タグ「ゴルフ場及びゴルフ関連」が付けられているもの

山梨県が約30年ぶりにゴルフ場開発へ舵を切る

  • 投稿日:
  • by

 山梨県が約30年ぶりに、ゴルフ場開発へ向け舵を切る事になりました。これは2024年6月11日(火曜日)、長崎幸太郎知事による定例記者会見で明らかにされた内容です。

 同県に於ける新規のゴルフ場開発は、1973年に制定された「山梨県ゴルフ場等造成事業の適正化に関する条例」及び「条例施工規則」などへ、総量規制を盛り込んだ1993年10月より、実質的に開発不可能な状態となり今日に至っています。
 この当時、ゴルフ場開発に対する風評は、バブル経済の崩壊と共に険しいものでした。乱開発、環境破壊、人体に害を及ぼす農薬散布等など上げれば切りがない状況で、開発賛成派の主張を通すには無理が有り、またそれを肯定する資料も乏しかったと言えます。

 しかしながら今般、山梨県議会に於いて、県土の強靭化と高付加価値化を推進する為には、ゴルフ場開発が適当なのではないかとの意見が上がり、県は『地域の意向を十分尊重するとともに、自然環境との調和が図られる開発につきましては、これを認めることといたします。』(『』内は会見内容を引用)としたのです。
 地域開発を担う上でゴルフ場の存在意義や役割が、あらためて再認識されて来たのだと思われます。

 この日同議会へ上程された第77号議案の改正案は、賛成多数にて可決された為、今後は個々の申請を待つばかりとなりましたが、受付窓口の県森林整備課によれば、2024年7月18日時点で開発計画申請は皆無の様です。今後想定されるのは、増設計画では無いかとしています。

 ところで新規にゴルフ場を開発する為には多くの費用を要し、かつてはインフレ経済を背景にした会員募集による資金調達が、建設費用負担の大きな部分を賄っていた訳ですが、今日その様な魔法の杖が有り得る状況では有りません。この度の山梨県の規制緩和をゴルフ業界は、大局的観点から喜べたとしても、有効活用と言う意味では未知数の点が多い様に思われます。

龍ヶ崎カントリー倶楽部では暑さ指数33でプレー中止へ

  • 投稿日:
  • by

 龍ヶ崎カントリー倶楽部(茨城県)では2024年に入り、熱中症対策として暑さ指数(WBGT)を導入しています。此れまでこの様な基準が無かった為、「我慢強い事が美徳」としてもてはやされる傾向が無かったかと言えば、決してそうでは無かったと言えます。

 当該倶楽部ではこの様な傾向に対し暑さ指数を打ち出す事で、ある基準を超えた場合は大変危険であるとして、「止める勇気」を称賛しプレーヤーやキャディの命を守る方針を明確にしたのです。その基準とは暑さ指数33ですが、この数値は気温では無い点にご留意下さい。

 当該倶楽部ではインコースのスタート地点、練習場のグリーン周り、練習場打席の3箇所で計測し、更に龍ヶ崎市の指数を含めた4点全てが基準値を上回った場合、来場者のプレー及びコース管理者の作業などを中止するとしたのです。中止が何時の時点であったとしても、ひとたび発出された場合、再開は有りません。

 ところで当該倶楽部では、今夏に入りこの様な状況に至った事は無く、又救急車の出動も無いとしております。なお一旦プレーを中止する判断に至った場合、プレーフィについてはラウンドの消化状況を加味し、適切な料金体系を設けています。

 いずれにしてもこの熱中症対策問題は、こと龍ヶ崎カントリー倶楽部に限定された話ではない為、遅いか早いかは別にして多くのゴルフ場が、暑さ指数を取り入れて行くものと思われます。それほど現在の日本の気象状況は大きく変化し、ひと昔前の「梅雨」などの季語は、今や死語になりつつあるのでは無いでしょうか。

黒球型携帯熱中症計は1コースに1台必携

  • 投稿日:
  • by
(上記画像はNGKより)

 7月と言えばひと昔前、梅雨と言う季語で表現された様に、雨が長続きしジメジメと蒸し暑い日が多い、その様な気候を想像しがちですが、近年その様相が変わって来ています。

 ある意味「梅雨」は死語に等しくなりつつ有り、国は7月を熱中症対策の重点月に挙げています。一社)日本ゴルフ場経営者協会の資料によれば、昨年2023年のゴルフ場事業での熱中症による死亡例を、下記の様、具体例をもって示しています。

「 気温34.9度C、暑さ指数(WBGT)32.9、この様な環境下で朝の8時頃から箒で場内の清掃作業、その後木材の運搬作業に従事していた方が、11時頃に倒れ込み緊急搬送されるも、搬送先の病院にて死亡 」

 国は暑さ指数33にて、緊急アラートを発しています。これを単なる注意報として捉えるのか、その捉え方は事業体によって様々ですが、ゴルフ場によっては、プレー中止の一つの目安にしてもいます。

