埼玉長瀞GC_tact.jpg 埼玉県の埼玉長瀞ゴルフ倶楽部の資産保有会社である株式会社緑友会(以下緑友会)は、2018年8月2日さいたま地裁より破産開始決定を受けました。東京商工リサーチの情報によれば、負債総額は約88億円との事です。

 緑友会は2003年4月より当該ゴルフ場の運営を株式会社さいたまリゾート産業へ業務委託しておりましたが、売上の減少と会員からの預託金返還請求が経営を圧迫しておりました。これらの要因が複雑にからみ、立て直し案をなかなか見いだせなかった中、第三者による破産申し立てを誘発する事になったと思われます。

 債権者説明会は2018年12月4日を予定しておりますが、緑友会の持ち得る資産はほとんど見当たらない様であり、債権者への配当も困難を極める可能性が高いものと思われます。なおこの度破産管財人へ選任されたのは、青山隆治弁護士(南浦和法律事務所_さいたま市南区南本町1-16-9 / TEL048-866-9708)です。

 今後どの様な形でこの度の破産事件が、終結して行くのでしょうか。多くの地権者の利害が関係する事から、単純にゴルフ場としての再建案が、方向性として出されて来るとは言えない状況です。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
埼玉長瀞ゴルフ倶楽部

磯子カンツリークラブの法人会員

  • 投稿日:
  • by

磯子CC_tact.jpg 神奈川県の磯子カンツリークラブでは2018年8月現在、約70社の法人会員が在籍しております。法人会員となる為には、個人正会員権2口を市中より取得する事で、入会申請が可能となります。

 法人会員の入会資格に付いては、特段高いハードルを設けていません。とは言え入会に当たり理事の推薦が無い場合、入会登録者の面接は必須となっており、クラブではこの点を大変重要視しております。形式的なものよりは、内実を重んじていると言えます。

 理事会審査で入会承認されますと、法人は個人正会員の2口分に当たる費用を負担する事になります。名義書換料が400万円と消費税、入会預託金が1,000万円の合計1,400万円ほどをクラブへ納入する事になります。この様な手続きを経て法人会員となるのですが、実際のプレーヤーである登録者数は、1社で複数口を所有しているケースもある事から、約140名以上と言う事になります。

 ちなみに2018年8月時点に於ける会員権市場では、当該正会員権への買い希望多く、売却案件が少ない状況となっております。複数口を取得後に法人会員とするのか、単に一口のみを取得したいニーズなのかは、推し量る事は出来ませんが、人気に陰りが見えない同クラブの会員権動向です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
磯子カンツリークラブ
磯子カンツリークラブの年会費は年間12,000円

PGA TOUR Champions Logo.jpg 2019年6月7日~9日までの3日間、千葉県の成田ゴルフ倶楽部に於いてPGA TOUR チャンピオンズの『Mastercard Japan Championship』が、開催される事になりました。PGA TOUR で大活躍した強者共が、チャンピオンズへ戦いの場を移し、2年前に同ゴルフ場で開催された『JAPAN AIRLINES Championship』の再演とばかりに、大暴れする事と思われます。来年の試合概要は下記の通りです。

  • 大会名称 Mastercard Japan Championship
  • 主催   PGA TOUR チャンピオンズ
  • 特別後援 公益社団法人日本プロゴルフ協会
  • 開催場所 成田ゴルフ倶楽部(成田市大室127_TEL0476-36-0111)
  • 開催日程 2019年6月7日(金)~9日(日)
  • 競技方法 54ホールズ ストロークプレー
  • 出場人数 68名(60名+招待選手8名)
  • 賞金総額 250万ドル

   C・モンゴメリー.jpg  トム・ワトソン.jpg
    C・モンゴメリー選手(主催者提供)    トム・ワトソン選手(主催者提供)

 マスターカードはこれまでPGA TOUR、PGA TOURチャンピオンズ、Web.com Tourの公式クレジット決済パートナーを務め、アーノルド・パーマー・インビテーショナルのスポンサーともなっております。そのマスターカードが今大会のタイトルスポンサーになる事が、2018年8月14日決定したのです。

 出場選手は遅くとも来年の5月に入り発表される事と思われますが、招待選手8名へは多くの日本人プレーヤーが選出される事を期待したいと思います。日曜日に最終日を迎える事と開催場所が成田と言う点を加味するならば、多くのゴルファーが観戦出来る可能性が有ります。是非レジェンズに伍して戦う、日本人プレーヤーの活躍を見たいものです。

 なおPGA TOURチャンピオンズとは、世界ゴルフ殿堂入り35選手を含む50歳以上のプロゴルファーによる会員組織です。今年2018年のスケジュールは、米国、スコットランド、カナダで27トーナメントが開催され、その賞金総額は5,600万ドル以上になっております。

茨城ゴルフ倶楽部の法人会員権

  • 投稿日:
  • by

茨城GC_tact.jpg 茨城県の茨城ゴルフ倶楽部では現在、個人名義の会員権を取得し、法人名義へ変更する事は出来ません。とは言え法人による需要が高いのも事実であり、あくまでも法人名義で入会せざるを得ない場合は、市中に於いて法人名義の売却案件を手当てする事になります。

