静岡県の富士カントリークラブ(以下富士CC)では2017年4月1日より入会保証金の返還について、新たなるシステムで望む事になりました。これは同年3月に開催された、理事会にて決議された内容との事です。入会保証金とは当該クラブへ入会手続き時に、名義書換料とは別に入会申請者が支払ったお金の事です。これは支払った会員が将来退会時に、クラブより返金される事を約束された性格のものです。

 これまでは入退会の手続き時に一括で返金してきた富士CCですが、4月以降は分割にて返金するとしたのです。その返金内容は、下記の通りです。
1.100万円以下は一括返金。
2.150万円は初年度100万円、次年度50万円。
3.200万円は初年度100万円、次年度100万円。
4.300万円は初年度100万円、次年度100万円次々年度100万円。

 富士CCでは1968年に30万円をもって導入開始された同制度ですが、様々な金額の変遷を経て2004年5月には一旦この制度を廃止しておりました。しかしながら10年後の2014年4月には復活させ、今日に至っておりその金額は30万円です。この金額では入会保証金返金の原資として、いかにも心細いものであり充分では有りません。

 富士CCが入会保証金を分割で退会者へ返金すると言う事は、とりもなおさず資金不足である事を露呈したに等しく、この様な事態を招いた要因の一つには、入会保証金の額を時代の移り変わりと共に変化させて来た事だと言えます。一貫して30万円にて変動が無ければ差額が生じる事も無く、その返金原資は次の入会者より調達出来る訳ですから、この様に苦しむ事は無かったと言えます。

 この度の入会保証金返金対象者は、新規入会者へ自らの会員権(当該クラブでは株券)を譲渡し、名義書換手続きを行う事が出来る会員のみです。これが大前提であり入会保証金所有会員が、クラブへ単に退会届を提出すると言う手続きで事態は進展しません。では年間どれ程の名義書換件数が、有るものでしょうか。

 法人内の登録者変更手続きを除いた場合、恐らく年間を通じてそれ程多く無いだろうと予想してしまうのは、会員権市場の動向から充分判断出来るからです。これでは退会を希望する会員の意にそぐわないばかりで、流通が阻害されていると言われても、何ら反論出来るものでは無いと言わざるを得ません。

 クラブでは本年6月末まで65万円と消費税にて会員募集を行っていますが、会員権を市場から取得して入会手続きをする場合、クラブへの支払金額は110万円と消費税になります。流通している会員権価格を1万円と見積もったとしても、総額の入会コストは会員募集の方がとても安価なのです。この逆転現象は何を意味しているのかと言えば、クラブ自身が入会者によるクラブへ支払う適正金額は65万円だと、自ら宣言している様なものです。

 会員権の流通を促進させクラブを活性化させていく為には、新規入会者によるクラブへ支払うコストを軽減させて行く事であり、この内容を朝令暮改的に安易に改定しない事が大切だと言えます。クラブの年間予算から逆算して、名義書換料は幾らで無ければならない等と言う机上の計算では無く、現実を直視した改定が今求められていると言えます。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富士カントリークラブ

 茨城県の城里ゴルフ倶楽部では、2017年の今年に入り早々会員権の名義書換料を改定しました。正会員一口の名義書換料は従来税別50万円でしたが、これを15万円と消費税としたのです。35万円も安くなりました。かつて当該倶楽部の書換料には、他倶楽部では見る事の出来ない様な特色がありましたが、それは書換料50万円の内訳をみる事で確認出来ます。

  1. 名義書換料(15万円+消費税)
  2. 入会保証金(20万円)_この金額は退会時に倶楽部より返金される、いわゆる預託金です。
  3. 予納金  (15万円)_一般的に聞きなれない単語ですが、これが最大の特徴です。

 予納金とは1回のラウンドにつき3,000円がプレー代金に充当され、50ラウンドをもって完全に消化されるシステムの金額を指します。会員になり少なくとも50ラウンドしなければ、消化不良となってしまうのですが、会員からすれば「必ず50回は来て下さい」と倶楽部より言われている様なものでした。

 この度従来からの上記内容を整理し、単純に名義書換料のみへ一本化したのです。当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
城里ゴルフ倶楽部

ISPSハンダマッチプレー選手権開催について

  • 投稿日:
  • by

ISPSハンダマッチ_20170621-3.jpg 2017年6月21日一般社団法人国際スポーツ振興協会(以下ISPS)と一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は、東京都内において今夏8月1日より開催されます『ISPSハンダマッチプレー選手権』の概要を明らかにしました。会見にはISPS半田晴久会長とJGTO大西久光副会長をはじめ関係者4名が出席すると共に、ISPS所属プロである谷原秀人、藤本佳則の2氏が同席しました。

