ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の中山カントリークラブを経営しております株式会社中山カントリークラブは、2021年7月27日に第60期有価証券報告書を発表しました。

 前期を振り返り売上高は、5~7月期の落ち込みが激しく対前期比約41%の減少となるものの、最終的には710,685千円を計上しました。これは第59期の売上高が746,713千円で有った事を考慮するならば、非常に善戦したと表現して良いのではと思われます。

 前期の経常は138,712千円ですが、59期が135,181千円、58期が148,317千円、57期が116,655千円等と比較してもそん色のないものと成っています。これを裏付ける様に1年間の来場者数は、前期比281名増え45,266名に成っています。5~7月期の落ち込みをカバーする様に後半は、急激な来場者数を誇った事がこの数字より読み取れます。

 しかしながら売上高は上記の通り710,685千円であり、対前年比36,028千円減少しています。この事は会員の来場数が増える半面、ゲストの来場者数が減少し、全体的客単価が下がった事を意味しています。

 此処まで有価証券報告書の一面を垣間見た訳ですが、支出を抑え尚且つ営業外収益である名義書替の受け取り手数料が増えた事などは、見逃せない側面だと言えます。結果として純利益は89百万円、前期比0.3百万円増との数字をたたき出しているのです。昨年多くの名門ゴルフ場が、赤字決算を余儀なくされる中、当該法人の内容は大変貴重なものと成っています。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
中山カントリークラブのXA会員権とは

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 東京の桜ヶ丘カントリークラブでは2021年7月に開催された理事会にて、推薦者に関する規定を若干改定しました。此れまで友人や知人の入会に当たり、その推薦者2名の続柄は、二親等内の親族同士に資格が有りませんでした。

 今回はこの規定を更に拡大し、入会申請者と推薦者が二親等以内の親族で有っては、推薦資格が無い事になりました。つまり入会申請者A氏と推薦者B氏更に推薦者C氏、この三者がいずれも二親等内の親族同士では、入会申請し得ない事になったのです。

 親族による推薦では正確な人となりが分かりません、あくまでも第三者となる会員の推薦を得て下さいね、とのクラブ側趣旨が此処から読み取れます。7月の理事会は女性の入会を緩和しましたが、締める部分は締めると言うクラブ側の姿勢が見えて来ます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
桜ヶ丘カントリークラブでは女性の入会条件を改定

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg ユニマットグループの株式会社ユニマットプレスシャスは、2021年7月21日に茨城県のゴルフ場・マナゴルフクラブを、M&Aにより取得した事を公表しました。

 同日それまでの代表者である三和啓太氏に代わり、ユニマットプレシャスの取締役でもある鈴木悟氏が代表取締役へ就任しております。ユニマットグループにとっては18番目のコースとなりますが、2016年に取得した新・西山荘CCがエリア内に有る事から、集客での相乗効果やグループ内人材の流動性も期待出来ます。

 今回このユニマットグループによる買収劇が、M&A市場で表面化する事はほとんど無かったと言えます。それには理由が有り、今回仲介者の介在無く、当事者同士による交渉で事態は進展して行った為の様です。

 1993年9月に開業した当該ゴルフ場ですが、その後約10年の時を経た2003年5月には法的整理へ至っています。この時管財人より数億円で当該ゴルフ場を取得した個人オーナーでしたが、今度は自らこの事業承継と発展を、ユニマットグループへ託す事になったのです。

 ちなみに当該ゴルフ場の経営会社は、株式会社グッド・ゴルフ・マネジメントです。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
新・西山荘カントリー倶楽部はユニマットグループへ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 栃木県の南摩城カントリークラブでは2021年8月1日より、会員権の名義書換料を正規料金へ戻しました。これは2012年7月1日より行われて来た半額への減額キャンペーンを、2021年7月31日にて終了した事に伴うものです。

概要は下記の通りです。

会員種別 キャンペン金額(税込) 正規料金(税込)
正会員 330,000円 660,000円
平日会員 165,000円 330,000円
週日会員 82,500円 165,000円

 約9年の時を経て当該クラブでは、会員権の名義書換料を正規料金へ復帰させた訳ですが、今後この影響がどの様に出て来るのかは不透明な点です。此れまで実際の書換実績は、自社の関連業者に負うところが大きい様ですので、その活躍次第で数字が変わって来るものと思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
南摩城カントリークラブでは開場35周年を記念し名義書換料を減額

