総成_tact.jpg 千葉県のPGM総成ゴルフクラブでは、2020年8月1日より正会員の補充募集を開始する予定です。かつて当該ゴルフ場では旧経営会社時の2016年に、無額面でなおかつ利用期間が10年間と限定された会員権、その名称は「有期正会員」と言うものですが、新規に販売し完売した実績が有ります。

 今回PGMグループとしては初の会員募集に成りますが、その簡単な概要は下記の通りです。

      税込220万円正会員補充募集
募集会員 正会員(個人、法人記名式)
募集金額 税込2,200,000円(入会金+消費税)
募集口数 100口
資格譲渡
募集期間 2020年8月1日から定員に達するまで

 当該クラブの会員構成は2020年5月現在、預託金正会員が817口、有期正会員が202口、平日会員が52口と成っております。27ホールコースと言う規模から見た場合、あまりにも会員数が少ない現状であり、尚且つ会員の高齢化はアクティブ会員の減少となって表面化しております。

 この様な現象を打破すべく設けられた会員募集ですが、2020年明け早々から全世界を脅威に陥れているCOVID_19は、6月に入っても完全にその騒動に終止符を打てない状況であり、苦しい中からのスタートに成ります。しかしながらPGMグループでは会員権業者との協力体制を構築しながら、この募集を完遂させようとの士気が高まっている様です。

 なお既存会員権の名義書換は、募集開始1ヶ月後の2020年9月1日より、募集終了時まで停止になるとの事です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGM総成ゴルフクラブ
PGM総成ゴルフクラブは7月に名義書換料を改定

清川CC_tact-top.jpg 神奈川県の清川カントリークラブでは会員権の売買に当たり、会員である名義人が譲渡書類へ添付した印鑑証明書は、その有効期限を半年間と規定しております。

 但しこれには条件が有り、当該会員権を譲り受けた方が、クラブへ内容証明郵便にて、譲り受けた証を示す必要が有ります。このひと手間を省略する事は出来ないのですが、反面この手続きをしていれば、提出期限に余裕が出来るのです。

 この手続きは古くから当該クラブに於いて採用されている様ですが、大変利便性が高く又会員権の流通を鑑みた場合、スムースに売買が行われている重要な要素にもなっています。

 2020年6月初旬東日本エリアに於いて、印鑑証明書の有効期限を半年以上としているクラブは80、その他共通会員権が1件あります。この様に印鑑証明書の規定を改定するクラブは、年を追う毎に若干ずつではあるものの増加しつつ有ります。

 これは近年会員権価格が安価に成った事から、「会員権詐取」に付いての危惧が、年々薄まって来ている事もその背景と成っています。この様な「会員権詐取」と同等のその他事故もまた、会員権市場に於いてほとんど耳にしなくなっています。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
清川カントリークラブ
清川カントリークラブに於ける推薦保証人

            アースモンダミンカップ2018.jpg
 遂にツアー開幕です。2020年に於けるJLPGAツアーの初戦となる戦いが、『アース・モンダミンカップ』に決まりました。6月3日同ツアー主催者であるアース製薬株式会社は、広報を通じ無観客での大会開催へ向け、準備中である事を明らかにしました。

 COVID_19対策としては、「日本国内プロゴルフトーナメントにおける新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」を基に、万全の感染予防対策を講じるとしております。しかしながら今後政府や自治体の見解、及び国内感染状況の推移によっては、中止せざるを得ない可能性も現時点であるとの見解です。

 なお大会は6月25日から28日までの4日間ですが、この模様はインターネットを通じ、期間中LIVE配信を行う予定との事です。会場は千葉県のカメリアヒルズ・カントリークラブです。

 開催コースに関する概略と関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
カメリアヒルズ・カントリークラブ
『アース・モンダミンカップ』主催者推薦選考会結果

ビジネス教養としてのゴルフ_tact.jpg 『ビジネス教養としてのゴルフ』なるタイトルの書籍が、2020年4月下旬に株式会社KADOKAWAより出版されました。文字通りビジネスマンたる者、ことゴルフに関し最低限この様な事はおさえておきたい、その様な内容が凝縮された本だと言えます。

 難しい内容で満載と言うよりは、実際ビジネスマンとして社交ゴルフを展開する過程で、遭遇するであろう様々な状況、その時々どの様な所作や対応をするべきなのかが、解かり易く解説されています。

 読者は巻頭から最終ページまで目を通すも良く、また目次から自分の疑問への回答ページを索引するもよし、と言う目的に合った読み方も出来ます。ある意味会社の総務部には、1冊常備しておいて頂きたい、社交ゴルフの参考書とも言えます。

 本書は日本ゴルフジャーナリスト協会所属会員を中心に、6名にて執筆されていますが、全体の監修をゴルフプロデューサーの戸張捷氏が行っています。全体は6番ホール、つまり6章で構成されており、その概要は下記の通りです。

