新生『唐沢ゴルフ倶楽部』が船出

  • 投稿日:
  • by

 栃木県の唐沢ゴルフ倶楽部は昨年2016年後半から今年前半にかけ、生みの苦しみを伴いつつもゴルフ場経営会社の法的整理を経る事無く、古い預託金制度へ別れを告げ、新たな一般社団法人制倶楽部として出発致しました。倶楽部では3月の設立総会に続き、2017年6月25日に定時社員総会と理事会を開催し、新たな役員体制が構築しました。

 この度理事18名と監事2名が選出され、20名の新倶楽部役員体制となったのですが、その主要な内容は下記の通りです。

理事長・代表理事 吉澤 慎太郎
副理事長 島崎 陽夫
常務理事・総支配人 栗原 俊行
理事・キャプテン 金子 重雄

 かつての当該ゴルフ場経営会社であった唐沢観光株式会社は、その目的をゴルフ場の施設経営からゴルフ場施設の賃貸及び経営へと変更しており、またこの度の移行劇で、ある意味主役的役割をを演じてきた代表取締役の三村和夫氏は、2017年6月29日に辞任し仕上げを後任の栗原俊行氏へ託す事になったのです。

 三村氏と行動を共にしてきた旧・総支配人の金原睦芳氏は、昨年の12月15日既に取締役を辞任しておりましたが、この間黒子に徹し裏方で三村氏を支えて来ました。三村、金原両氏が自らのクビをかけ、ゴルフ場の古い制度へメスを入れたとも言えます。

 この度の一般社団化を法律面などで支援して来たのは弁護士の船橋茂紀氏でしたが、以前三村氏は当事件帖からの問い合わせに対し、「先生の物事に動じない姿勢が、心の支えになった」と答えていました。新たな船出となった新生『唐沢ゴルフ倶楽部』ですが、一般社団化を更に純化していけるのか、ゴルフ関係者の熱い眼差しが注がれています。

 公益財団法人日本ゴルフ協会(以下JGA)によれば、現在開発中の世界統一ハンディキャップシステムについて、今秋にもその概要を発表出来るのではないかとしております。これは先日JGAへの問い合わせにより、明らかになった点です。

 世界のハンディキャップは現在、1.ゴルフ・オーストラリア 2.英国及びアイルランドのナショナルゴルフ連盟競技会(CONGU) 3.ヨーロッパゴルフ協会(EGA) 4.南アフリカゴルフ協会(SAGA) 5.アルゼンチンゴルフ協会(AGA) 6.全米ゴルフ協会(USGA)と言う6つの異なる組織とシステムにより、判定され尚且つ発行されております。

 これらの異なったシステムを統一し、世界基準へ一本化しようとする動きが、USGAとRoyal and Ancient Golf Club of St Andrews(以下R&A)を中心に2015年から起こっておりました。一本化への動きをスムースにする為USGAとR&Aは、上記のハンディキャップ運営団体とJGA並びにゴルフ・カナダを加えた合同委員会を設立し、コースレーティングや管理運用方法などについて協議を重ねてきております。

 合同委員会は今年中に世界統一ハンディキャップシステム案を発表する予定でしたが、早ければ今秋にも可能性の有る事が解りました。このシステムが完成したならば、世界のアマチュアゴルファーは世界の何処のコースでプレーしようが、自らのハンディキャップインデックスに基づいて、ゴルフを楽しむ事が出来る様になります。

 現在ハンディキャップは世界80ヶ国以上で、1,500万人を超えるアマチュアゴルファーが保有しております。このハンディキャップシステムが一新される事は、多くの恩恵をゴルファーのみならずゴルフ業界へもたらすものと思われます。ちなみに現在の日本は、2014年よりUSGAに準拠したハンディキャップシステムを導入しており、かつてJGAハンディキャップと言われたものは、現在JGA/USGAハンディキャップインデックスと呼称されております。

オオバ+ノーマン_20170718.jpg

 東証一部上場の株式会社オオバとグレッグ ノーマン氏率いるGreg Norman Golf Course Design Pty Ltd(以下GNGCD社)は、2017年7月18日都内会場において、日本のゴルフ場再生へ向け共同でビジネス展開して行く事を明らかにしました。この会見に臨んだのは(株)オオバの代表取締役社長・辻本茂氏と、GNGCD社副社長のクリス キャンベル氏です。