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 東京都の桜ヶ丘カントリークラブでは女性の入会に関し、2021年7月に開催された理事会にてその規定を改正しました。此れまで女性の入会は、会員親族、相続手続き、同一法人内書換手続き、これ以外では申請出来ませんでした。

 同理事会はこの様な此れまでの内容を撤廃したのですが、新たな内容は一般的入会条件をクリア出来る女性であれば、入会申請者の属性を不問としたのです。とは言え2018年7月に開催された同クラブ理事会は、女性の定員枠を200名までと決議している関係上、この枠を超えての申請は出来ません。

 2021年7月末現在、女性会員は約150名在籍している為、残り枠は50名ほどとなります。当該クラブに於ける女性会員は、会員親族の方が多くを占めて居ましたが、今後は一般の方でも手をあげ易くなりましたので、会員と親交のある方にとっては、同クラブへの入会を検討し易くなったと言えます。

 規定が改正された8月以降の会員権市場に於ける同銘柄は、売買が活況を呈して行く事と思われます。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
桜ヶ丘カントリークラブの法人会員とは

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg ゴルフ会員権譲渡に当たり現名義人は、保証金証書或いは会員証など表記は様々なれどいわゆる会員権と自らの印鑑登録証明書、少なくともこの2点を準備し、取り引き時に買い受け者へ手渡す必要があります。

 しかしながら時として会員権が、見当たらないケースが有ります。現名義人が様々な保管場所をチェックするも発見出来ないとなると、会員権の取り引き自体が成立しない事になります。この様になると現名義人は、会員権の再発行をクラブへ依頼する訳ですが、通常再発行迄の期間は3ヶ月から半年を要します。

 ところで今回取り上げます千葉県のザナショナルカントリー倶楽部千葉では、会員権の紛失に当たり、倶楽部所定の「紛失届」にて対応しています。旧證券或いは新證券問わず、譲渡を前提にした手続きに於ける證券紛失は、この「紛失届」にて処理する事が出来るのです。

 当該證券はあくまでも証拠證券にすぎず、現名義人の本人確認が出来たならば、「紛失届」をもって新入会者へ新證券を発行しています。大変合理的な考えの基に行われている手続きですが、この事により流通マーケットでは、とてもスムースに会員権売買が行われていると言えます。

 要するにこの「紛失届」にて、證券を再発行する事が無い為、その手間暇を省略出来ているのです。株券発行以外の倶楽部にとっては、大変参考になる様に思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ザナショナルカントリー倶楽部千葉は印鑑証明書の有効期限を半年へ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 東京都の小金井カントリー倶楽部では2021年1月より、株券の名義書換手続きに税込1,100万円が必要と成りました。それまでは入会申請に当たり株券を取得し株主となる事が、第一義的必要条件であり、この手続きは無料とされて来ました。

 此れまでの倶楽部の歴史を辿れば、入会承認を得られなかった件数も累積し、その方々はプレー権の無い株主としての立ち位置で、2020年暮れまで至っておりました。入会不承認と言う事態は申請者にとって不幸であり、また倶楽部にとっても好ましい事態では有りませんでした。

 この様な事態を改善すべく、当該倶楽部では2021年1月より、事前審査制度を導入する事と成ったのです。入会承認後に株券を取得すれば良いこの制度は、関係者の不幸をより少なくしたい、その発想から生み出されたものです。しかしながら事前審査を経る事無く、株券を取得する入会希望者も居られる様です。

 例えば現時点では入会条件未達ながらも株券価格が安価と判断し、いずれ当該倶楽部へ入会可能であるならば、株券の名義書換料税込1,100万円を支払い株主になっておきたい、そして将来入会時に倶楽部への入会金として550万円を支払う、この様な二段構えの対応を前提として株券を取得するケースの様です。支払い総額に変わりは有りませんので、その様な行動を起こす方々が居ても不思議では有りません。

 いずれにしても株券のみを投資の対象として取得する、この様な目的には合致しない点が明確化した、と言うのが当該倶楽部2021年制度改革でした。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
小金井カントリー倶楽部入退会時に於ける年会費の取り扱い