・1番ホール ビジネスとしてのゴルフ
・2番ホール 歴史としてのゴルフ
・3番ホール 評価が上がるマナー
・4番ホール 接待がスムーズに運ぶコースでの慣習
・5番ホール 必ず押さえておくべきゴルフのルール
・6番ホール ココで差がつく用具の話

 なお本書は、此れからゴルフに取り組もうとする方にも、大変役立つものと思われます。2020年6月3日現在、アマゾンでも購入可能です。

2020年4月時点での全国ゴルフ場数は2155

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_22.jpg 一季出版株式会社(以下一季)は2020年5月に発行した月刊誌の『月間ゴルフマネジメント6』に於いて、2020年4月中旬時点での全国ゴルフ場数に付いて、2155コースとした調査結果を明らかにしております。

 一季社によればこの数の中には、9ホールコースも入れカウントしているとの事ですが、この9ホール規模のゴルフ場内容は、いわゆるショートコースと言うよりも、ドライバーも使用出来る本格的なものとの事です。

 ゴルフ場数に関する調査では、一季社同様に信用度の高いものとして、一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会(以下NGK)が、毎年10月下旬に発表しているデータが有ります。一足先にNGKへ尋ねたところ、2020年2月末時点での速報値として、更には今後若干修正の可能性を含め、ゴルフ場数を2217としております。

 両社ほぼ同時期の調査ですが、これらには62コースの差が有ります。NGKでは納税している全てのゴルフ場企業を対象にしている事から、あらゆる形態のゴルフ場がカバーされている事と推察されます。これらを総合的に見た場合、全国には2020年春の段階で2217コースがあるものの、いわゆる本格的なゴルフ場は2155コースが存在している、と表現するのが適切なのだと言えるのでは無いでしょうか。

 一季社によれば昨年同時期の調査と比較し、19コースが減少したとしておりますが、この傾向は今後も更に継続されて行くものと予想されます。何時になったらこの減少傾向に、歯止めがかかるのでしょうか。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2019年2月末時点でのゴルフ場数は2,229_NGK調査

戸塚カントリー倶楽部女性会員の現状

  • 投稿日:
  • by

戸塚CC_TACT.jpg 神奈川県の戸塚カントリー倶楽部では2019年11月の理事会にて、女性の会員枠を230名から260名へ30名拡大しました。それは当時慢性化していた女性の入会待機、この動きを解消する事を目的としていました。

 当時約20名の女性が待機していましたが、なかなか欠員が出ない状況下でした。既に会員になられた方のエピソードでは、数年待機しやっと順番が回って来た、と言いう方も居られた様です。驚く事はあっても、決して笑えない悲しい現実でした。

 この拡大策以降待機していた女性の入会申請も順調に進み、2020年5月末時点の女性会員数は240名ほどとの事です。30名の枠拡大と共に、既存会員の女性退会者が若干出た事から、この様な数字になった様です。

 そして現在約20名の空き枠が出来ている事から、今後入会を希望する女性は、戸惑う事無く入会申請出来るまでになりました。倶楽部側にとってもやっと女性のニーズを、スムースに吸収出来る状況になったと言えます。

 当該倶楽部の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
戸塚カントリー倶楽部
戸塚カントリー倶楽部は女性枠260名へ

江戸崎CC_tact-top.jpg 茨城県の江戸崎カントリー倶楽部では、推薦人に関する規定を、3月に開催された理事会にて改定しました。改定内容は以前より厳しいものとなったのですが、その背景には面識の無い方への推薦、名義貸し行為を諫めたいと言う発想から出たものです。

 新たに改定し付け加えられた文言は、「会則第5条の2に記載の債務を有することに同意します」と言うものです。この会則第5条の2とは、次のカッコ内の内容に成ります。「推薦保証人は推薦保証した者が本倶楽部内において行った行為について、責務を有するものとする」。

 つまり会員が推薦保証人となり推薦した人物について終始責任を持ちますよ、と言う意味合いのものをこの文面から読み取る事が出来ます。例えば倶楽部から被推薦人が請求されている金銭的問題であるとか、或いは同倶楽部会員間より指摘されたマナー問題などが、倶楽部を舞台に起こり得るトラブルでは無いかと思われます。

 この様なトラブルに対し、その都度推薦人は倶楽部より意見を求められ、そして被推薦人の素行に付いて改善して行く様忠告するのは、当人同士の関係性にもよりますが、実際大変な話しなのだと思われます。すき好んでこの様な事態になる事を望む方は、皆無なのではないでしょうか。

 実際のところ問題発生時に当該倶楽部が、推薦人保証人へ連帯責任を求める行動を取るか否かは現時点で解かりませんが、少なくとも推薦保証人とは、この様に重い責務を負っているのだと言う事を、入会申請時の書面へ明記し注意喚起したい、これが今回倶楽部の思惑だったと言えます。それにしても厳しい文言になりました。