 この大会を今年から始める動機になったのは、ネスレ日本株式会社の高岡社長が昨年の『ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯』開催時に、「マッチプレーの灯を消さない」と語った事に端を発していると半田会長は明らかにしました。世界で活躍する為にはストロークプレーにもマッチプレーにも強くなる必要があり、この大会からその様な選手を輩出して行きたいと共に、JGTOとタッグを組む事により男子ゴルフ界を活性化して行きたいと、大会への熱い思いを半田会長は語りました。

 大会賞金総額は2億1,000万円で優勝賞金は5,000万円になりますが、この賞金の一部はJGTO選手の年金基金へ組み込まれる事が明らかにされました。出場選手選出についてはスポンサー推薦も無く、大会関係者によりあみ出された「ISPSハンダマッチプレー選手権ランキング」を基にして、96名が選ばれるとしております。

 JGTOを代表して大西副会長はこの様な大会を開催出来る要因として、JGTOツアースケジュールの中でオープンウイークが有った事と、開催会場となる浜野ゴルフクラブが2週間に渡りコースを貸し出してくれた事だとしました。

 また今大会の特徴を、次の様に指摘しました。一番目は7日間に渡り106マッチが行われる大会は、世界にも例を見ないのでは無いかと言う事、二番目として初日と2日目の開催についてチケット販売をしない事、三番目として初日50台2日目100台の一般ゲスト招待用駐車スペースをクラブハウス前に設け、クラブハウスへの出入りを可能とした事、四番目として試験的に初日と2日目の試合観戦用ローピングを止めた事、五番目として一時間の録画放送が6回放映される事などだとしました。

 大きな改革無くしてゴルフ界は活性化して行かないと、力強く語る大西副会長の話はとても説得力のあるものでした。この大会がゴルフ界へ、どの様な動きをもたらす事が出来るのか、大いに注目されます。

 『平成29年度関東倶楽部対抗』の決勝が2017年6月19日(月)、茨城県の茨城ゴルフ倶楽部東コースと西コースを舞台にして開催されました。関東48倶楽部288名の選手が、AクラスとBクラスにそれぞれ分かれて戦われ、結果は千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブが優勝の栄冠を手にしました。

 同クラブの優勝は3年ぶり5回目となりましたが、阪田哲男監督曰く「打倒!東千葉CC」を目標に競技を楽しもうと、選手を送りだせた事が勝因だったのではと、試合を振り返りコメントしております。

 この度の決勝では様々な記録が飛び出したのですが、その一つに2選手が東コースでエージシュートを達成した事が上げられます。69歳になる茨城ゴルフ倶楽部の富田文雄選手が67打、富士チサンカントリークラブの小林祺一郎選手が78歳にして75打でラウンドしたのです。また東コースの13番・パー3ホールでは、唐沢ゴルフ倶楽部の佐藤友久選手がホールインワンを達成しました。

 なお優勝から10位までの倶楽部は、下記の通りです。

順位 倶楽部名 スコア
優勝 袖ヶ浦カンツリークラブ 289
2位 平川カントリークラブ 295
3位 東千葉カントリークラブ 296
4位 茨城ゴルフ倶楽部 296
5位 岡部チサンカントリークラブ 300
6位 ディアレイクカントリー倶楽部 301
7位 塩原カントリークラブ 301
8位 ゴルフ5カントリーサニーフィールド 301
9位 総武カントリークラブ 305
10位 加茂ゴルフ倶楽部 305

 2017年6月15日(木)~18日(日)までの4日間、アメリア・ウィスコン州のエリンヒルズ(7,741ヤード_パー72)で開催された第117回全米オープンは、アメリカのブルックス・ケプカ選手の優勝で幕を閉じました。同選手の4日間合計16アンダーは、他の選手を寄せ付けない圧倒的な勝利だったと言えます。

 日本の期待を一身に背負った松山英樹選手は、ケプカ選手と4打差の2位タイにて終戦したのですが、いわゆるゾーンに入ったとも思えるケプカ選手に対し、それに食らいついていき戦う姿勢を貫き通しました。3日目終了時点で同選手は、伸び悩み首位戦線から脱落したかのような成績と順位でしたが、「ここで諦めたら上には行けない、明日ビッグスコアを出せば優勝争いが出来る」とコメントし、PGA TOUR を戦う者の心情を吐露したのです。

 これは単なるビッグマウスとは異なるもので、結果はその通りになりました。最終日に日本のゴルフファンは、テレビに限らずあらゆる情報源から同選手の活躍に一喜一憂しました。この度の松山選手の活躍に対し日本のゴルフファンは、メジャー優勝を身近にとらえられたのでは無いかと思えると共に、それは決して夢じゃない目標なのだと感じられたのでは無いでしょうか。