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 栃木県のピートダイゴルフクラブはVIPコースと、ロイヤルコースを擁した36ホールの大型ゴルフ場です。このゴルフ場を経営しているPGMグループでは、2021年10月1日よりロイヤルコースのラウンドスタイルを、スループレーへ変更するとしています。

 此れは当該クラブに於いて、2020年から若年層のプレーヤーが増加しており、その趣向は気軽にゴルフを楽しみたいと言うものです。そしてそれらのプレーヤーは、スループレーを希望する傾向が強く、PGMグループではこの様なニーズを上手に吸収する為、上記2コースの役割を仕分けし対応する事になったのです。

 10月1日から開始されるロイヤルコースの運営スタイルは、下記の通りです。
・全日ワンウエイスループレー
・レストラン営業の廃止
・オールセルフ(キャディバッグ運搬、カートへの積み下ろし、クラブ清掃など)
・全日浴室はシャワーのみ
・全日ロッカー別料金(会員は従来通り無料)

 此れまで幾多のゴルフ場でワンウエイスループレーを試みるも、定着するまではなかなか至っていません。それはスルーと昼食ありのパターンが混合状態の中、オペレーションが難しいのだと思われますが、今回当該ゴルフ場は其々場所が離れており、ある意味別々のゴルフ場とも言える状態な為、可能なのだと思われます。

 PGMグループの果敢な挑戦を、見守っていきたいと思います。

     2021年07月26日_GDO×茅ヶ崎市-2.jpg
       < 向かって左側・GDO石坂信也社長/右側・佐藤光茅ヶ崎市長

 茅ヶ崎市と株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)は、2021年7月26日「シティプロモーションに関する連携協定」を締結。双方の資源を有効活用して行く事で、より良い発展を望めるとの理解から、この度の締結へ至ったとしております。

 2020年4月より9ホールのパブリックゴルフ場・「GDO茅ヶ崎ゴルフリンクス」を運営しているGDOにとって、ゴルフ場運営事業は初の試みで有り、如何にこの事業を発展させて行けるかは、同時にこのゴルフ場の魅力を内外へ、情報発信して行けるのかにもかかっています。

 石坂社長曰く、この1年間を振り返り業績は順調に推移している、としています。以前の会員制を基軸としたゴルファーのみならず、市民ゴルファーで有るにも関わらず一度も来場経験の無い様な方々も、プレーするケースが増えていると分析しています。市民にも親しまれつつあるゴルフ場、これが実現しつつあると言えます。

 茅ヶ崎市の佐藤市長は、此れまで市の悩みとして人口減問題が有った、しかしながら昨年来この現象が反転し流入増となっている、コロナ禍の中、何処に居ても仕事が出来ると言う社会状況が後押ししている様に思えるものの、市にとっては好材料で有り、好影響をもたらしていると発言しています。

 市の魅力を創り出しそして訴えて行く事、それは市にとってもGDOにとっても最重要課題です。例えば当該ゴルフ場に於けるトークセッション、或いは小学生の自由研究イベントなどなど、ゴルフ場を舞台に様々な事業が今後考えられて行くものと思われます。「GDO茅ヶ崎ゴルフリンクス」は茅ヶ崎市と共に歩む事で発展して行ける、その様な方向性を明確にしたのが7月26日でした。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
茅ヶ崎ゴルフ場が間もなく再々出発へ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 東京都の青梅ゴルフ倶楽部へ法人名義にて入会したい場合、法人名義の会員権を取得する必要があります。これはあくまでも、2021年7月26日時点での条件です。

 当該倶楽部担当者によれば、法人名義は2名記名で構成されており、これを法人名義或いは個人名義へ変更出来るとの事です。しかしながら個人名義の会員権を二口取得しても、法人として入会申請する事は出来ません。

 この条件は規約なのか或いは単なる慣習なのか、何時からその様に行って来たのか、ご担当者曰く不明との事ですが、現在この法人会員権の扱いについて、倶楽部内で見直しし今後の在り方を検討している様ですから、近々変わる可能性が有るのかも知れません。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
青梅ゴルフ倶楽部では30万円にて正会員を募集中