 当該ゴルフ場に関する概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
江戸崎カントリー倶楽部
江戸崎カントリー倶楽部では5月1日より会員権の名義書換を再開

TACT-CHARA_22.jpg フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社(以下VGJ)は、2020年4月より1年間、男子ツアーにて戦う下記の5選手を、サポート契約したとして5月25日明らかにしました。

  1. 中里光之介(1992年生まれ)
  2. 小斉平優和(1998年生まれ)
  3. 中井学  (1972年生まれ)
  4. 中西直人 (1988年生まれ)
  5. 亀代順哉 (1995年生まれ)

 5選手はVGJより提供されたフォルクスワーゲン車にて、可能な限り試合会場へ移動する事になります。ある意味広告塔としての役割が、彼らに課せられた任務とも言えます。VGJより指名され支援を受ける事になった訳ですから、トーナメントが再開されたならば、是非カッコいい姿を見せて欲しいものです。

 VGJでは2018年より、「フォルクスワーゲン ゴルフ クラブ」(https://www.volkswagen.co.jp/magazine/ja.html)を立ち上げ、ゴルファーへの積極的なアプローチを開始しております。ゴルファーはゴルフ場への移動を、ほとんど自家用車で行っており、VGJでは有望な市場であると分析しているものと思われます。

 同社では昨年の2019年6月1日より7月31日までの2ヶ月間、太平洋クラブとタイアップしたコラボレーション企画であるロングランコンペを、同ゴルフ場15コースを舞台に開催しております。ゴルフ業界へ積極的に関わろうとするVGJですが、何とも頼もしい限りです。

 様々な企業がゴルフ業界へ今後更に参入出来るよう、受け入れ側もしっかりと魅力づくりを、発信して行く必要があるものと思われます。誰か一方のみが得をする図式では、事業の継続性は難しいのではないでしょうか。

ハイツリー_tact-top.jpg 千葉県のゴルフ倶楽部成田ハイツリーでは、2020年3月29日の定時組合員総会及び臨時理事会にて、理事10名が選任された事を、5月に入り明らかにしました。理事の内訳は再任5名新任5名ですが、具体的には下記の通りです。(敬称略)

区分 管掌 氏名
再任 理事長 徳永 良和
新任 副理事長、総務委員会 清原 栄敏
新任 副理事長、総務委員会 菅谷 一博
再任 入会審査委員会 大川 英一
再任 財務担当、競技委員会 辻 俊彦
再任 財務担当、会員委員会 長谷川 寿子
再任 競技委員会 吉原 浩
新任 グリーン部会 上田 和永
新任 総務委員会 櫻井 利栄子
新任 会員委員会 椿 宣一

 なおこの度新任された理事の菅谷一博氏は、運営会社である株式会社ゴルフ倶楽部成田ハイツリーの代表取締役へも、就任したとの事です。ちなみに菅谷氏はゴルフウエアーブランド「ZOY」の創業者であり、40年以上にわたりゴルフ業界に携わってきた方として、倶楽部では紹介しております。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ゴルフ倶楽部成田ハイツリー
成田ハイツリーは3月1日より補充会員の募集を開始

甲斐駒CC_tact-top.jpg 山梨県の甲斐駒カントリークラブは、2020年6月1日をもってシャトレーゼグループ19番目の一員になります。当初の予定では、2020年4月1日にグループ入りする予定だった様ですが、COVID_19の関係から日程がずれたとの事です。

 昨年2019年1年間に於ける当該クラブ会員の大きな関心事は、シャトレーゼの話題に終始しておりました。これを裏付ける様に、昨年会員権の名義書換実績は100件ほど有る中、その中身は会員が友人や知人へアプローチし、自らの会員権を分割した手続きだったのです。

 当該クラブの名義書換は、入会希望者が市中にて会員権を手当てし行う一般的な第三者譲渡と、その他に会員が保有している預託金額を、分割する形で名義を書き換える方法の2種類が有ります。昨年実績のほとんどは、後者の手続きで行われたのです。

 当該クラブでは過去の法的整理を経て、会員が保有する会員権の預託金額は、高くても10万円ほどです。この権を最低額面3万円を基準に、分割する事をクラブは認めていると共に、積極的に推奨もしております。この手続きは通常の名義書換料よりも、10万円安く設定されている点を見ても、一目瞭然とクラブの姿勢を理解出来ます。

 この様な名義書換の動きは、同ゴルフ場がシャトレーゼグループの一員になるのを、多くの会員が好感した事により、沸き上がった現象でも有りました。今やシャトレーゼグループは、山梨県に於ける救世主的存在なのかも知れませんが、多くのゴルファーは安定した企業経営の下で、安心してゴルフを楽しみたいのだとも言えます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
甲斐駒カントリークラブ
甲斐駒カントリークラブを有限会社カイコマが落札