 法人会員数は2018年8月時点で、正会員及び平日会員(火曜日~金曜日)を合わせ約350社です。法人会員が登録者を変更しようとする場合、その料金は10万円と消費税で済みますし、この手続きを行う過程で、既存会員へ入会の為の推薦を新たにお願いする必要もありません。容易く登録者を変更出来る点が、この会員権の特徴でありメリットと言えます。

 この法人会員権は容易に入手出来るものなのかと言えば、なかなか入手出来ないのが現状です。まず価格が高いのです。例えば正会員の場合、個人に比べ1.5倍が一つの目安です。これはあくまでも目安であり、机上の計算通りに運ばないのが常です。倶楽部関係者によれば年間数件の、法人名義から法人名義への書換が有る様です。中には数年待って入手したケースもある様ですから、何よりもタイミングが左右するのかも知れません。

 入会する法人会員の資格は上場か準ずる企業との事ですが、これ以外の企業に付いては、当該会員権取得前に事前審査を倶楽部では奨めています。ちなみに既存の法人会員の中には、1社で8口ほど保有している企業もある様です。法人会員と言えど個人会員権を取得し、法人名義へ変更する事は出来ませんので、買い増しをする為にはあくまでも、新たに法人名義の会員権を取得する必要が有ります。

 この様に見て来ると当該倶楽部の法人会員になる為には、ハードルが高くコストもかさむ事が理解出来ます。しかし法人にとって管理し易く利便性の良さは、大きな購入動機にもなっていると言えます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
茨城ゴルフ倶楽部
茨城ゴルフ倶楽部の女性(婦人)会員権

PGMロゴ.jpg PGMグループの千葉竹岡ゴルフ株式会社と富津田倉ゴルフ株式会社の両社は、2018年7月25日付け官報で合併する事を公告いたしました。存続会社は千葉竹岡ゴルフ(株)になります。

 千葉竹岡ゴルフ(株)が経営するゴルフ場は、2017年8月8日に隨縁グループより取得した、現在パブリック制で運営している<東京ベイサイドゴルフコース>です。また富津田倉ゴルフ(株)が経営しているゴルフ場は、森永製菓(株)より2017年7月1日に取得した現在の南総ヒルズカントリークラブです。

 PGMグループは両ゴルフ場を取得し約1年が経過しますが、合併する2法人はそれぞれの役割を消化し、経営の効率化へ向けた次のステージへ進む事になったのだと言えます。ちなみに効力発生日は、2018年10月1日としております。

 両ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
南総ヒルズカントリークラブ
『エンゼルカントリークラブ』をPGMグループが取得へ
PGMグループが隨縁カントリークラブ竹岡コースを8月8日取得

我孫子GC_tact.jpg 千葉県の我孫子ゴルフ倶楽部では2018年8月現在、女性会員は正会員と週日会員及び家族会員を合わせ、約100名が在籍しております。同倶楽部のこれらの会員権種別に於いて、市中で売買の対象になるのは正会員のみです。

 2007年11月末以降同倶楽部では、女性の新規入会を受け付けて来ておりませんので、女性から男性への名義書換による減少、或いは週日会員及び家族会員の退会等により、2009年4月に約150名が在籍していた女性総会員数も、上記の通り減少し今日に至っております。

 女性入会に関する規定は、同倶楽部の規約には明記されていないとの事から、理事会決議にてその動向が決まると言えます。現時点で全会員種別で新規に女性を受け入れていないのですが、何時再開されるかは理事会のみぞ知るところです。

 女性用施設に関し問題点などが、取り上げられた事も無い事から、受け入れ自体は可能の様です。会員権市場の活性化と言う観点からは、女性の入会が再開されたならば、今以上に会員権の買い希望が増加する事と思われます。女性ゴルファーにとっては、吉報が待たれます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
我孫子ゴルフ倶楽部
我孫子ゴルフ倶楽部は2015年9月より入会に関し事前審査方式を採用

箱根CC_tact.jpg 神奈川県の箱根カントリー倶楽部では当該倶楽部の会員権譲渡に当たり、現会員である名義人が譲渡書類として添付する印鑑証明書に付いて、その期限を発行日より6ヶ月間有効とし、従来内容で有る3ヶ月間から改定しました。

 この適用は2018年7月5日からですので、既に開始されております。この度の措置は、2018年6月の同ゴルフ場経営会社の株主総会において、株券不発行会社へ移行する事が決議され、それに伴う一連の流れのものなのです。

 従来からも名義人の印鑑証明書発行日に付いて、原則として3ヶ月としていたものの、同倶楽部によれば柔軟に対応して来たとの事です。今後は6ヶ月間へ改定された事から、市場に於ける流通も格段に増して行くものと思われます。