 GNGCD社は世界6大陸34ヶ国で、100以上のゴルフコースデザインを手掛けている、世界有数の設計会社です。この度(株)オオバとゴルフ場の再生事業をすすめるに当たり、同社はその基本的なコンセプトを、1.復元 2.改良 3.活性化 4.価値向上の4点においております。ゴルフ場へのたゆまない投資と管理費などのコストカットは、一見パラドキシカルな命題の様に見えて、必要不可欠なテーマです。この様な問題点を如何に解決していくのか、GNGCD社は明確な回答をゴルフ場オーナーへ提案出来るとしております。

 (株)オオバは日本のゴルフ場がおかれた現在の閉塞的状況をボトムだと認識しており、これ以下は想定しづらく浮上して行く契機はすぐそこにあると分析しています。その要因となり得るのは、ゴルフ市場の大きな発展へ向けた予兆の見えるアジアの動向です。特に日本ゴルフ市場へ雪崩れ込んで来るインバウンドの波は、2013年に1,000万人でしたが2016年には2,500万人へと拡大の一途をたどっています。この波を上手につかみ切る事がゴルフソリューションの一里塚であり、持続可能なゴルフ場へ向けての道が開けてくるとしております。

 両社は日本におけるゴルフ場数の500~700コースが、ソリューションビジネスの対象になるであろうと考えており、数年以内に複数のゴルフ場オーナーと歩調を合わせた作業が出来る様にしたいと、その目標を明らかにしました。

 愛知県の『中京ゴルフ倶楽部石野コース』は、来年2018年1月31日より経営母体が変更になります。現在は中京テレビ放送株式会社(以下中京TV)を親会社としておりますが、将来的にはリソルホールディングス株式会社(以下リソルHD)へ一本化される事になります。

 当該ゴルフ倶楽部は会員制であり、現在約1,000口の会員口数を擁しております。これら会員が有している入会保証金(預託金)については、本年11月末に現経営会社より全額返金される予定であり、これをもって現倶楽部は解散する事になります。

 当該ゴルフ場事業を承継する新経営会社においては、新たな会員制倶楽部として再出発を予定しており、無額面のプレー会員権を発行し会員募集を行う予定だとしております。新経営会社の株主構成は、中京TVが49%、リソルHDが51%と言う内容になり、約2年間の共同経営期間を設けた後の2020年4月1日以降は、完全なリソルHD子会社となります。

 この様な経営母体の変更を経てもなお、当該ゴルフ倶楽部の高級接待コースと言うコンセプトは不変であり、更なるグレードアップを図っていきたいと、リソルHDは広報を通じて説明しております。なお新ゴルフ場運営会社の概要は、下記の通りです。

  • 法人名:中京ゴルフ倶楽部株式会社
  • 役職者:取締役会長_柴垣邦夫(中京テレビ放送株式会社常務取締役)就任予定
  • 役職者:代表取締役社長_大澤勝(リソルホールディングス株式会社取締役)就任予定
  • 登記上:愛知県豊田市芳友町深田510

 『第72回全米女子オープンゴルフ』は韓国のSung-Hyun Park(以下パク ソンヒョン)選手が、最終日に猛烈な追い上げで劇的な優勝を遂げました。同選手の優勝スコアは11アンダーとし、2位のHye-Jin Choi(チェ ヘジン)選手に2打差をつけるものでした。同選手はアメリカ女子ツアー初優勝が、メジャーでの優勝と成りました。

 パク選手は1993年9月生まれの23歳です。両親の勧めでゴルフを始め、2012年にプロ転向しておりました。172センチの恵まれた体格とクセの無いスムースなスイングから繰り出されるドライバーの飛距離は、今大会平均256.09ヤードを記録し決勝ラウンドを戦った62選手中2位となっております。

 優勝の本命として初日から首位を独走し、安定したゴルフを展開していた中国のShanshan Feng(フォン シャンシャン)選手は、15番ホールからするすると抜け出した前の組のパク選手をとらえ切れず、ほぼ手中にしていた優勝カップを手元から落としてしまいました。

 今大会を振り返った時、特徴が良く出ていたのは、最終日だったと言えます。最終日のバックナインに入り上位5選手は韓国と中国の選手で独占しており、まるでアジアンツアーを見ている様な錯覚を抱かせるものでした。アメリカ人選手総体の力量低下と言う面が若干あるのかもしれませんが、それにも増してアジア勢特に韓国選手の台頭が目覚ましかったと言えます。そしてこれは今後も継続していくのだろうと、予感させるに充分なものでした。