 今回紹介しますのは、上記写真の『黒球型携帯熱中症計』です。日射や地面からの照り返しによる熱を黒球で測定し、黒球温度、温度、湿度を加味した正確な測定数字を教えてくれる機材です。設定した熱中症レベルに達すると、ブザー音やLEDの点滅などで警告を発します。

 1コースに1台、備え付けておきたい計器だと言えますが、日本ゴルフ場共同購入(株)_<TEL 03-5577-4369>では、現在1台6,820円(税込)にて販売中との事です。ゴルフ場のスタッフのみならず、来場者の命を守る為のツールとしては、とても安価です。

大利根カントリー倶楽部は第66期有価証券報告書を公表

  • 投稿日:
  • by

 大利根カントリークラブ(茨城県)を経営する株式会社大利根カントリー倶楽部は、2024年7月2日に第66期有価証券報告書を公表しました。過去3期に渡る概要は、下記の通りです。

回次第64期第65期第66期
売上高1,196,298千円1,319,070千円1,439,032千円
経常利益又は経常損失18,283千円24,843千円72,337千円
当期純利益又は当期純損失14,836千円22,418千円72,550千円

 売上高及びそれに準ずる経常利益と当期純利益は伸びたものの、反面それを支えている総来場者数は、前期に比べ2,682名減少し57,440名になっています。会員が2,292名減少し27,829名、ゲストは390名減少し29,611名でした。

 来場者は減少しているのに対し売り上げが伸びる、この背景には各料金の値上げが有りました。前期に比べグリーンフィ8,003千円、諸経費収入49,071千円、食堂売上8,245千円と軒並みに増加しています。更に日本女子オープン関連収入を103,002千円計上し、結果として売上高は前期比119,962千円増となっています。

 営業の落ち込みを値上げによって支えた決算になったのですが、2024年度は様々な対策をもって、来場者の減少を食い止めたいとしています。ゲスト対策は11にも及ぶのですが、その主だった策は下記の通りです。

1,会員同伴ゲスト週日特別ご優待券を年間12枚発行
2,年間18日間の金曜日をゲスト感謝デーとし特別割引料金(17,090円)を設定
3,コンペ割引設定(9~20名▼1,100円、21名~39名▼2,200円、40名以上▼3,300円)
4,7月中旬から9月中旬、1月、2月の土・日・祝祭日の特別料金(28,090円)適用
5,ゴールデンウイークに特別料金(28,090円)適用
6,月曜休場日の特別営業実施
7,オープンコンペの参加者増加策実施

 なお報告書によれば、会員の高齢化により年間60~70名の代替わりが、進んでいるとしています。

 筑波カントリークラブ(茨城県)を経営する株式会社筑波ゴルフコースが、2024年6月28日第68期有価証券報告書を公表しました。過去3期に渡る売上高などに関する概略は、下記の通りです。

回次第66期第67期第68期
売上高741,900千円774,549千円798,996千円
経常利益又は経常損失17,062千円5,179千円28,652千円
当期純利益又は当期純損失5,957千円367千円8,905千円

 売上高は過去3期の中で最も高いものとなっていますが、それを支える来場者数は、前期比1,331人減少し37,603人となりました。内訳は会員が953人減少し23,333人、ゲストは378人減少し14,270人でした。

 来場者数が減少しているにも関わらず売上高が伸びた背景は、グリーンフィ、キャディフィの値上げ及び乗用カート利用料が増加した事によるものです。結果として営業利益が増加しています。

 営業外収益は前期比7,667千円増加し11,982千円となり、また投資有価証券売却損などを考慮しても、これまでに無い好結果となっています。

 大洗ゴルフ倶楽部(茨城県)を経営する株式会社水戸カンツリー倶楽部では、2024年6月27日に第72期有価証券報告書を公表しました。振り返り過去3期の概要は、下記の通りです。

回次第70期第71期第72期
売上高630,074千円779,292千円819,526千円
経常利益又は経常損失35,529千円15,111千円5,340千円
当期純利益又は当期純損失34,906千円14,488千円4,398千円

 上記表にて経常及び純利益が減少している件については、ゴルフ会員権の名義書換料収入を5年間に分け計上した点が、大きく影響しとしています。総来場者数は前期より107人増え36,815人となり、中でもビジターは439名増えました。またキャディフィの値上げも有り、営業収益は前期比5.2%増えています。

 費用面では、落雷によるポンプ故障や老朽化した設備更新、更には派遣キャディフィが値上がりした事も有り、一般管理費は164,000千円増の829,569千円になりました。収益が上がるものの費用も上がり、結果としては10,044千円の営業損失になっています。

 営業収益は上がるも費用もかさみ約1000万円の損失となりましたが、営業外収益例えば「開場70周年記念協賛金」や落雷被害に伴う火災保険金等の収入により、結果としては、4,398千円の黒字で終えています。