 実務的には当該倶楽部所定の用紙である<株式名義書換請求書>へ、譲渡人及び譲受人がそれぞれ署名捺印する必要が有ります。此処へ押印される印鑑は実印であり、その意思確認手段として印鑑証明書の添付が求められるのです。ちなみに入会者側書類の期限も半年です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
箱根カントリー倶楽部
箱根カントリー倶楽部は株券電子化へ

 静岡県の葛城ゴルフ倶楽部では今年2018年も8月1日より、正会員の補充募集が開始されました。そして約1週間が経過した今日、入会申込書はほぼ定数に達した事から、新規での入会受け付けを中止している状態との事です。募集概要は、下記の通りです。

  • 募集会員 正会員(個人、法人一名記名)
  • 募集金額 6,296,000円(税込登録料1,296,000円、保証金500万円)
  • 募集口数 25口
  • 入会条件 同倶楽部会員1名の推薦
  • 募集期間 2018年8月1日~同年11月30日まで(定員に達し次第締め切り)
  • 募集窓口 同倶楽部事務局 TEL0538-48-6113

 2012年より開始された退会会員を補充する為の募集ですが、今年で7年連続と言う事になります。正会員と共に平日会員を同時に募集した2012年のみ、平日会員の募集に苦戦した経緯を持つものの、正会員に関しては毎年成功裏に終結しております。

 そして今年も又1週間ほどで25口を集めきると言う、驚異的なスピードで会員募集が推移しております。今後約2週間に及ぶ入会希望者の場内掲示、更には理事会審査などを経て、11月には予定通り終了する事と思われます。今年も又8月1日から既存会員権の名義書換は停止になっておりますが、11月に募集業務が終了すると共に再開されるものと思われます。

 現会員の退会手続きは、倶楽部へ預託金の償還をもって終了し、そして減少した会員数を倶楽部では補充募集するという図式が、この7年間成り立っており、会員権市場を通じての売買が極端に減少している様に思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
葛城ゴルフ倶楽部
葛城ゴルフ倶楽部では今年も8月より補充募集開始

浜名湖CC_tact.jpg 静岡県の浜名湖カントリークラブで会員権売買の対象になるのは正会員のみですが、この正会員権は2株券一枚によって構成されております。この会員権の名義書換手続き時に、同クラブでは名義人の印鑑証明書を基本的に求めていません。

 これには前提条件があります。それは倶楽部所定の譲渡書類などへ、名義人がクラブへ届け出た登録印で捺印している事です。しかしながら名義人が登録印を確認出来ない時などは、名義人である会員がクラブへ請求したならば、登録印を確認出来る印鑑票のコピーを即座に送ってもらえます。

 この様な作業を経てもなお名義人が登録印を確認出来ない場合クラブでは、関係書類へ実印で押印し印鑑証明書を1通添付する事を名義人へ求めています。とは言え地元浜松の方同士が、同クラブ会員権を相対で取り引きする時などは、登録印などを確認する事無く、また印鑑証明書などは添付せずに行われている様です。お互いナーバスになる事は無い様です。

 この様なおおらかな逸話がある程同クラブの会員権に対し、地元では安心感が広がっているとも言えます。基本的に譲渡を検討している現会員が用意しなければならないのは、1.株券と2.クラブへ届けた登録印の2点のみと言う事になります。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
浜名湖カントリークラブ
浜名湖カントリークラブは発電事業へ取り組む

総成CC_tact.jpg 千葉県のレイクウッド総成カントリークラブでは、2年ほど前の2016年4月1日より開始した有期正会員の募集を、2018年7月11日定員に達した事から打ち切りました。

 終了後間もなくは散発的な問い合わせが有ったものの、クラブ側による受け入れは適わず、同クラブ会員並びに関東ゴルフ会員権取引業協同組合へ、終了した事の告知をしました。経産省への届け出に基づいて行われた会員募集ですので、その枠を逸脱する様な行為は許されるはずも無く、法令遵守の姿勢を貫き通したと言えます。

 この会員権の特徴は、会員資格が10年間に限定されており、第三者へ譲渡出来ない事です。限られた期間とは言え、ゴルフ場施設の使用権利や競技会などへの参加資格は、一般の正会員と何ら差はありません。権利と義務に差が無いのです。

 当該募集が開始された当初は、募集金額が100万円と消費税という安価な事も有り、同クラブ会員の紹介により入会希望者が多く、書類整理に忙殺される日々だったとの事です。しかしながら2016年暮れから2017年初春にかけては一時的な閑散期を迎え、スタッフは危機感を覚えた様です。

 その後は月間7~8件のペースで復調したとの事ですが、入会者の特徴としては既存会員の友人や知人で、とにかく若い方々が多かった様です。女性の入会に関しては正確では無いものの、2割ほど占めた様に思われるとの事です。

 全社的一大事業として取り組んだ当該会員募集ですが、スタッフは常日頃来場者へソフトな接触に努め、尚且つ来場者の情報分析を怠らなかった事が、この度の好結果へ導いた一要因だった様にも思われます。正確な総括が待たれるところですが、同クラブは現在大変活気が出て来たとの事です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
レイクウッド総成カントリークラブ
レイクウッド総成CCは5月末より外国人を会員として受け入れ