 ところで日本からは松山選手の他6名の選手が参戦しました。この6選手とは既に参戦が決まっていた池田勇太選手と谷原秀人選手に加え、5月22日小野ゴルフ倶楽部で開催された予選会を勝ち上がった 1.小平智 2.今平周吾 3.C.キム 4.宮里優作の4選手でした。この中で決勝へ進出出来たのは、小平選手と宮里選手のみでした。3選手の成績と順位は、下記の通りです。

選手名 1日目 2日目 3日目 最終日
松山 英樹 +2 -7 -1 -6
81T -5_8T -6_14T -12_2T
小平 智 +1 -3 +1 +4
63T -2_24T -1_35T +3_46T
宮里 優作 0 -2 +4 +7
44T -2_24T +2_51T +9_60T

 なお2日目を終了した時点で、昨年の同大会チャンピオンであり世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン、2位のロリー・マキロイ更には3位のジェイソン・デイ3選手が予選落ちとなってしまったのですが、これはメジャー史においても珍事として話題になりました。

 栃木県の唐沢ゴルフ倶楽部(以下唐沢GC)は2017年6月20日より、会員権の名義書換を再開します。昨年2016年12月下旬よりこの名義書換を、停止して来ましたので約半年ぶりになります。この間当該倶楽部では預託金制倶楽部より、一般社団法人制倶楽部への移行手続きを行っており、2017年3月30日をその設立記念日としております。

 唐沢GCがこの様な一般社団法人化を目指した背景には、預託金の償還問題がありました。この問題にメスを入れる事無く経営会社の存続は困難であると感じた首脳陣は、2016年夏頃より本格的な動きを見せ始め、この根本的な現時点での解決策は一般社団法人化以外に無いと言う結論に至ったのです。

 再建方針が決まった秋以降首脳陣は、賛同会員300人を固める事に奔走しました。これは支援者側から提案された一戦術だった訳ですが、後にこの300名リストを見せられ移行への同意を求められた会員からは、違和感を覚える趣旨の声が上がったのも又事実でした。なぜならば倶楽部を思う気持ちは、大なり小なり皆同じであり、何故自分への相談が後回しになったのかと言う不快感だったと言えます。

 この様な経緯をたどりながらも首脳陣が、手ごたえを掴み始めたのは今年に入ってからの様です。唐沢GCによる一般社団法人化は、法的手段による解決策では無く、出血を最小限にとどめ倶楽部を存続させていく、ある意味無血革命に近いものがあったと共に、これにより倶楽部再建へ向けた道筋をつけられたとも言えます。この度の出来事はゴルフ場再建へ向けた一つのモデルとして、今後預託金問題で悩む全国ゴルフ場の参考になっていくものと思われます。

 ところで会員権の名義書換については、2017年12月末までの限られた期間ですが、手続き料金を半額にして対応するとしております。正会員は30万円と消費税、平日会員は125,000円と消費税です。当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。

唐沢ゴルフ倶楽部

 2017年6月14日~16日までの3日間、茨城県のザ・ロイヤルゴルフクラブを舞台に開催されたチャレンジトーナメントの第5戦・『ザ・ロイヤルゴルフクラブチャレンジトーナメント』は、トータル6アンダーで大槻智春選手が優勝しました。この優勝で獲得した優勝賞金234万円により、大槻選手はチャレンジの賞金ランキングも、1位の星野選手に約10万円差で2位へジャンプアップしました。

 今シーズンに入り大槻選手は、チャレンジ4戦とレギュラーツアー1戦の合計5戦を戦い抜いてきておりますが、目立った戦績に恵まれず『日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯』において29位タイへ入った点が、記憶に残るところです。この度の優勝で同選手は、7月6日より開催されるレギュラツアー・『長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ』への出場権をも獲得する事が出来ました。

 東京レジャー開発株式会社が主催し日本カバヤ・オハヨーホールディングス株式会社が特別協賛にまわった今大会は、開催コースがモンスター級と言う事でも話題になりました。このコース総距離は8,024ヤードあり、従来のトーナメントでは考えられない長さです。更にパー72に対して3日間の平均ストロークは74.192だった事からも、如何に難易度の高いコースであるかが解ります。

 このコースに挑んだ144名の選手中、初日アンダーパーで回って来たのは17選手のみでしたが、3日間終わってみれば決勝を戦った73選手中6名のみがアンダーパーでした。その様な中で大槻選手が出した6アンダーは突出しているのですが、9割以上の選手が大苦戦したのです。

 来年から3年間レギュラーツアー・『━全英への道━ ミズノオープン』は、当該コースにおいて開催される事が決まりましたが、長渡譽一氏が設計した<世界基準のコース>へ、今度はレギュラーツアーを戦う選手が挑む事になります。どの様な結果が待ち受けているのか、多くのゴルフ関係者が注目しております。