 なお当該倶楽部では、来年2025年にJLPGA公式競技「ソニー日本女子プロゴルフ選手権」を開催しますので、更に注目度が高まると予想しています。

 飯能ゴルフクラブ(埼玉県)を経営する株式会社飯能ゴルフ倶楽部の第66期決算が、2024年6月26日明らかにされました。前々期まで含めた概略は、下記の通りです。

回次第64期第65期第66期
売上高(千円)633,875621,411684,151
経常利益又は経常損失(千円)70,54463,71442,420
当期純利益又は当期純損失(千円)57,46940,02431,076

 堅調な売上となりましたが、この背景には来場者の増加が、一つの要因として上げられます。会員は前期比58名減少し23,241名、ゲストは1,206名増加し12,615名、結果として1,148名増え35,856名となりました。来場者の増加により、前期比62,740千円の増収です。

 しかしながら営業外損益は、会員権の入会金収入が前期に比べ38,500千円減少した事により、202,667千円でした。この件に付き決算書では、「営業損益での赤字が続いており、最終損益を営業外収益である名義書換料に頼っている状況」としており、如何に会員の入退会手続きが重要であるかを指摘しています。

 更に決算書は会員の入退会が重要であるかを、別の視点から記述しています。「ゴルフプレーを会員及び、会員の同伴もしくは紹介のゲストに限定しているため、会員の高齢化が進み、会員1人当たりの来場回数が減少することになりますと、入場者が減少し、売上高の減少につながる可能性があります。」

 これらは会員の入退会事業が、如何に重要な役割を担っているかを物語っています。ゴルフ会員権の取り扱いを担っている会員権業者との連携は、ますます必要不可欠になっているとも言えます。

千葉カントリー倶楽部は第71期有価証券報告書を発表

  • 投稿日:
  • by

 千葉県の千葉カントリークラブを経営する株式会社千葉カントリー倶楽部は、2024年6月21日に第71期有価証券報告書を公表しました。過去3期に渡る概要は、下記の通りです。

回次第69期第70期第71期
営業収益2,149,191(千円)2,263,275(千円)2,241,296(千円)
経常損益43,751(千円)47,301(千円)94,329(千円)
当期純損失13,503(千円)13,499(千円)38,216(千円)

 3期連続での好決算となるものの、売上高は前期比2,197万円減となりました。この減少要因は、梅郷コースに於けるキャディ不足から、来場者が減少した為としています。原則として梅郷コースは、1組に1人のキャディ付きとしており、予約段階で受注調整していました。

 これを裏付ける来場者数は、前期比2,842名減少し124,782名となりました。この内訳は野田コースが36,087名、梅郷コースが33,329名、川間コースが55,366名でした。

 なお会員権の名義書換は前期比43件増となり、名義変更登録料は5,600万円増の3億7,500万円となりました。

平和農産工業は7月23日に東京本社移転へ

  • 投稿日:
  • by

 千葉県の姉ヶ崎CCと立野クラシックGCの2コースを国内で経営する平和農産工業株式会社は、2024年7月23日に本社所在地を移転します。その概要は、下記の通りです。

現住所〒104-0061 東京都中央区銀座7-5-4  毛利ビル 6F
移転先〒104-0061 東京都中央区銀座7-4-15 RBM銀座ビル 10F

 なおこの移転に伴う電話番号、FAXなどの変更は無いとの事です。

南富士カントリークラブは2024年9月30日をもって閉鎖へ

  • 投稿日:
  • by

 静岡県の南富士カントリークラブは、2024年9月30日をもって閉鎖になります。これは同年10月1日に持ち主である株式会社ザイマックスグループ(以下ザイマックス)が、富士市と株式会社富士環境保全公社(以下公社)の2者へ当該ゴルフ場を売却するのですが、取得後2者はゴルフ場として継続しない為です。

 富士市は当該ゴルフ場を構成する12ホール分の38ヘクタールを、残り6ホール分の16・5ヘクタールは公社が購入します。公社による跡地の利用目的は、産業廃棄物と一般廃棄物の処理場としてですが、富士市は自らの取得分について森林へ復原していく予定としています。

 公社は富士市の第三セクター会社であり株も富士市が一部所有している関係から、今回当該ゴルフ場を持ち主のザイマックスから購入する主役は、ある意味富士市と言えなくも有りません。

 2022年より富士市とザイマックスは交渉のテーブルにつき、富士市側では2022年9月の富士市定例会へ議案を上程する予定も、地域住民への説明不足などから、実際に議決されたのは2023年2月14日の事でした。以降同年5月の議会に於いて、財産取得の予算が認められた為、ザイマックスとの仮契約は本契約となり今日に至っています。

 ところで当該ゴルフ場は2010年12月に民事再生法の適用を申請しており、翌年7月の債権者集会で可決された弁済率は3.96%でした。当時在籍していた会員も高齢化などから、現在は約半数の500~600名ほどへ減少しています。この方々へ預託金の返還業務を当該ゴルフ場は進めており、9月末までには完了する予定としています。