 ところで日本女子ツアーを戦う選手及び日本人選手の成績は下記の通りですが、決勝ラウンドへ進んだのは3名のみとは寂しい限りでした。その様な中、最終日を10位タイで迎えたに野村敏京選手は、日本ゴルフファンの期待を背負いつつも、残念ながらバックナインに入りボギーを連発し崩れてしまいました。

 なお特に記しておかなければならない点は、葭葉選手のドライバー飛距離が、今大会決勝ラウンドで256.59ヤードを記録し1位に輝いた事です。

選手 2日目 最終日 順位
1 野村敏京 -4_6T +5_+2 33T
2 宮里藍 +1_41T +2_+4 41T
3 葭葉ルミ 0_31T +4_+8 51T
4 横峯さくら +4_69T CUT
5 キム・ハヌル +6_85T CUT
6 申ジエ +6_85T CUT
7 鈴木愛 +6_85T CUT
8 川岸史果 +7_99T CUT
9 宮里美香 +7_99T CUT
10 森田遥 +9_121T CUT
11 渡邉彩香 +10_129T CUT
12 サイペイイン +12_138T CUT

第45回ミヤギTV杯選手選考会20170714.jpg 『第45回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント』への出場アマチュア選手が、2017年7月13日(木)に決定しました。選出されたのは1.木村怜衣(きむら れい)さん_上記写真真中、2.郡山瞳(こおりやま ひとみ)さん_上記写真向って左、3.鶴瀬華月(つるせ かげつ)さん_上記写真向って右の3名です。

 これは同トーナメントが開催される宮城県宮城郡の利府ゴルフ倶楽部にて、7月13日59名のトップアマチュア選手を集めて、18ホールのストロークプレーによる選考会が行われた結果です。上記3選手は、9月22日から始まる本戦へ、出場する事になります。大会概要は下記の通りです。

名称 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン
主催 株式会社宮城テレビ放送
公認 一般社団法人日本女子プロゴルフ協会
協賛 特別協賛_住友ゴム工業株式会社
会場 利府ゴルフ倶楽部
賞金 総額7,000万円 / 優勝賞金1,260万円
  • 1位通過(-3)_木村怜衣さん_東北高校3年
    平常心でプレーしたのが良かったです。特に何かを意識したということはなく、目の前のことに集中してたら自然と平常心でプレーすることが出来ました。

  • 2位通過(-1)_郡山瞳さん_東北高校1年
    朝から雨が降っていたけど、パットの距離感の変化を見て落ち着いてプレーすることが出来ました。今日はドライバーの調子が良くて、距離も出てたし真っすぐ行ったのが良かったです。

  • 3位通過(0)_鶴瀬華月さん_仙台市立南吉成中学校3年
    前半は良くなかったけど、10,11番で連続バーディーを獲ることが出来たのでそこで流れが変わったかなと思います。

 神奈川県のPGMグループ傘下・伊勢原カントリークラブでは、2017年6月1日より18ホールコースとして新たな出発をしております。従来の27ホールにおいては、OUTコースとINコースそして南コースと言う各9ホールから成る構成でしたが、この度OUTとINを残し南コースを6ホールのショートコースへと改造しました。

 当該ゴルフ場はアップダウンの激しいいわゆる山岳と言われる部類に区分けされるコースですが、ラウンドについてはキャディー付きによる歩きが原則的スタイルとなっておりました。これに対しPGMグループは、乗用カートを使用したラウンドスタイルへ変更すべく工事を行って来たのですが、南コースについてはカートパスを設ける事が出来ませんでした。

 この事が最高にして最大の難関ポイントであり、結果は18ホールコースとショートコースを併せ持つゴルフ場へ、生まれ変わる事になったのです。18ホールの総距離は、OUTコース・3,055ヤード、INコース・3,118ヤードの合計6,173ヤードとなり、パーは72です。新たに出来上がったショートコースの概要は、下記の通りです。

ホール 距離 パー
1番 100ヤード 3
2番 125ヤード 3
3番 170ヤード 3
4番 155ヤード 3
5番 130ヤード 3
6番 170ヤード 3
合計 850ヤード 18

 この度PGMグループが導入したカートはヤマハ製電磁誘導式のものですが、バッテリーとガソリン両タイプのものを入れており、GPS機能もついているとの事です。なお当該ゴルフ場ではAEDを完備しており、この使用についてはほとんどの従業員が講習済みであり、来場者に対する想定し得る対策を講じているとしております。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
伊勢原カントリークラブ