 2017年3月23日上場廃止となりました株式会社アコーディア・ゴルフ(以下アコーディアゴルフ)は、株主である株式会社MBKP Resort(以下MBKP)と合併する事を、2017年5月26日(金曜日)の官報において公告いたしました。

 MBKPはアコーディアゴルフの権利義務全部を承継し存続会社となるのに対し、アコーディアゴルフは解散するとしております。公告期間は1ヶ月間ですから6月末から7月初旬にかけて、登記上の手続きも終了する事と思われます。

 その後存続会社となったMBKPは商号変更し、株式会社アコーディア・ゴルフとなります。昨年からのMBKPによる買収劇は、当初よりここが着地点だったとも言え、この度の合併をもって一連の動きが終結する事になるのではないでしょうか。MBKPの現時点での概略は、下記の通りです。

商号 株式会社 MBKP Resort
本店 東京都港区赤坂一丁目11番44号
設立 2015年6月15日
資本金 203億7,500万円
代表取締役 加笠 研一郎
目的 経営コンサルティング業務 その他

logo_tate20170602_tact-top-thumb-150x131-155[1].jpgのサムネイル画像 PGMホールディングス株式会社(以下PGMH)は、2017年6月15日連結子会社であるパシフィックゴルフプロパティーズ株式会社(以下PGP)と、千葉県の「隨縁カントリークラブ竹岡コース」の保有会社である竹岡ゴルフ倶楽部株式会社との間で、当該ゴルフ場の事業譲渡契約を締結したとして、同日広報を通じて明らかにしました。

 竹岡ゴルフ倶楽部株式会社は会社分割により「千葉竹岡ゴルフ株式会社」を新設し、当該ゴルフ場事業を承継させます。その後PGPが新設会社の全株式を、竹岡ゴルフ倶楽部株式会社より取得するものですが、この譲渡日を2017年8月8日としております。

 この日をもって当該ゴルフ場はPGP保有となり、名称も「東京ベイサイドゴルフコース」へ変更されます。運営はPGMHの子会社である、パシフィックゴルフマネージメント株式会社が行う事になります。ゴルフ場の概略は、下記の通りです。

所在地 千葉県富津市竹岡4277番地の2
連絡先 TEL 0439-67-2611/FAX 0439-67-2612
アクセス 館山自動車道・富津竹岡ICより約3Km
JR内房線・上総湊駅タクシー約10分
フェリー金谷港よりクラブバス約10分
コース 18ホール/6,515ヤード/パー72
設計 大日本土木株式会社
開場 2001年10月2日

 この度のPGMグループによる買収にて、このエリアには同グループゴルフ場が、3コース集中する事になります。総丘カントリー倶楽部と南総ヒルズカントリークラブ(現・エンゼルカントリークラブ)更には東京ベイサイドゴルフコース(現・隨縁カントリークラブ竹岡コース)は、それぞれ至近距離にあり、今後様々なシナジー効果を得られる事と思われます。

 なお当該ゴルフ場はパブリックコースであり、PGMグループではこのスタイルを継承していく予定であり、会員制は検討されていないとしております。

ニチレイロゴ_20170331-tact.jpg JLPGAツアー第16戦の『ニチレイレディス』が、いよいよ明日6月16日開幕します。舞台は千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース(千葉市若葉区)です。

 これに先立ち2017年6月13日同会場において、本戦出場をかけた主催者推薦選考会が行われました。プロとアマチュアの合計55選手が参加する中、上位8名の選手が本戦への切符を勝ち取りました。当日のスコアと8選手は下記の通りですが、(ア)はアマチュア選手です。(敬称略)

  1. 原 英莉花 -4(ア)
  2. 小竹 莉乃 -4
  3. 桑山 紗月 -3(ア)
  4. 平岡 瑠依 -3(ア)
  5. 斉藤 裕子 -2
  6. 小川 陽子 -2
  7. 木村 怜衣 -1(ア)
  8. 長田 若菜 -1

 トップ通過したアマの原さんは、今春神奈川県の高校を卒業したばかりですが、そのコメントは下記の通りです。


このコースは練習ラウンドをした時にティーショットがキーポイントだと思いました。ラフに入ったらグリーンが小さいので難しい印象があったので、徹底してドライバーとスプーンの練習をして臨みました。


 尚、大会では社会貢献活動の一環として、千葉市立大宮小学校の5、6年生を本大会へ招待しております。競技観戦のみならず、中継センターやプレスルーム等と言った舞台裏を見学する事で、全国規模で行われる興行イベントの成り立ちなどを学べ、見識を深め人間形成に役立つと大会主催者は考えております。

 大会開催コースは、次のリンクよりご確認頂けます。袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース