と言う考え方そのものは、当然クラブ運営をして行く上で考えられるものですが、これは少額で低額で在るべきと思われますで、キャンペーンを長期に渡り継続して頂ければ、時間の経過と共にいずれ300万円と言う高額面は、無くなるのだろうと思われます。

 それにしても会員権が1万円でも売れない現状は、はなはだ嘆かわしいものであり、当該クラブの素晴らしさを多くのゴルファーへ訴求出来ていないのは、大変残念な様に思われます。会員権価格上昇へ向けた、抜本的な対策は有るものでしょうか。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富士カントリークラブ
富士カントリークラブは名義書換料減額キャンペーンが好調