 USGA(全米ゴルフ協会)主催による『第72回全米女子オープンゴルフ』が、2017年7月13日(木)本日より16日(日)までの4日間、ニュージャージー州のトランプナショナルゴルフクラブ(6,732ヤード_パー72)で開催されます。今大会へ出場する日本ツアーを主戦場にしている選手、及び日本人選手は以下の10名です。

宮里 藍 野村 敏京 川岸 史果
鈴木 愛 横峯 さくら 宮里 美香
森田 遥 葭葉 ルミ 渡邉 彩香
サイ・ペイイン

 朝一番のスタートはアウトとイン共に6時45分ですが、時差の関係から日本時間では19時45分となります。昨年の大会では4名が決勝ラウンドへ進出し、野村敏京選手の11位タイが最高順位でしたが、今年はより多くの選手に決勝ラウンドを戦って欲しいと言うのが、応援する日本側関係者の願いだと言えます。

 ところで大会会場であるトランプナショナルゴルフクラブは、第45代アメリカ合衆国大統領である今日のドナルド・トランプ氏が、当該ゴルフ場を2002年に買収したものでした。当時の名称はオーシャントレイルズゴルフクラブでしたが、同氏が数百億ドルをかけて改修し、超高級ゴルフ場へと変身させたのです。

 なお森田遥選手の国籍に関する表記ですが、USGAでは日本国扱いですが、USLPGAでは中華人民共和国扱いとなっております。

 2017年7月11日午後4時頃、兵庫県の姫路相生カントリークラブ1番ホールへ、小型飛行機が墜落しました。操縦していた外個人パイロットは自力で脱出し、ゴルフ場へ助けを求めその後、姫路市の社会医療法人製鉄記念広畑病院へ搬送されました。

 墜落現場は1番パー5ホールのティーングランド周辺であり、墜落時大きな物音はせず、ゴルフ場従業員で気付く方は居なかったものの、パイロットが歩いてクラブハウスへ来た事で状況が明らかになった様です。

 1番のティーングランド近くにクラブハウスが位置している関係から、場合によってはクラブハウスが直撃された可能性もありました。当該ゴルフ場では本日クローズにする事無く営業しておりますが、アウトコースは使用せずインコースのみを2度まわる事で、来場者へは対応しているとしております。

 なお警察によればパイロットは昨日正午過ぎに新潟の空港を飛び立ち、岡山へ向かう途中だったとの事です。現在墜落現場では現場検証が進められている様ですが、その後この残骸を撤去する費用は誰が負担するのでしょうか。パイロットの命に支障は無いとの事ですが、当該ゴルフ場にとっては大変迷惑な話だと言えます。

  • 姫路相生カントリークラブ
    兵庫県相生市矢野町真広814-4
    TEL 0791-29-0321

 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は、来年2018年のツアー出場権獲得へ向けてクォリファイングトーナメント(以下QT)の概要を、2017年7月初旬明らかにしました。注目されたのはファーストQT受験者の中に、プロスポーツ界で活躍した元選手が数名確認出来た事です。

 その一人は元プロ野球選手の中村紀洋氏であり、更にもう一人は元プロサッカー選手の鈴木啓太氏です。中村氏は数々の球団で活躍した名プレーヤーでしたが、2014年横浜DeNAベイスターズを最後にプロ球団から遠ざかっておりました。鈴木氏は浦和レッズで長きに渡り活躍した名選手でしたが、2015年に引退発表しておりました。

 ファーストQTの会場は2ヶ所有り、1ヶ所は三重県のTOSHIN Princeville Golf Courseであり、もう1ヶ所は千葉県の房総カントリークラブ房総ゴルフ場・東コースです。中村氏は8月1日から始まる三重県で受験しますが、鈴木氏は8月16日からの千葉県を選択しました。

 各会場には約100名の選手が出場しますが、試験は3日間に渡り開催され、54ホールのストロークプレーで争われます。競技終了時点で各会場の上位者がセカンドQTへ進出出来るのですが、順位タイの場合は第3ラウンドから第2ラウンドへ、第2ラウンドから第1ラウンドへと、スコアをカウントバックして決定されます。

 なおこのファーストQT・千葉会場へは、アメリカLPGAツアーを戦っている野村敏京選手の弟・野村京平選手も名を連ねており、さらにセカンドQTへは元プロ野球選手のデーブ大久保氏も出場予定となっております。話題満載のJGTOのQTです。