タグ「%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E5%A0%B4%E5%8F%8A%E3%81%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E9%96%A2%E9%80%A3」が付けられているもの

PGMグループは量から質へ

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 2000年代に入り日本のゴルフ場産業へ参入して来たPGMグループですが、約20年が経過した今日、2021年10月時点で146コースを所有するまでに成長・拡大しています。参入当初は外資参入と叫ばれ、企業風土の違いなどからゴルフ業界では、警戒心をもって見られて来ました。

 しかしながら学ぶべき点も多々有り、現在ではゴルフ業界のスタンダードを、最先頭で作り上げているとも言えます。持ち込まれるゴルフ場のM&A案件を精査しつつも、量的拡大路線から一線を引きつつある現在、PGMグループではゴルフ場の質的転換が、ソフトとハードの両面で急ピッチに進んでいます。

 例えば2019年に発表された運営ソフトである「ティーラ」は、5年越しの開発で有り費やした費用は10億円ほどでした。また同時に株式会社共栄社と共に発表された無人芝刈り機は、GPSと基地局を組み合わせる事で、誤差を少なく作業が無人で出来ます。

 特にこの無人芝刈り機は、昨2021年に茨城県のザ・インペリアルCCで試験導入され、若干ソフトの修正作業は有ったものの、見事に夜間3時間ほどでフェアウエーの芝刈りが出来たとしています。今後ますますコース管理スタッフの確保が困難になると予想される中、貴重な戦力になって行くものと思われます。

 古い体質を引きずるゴルフ場業界に有って、ITを巧みに活用し改革を進めるPGMグループは、地響きを立てながら1歩1歩前進しています。単独企業がこのPGMグループの動きに伍していく事、時代に適応したゴルフ場として生き残っていく為には、かつての成功体験に縛られる事無く、弛まない改革が求められるのだと思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGMグループは全コースの基幹システムをクラウドで一元化

塩嶺CCでは女性施設を4月にリニューアルオープン

  • 投稿日:
  • by

 塩嶺カントリークラブ(長野県)では、2022年4月1日女性施設を改修・完成させ、リニューアルオープンしました。工事は2021年12月下旬からでしたので約3ヶ月半の工期でしたが、主にお風呂、トイレ、ロッカー、パウダールームなどの工事でした。

 開場50年の歴史の中で、かつて一度改修はしているものの、それは配管関係が主で有り、利用者の利便性を考慮した女性施設の本格的改修は、ある意味今回が初めてと言えます。此の背景には、女性プレーヤーの純増があります。日によっては女性用ロッカーが不足し、対応に追われる事も有った様です。

 この現象を象徴する様に女性会員は、かつての人数を上まわっています。譲渡先が女性のみと限定されている女性会員が約100名、男女の切り替えが可能な会員権の女性名義は、以前100名ほどでしたので合計200名ほどが女性会員でした。ところが現在この数を上回つているのです。

 女性会員は当然ながら女性の友人や知人を誘って来場されるケースが多く、この様な状況から女性施設の改修、その必要性が数年前より理事会を中心に話される様に成り、昨年その決定に至ったとの事です。女性プレーヤーが増加している今日、女性用施設を如何に充実させて行けるかは、集客UPに欠かせない要素になっていると言えます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
塩嶺ccでは3月1日より名義書換料を減額し受付開始

ゴルフ場は地球温暖化防止に役立っている

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 今人類は地球温暖化防止へ向け、様々な取り組みを行つていますが、二酸化炭素の発生と吸収をイーブン状態へもっていく事が、差し迫った課題になっています。

 人類の経済活動によって、年間約100億トンの炭素量が排出され、樹木などにより約57億トンが吸収されています。この事から純増量は約43億トンになりますが、この量を如何に吸収させられるかが、国連気象変動枠組条約締結国会議で話され「4パーミルイニシチアブ」運動として展開されています。

 この運動の趣旨は純増分を、「土壌炭素」として吸収して行く事です。地球上の「土壌炭素」は約1兆5,000億トンあり、その内表層から30~40cmの深さに約9,000億トンが、存在していると言われています。例えばこの9,000億トンに対する0.4%、つまり36億トンを「土壌炭素」として増加出来るのであれば、純増量約43億トンをほぼカバー出来る事になります。

 この役割の一端を担うのが、ほかならぬゴルフ場なのです。近年の研究では、ゴルフ場フェアウエーやラフに於ける「土壌炭素」が、「不耕起」故に開場年数に応じ増回しているとされています。極論すればゴルフ場の存在そのものが、温暖化防止へ向けた役割を果たしているとも言えます。

 詳しくはこの論理を裏付ける研究結果が、公表される予定です。貴重なエビデンスになるものと思われます。

4月より運転管理者は運転者の酒気帯び確認を義務化

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 白ナンバーの営業車5台以上又は定員11人以上の車両1台以上保有している事業所に付いては、2022年4月1日より安全運転管理者の選任と共に、アルコールチェックと記録簿の1年間保管が義務化されました。

 営業車を5台以上保有して無くとも、11人以上が乗れるマイクロバス、例えばトヨタのコースターとか日産のシビリアンなどで、来場者を最寄り駅へ送迎しているゴルフ場は、多い事と思われます。この事から今回の道交法改正は、大きくゴルフ場にも関係して来る話だと言えます。

 当座は管理者が運転者のアルコールチェックを目視などで行いますが、2022年10月1日からはアルコール検知器を用いる事になります。そしてこの検知器は設置が、義務付けられているのです。半年間のインターバル期間を設け、次なるはより機械的判断に委ねられるのです。

 ところでアルコール検知器は、現在世界的な半導体不足から、入手し辛い状況が続いています。なお改正道交法の詳細は、下記警察庁のWebサイトよりご確認頂けます。
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/insyu/index-2.html

NGKは大手集客サイトの活用が曲がり角に来ていると報告

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会(NGK)は2022年4月30日発行の「NGKだより」にて、(「ウェブサイト集客」の問題点と今後の対応)と題した課題を提起しています。

 此れは昨年2021年にゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)より、同社の集客サイト利用の各ゴルフ場へ、料金改定の連絡があったのが事の始まりでした。実質値上げと捉えたNGK加盟或いは非加盟の各ゴルフ場が、駆け込み寺如くNGKへ相談し、GDOへの交渉を依頼したのです。

 交渉は紆余曲折を経て、結果はゴルフ場サイドの意見が通る事無く、GDO方針が貫かれたものに成っています。GDOサイドからすれば、<納得出来なければ利用しなくて結構>と言うスタンスでしょうから、集客サイトを利用しなければ立ち行かないゴルフ場の分が悪いと言えます。

 これら一連の騒動を総括しNGKは、<ウェブ集客への依存を抑制すべき>としています。パブリックのゴルフ場で有ればともかく、会員制ゴルフ場が集客を第三者へ、それも誰もが閲覧出来るWebサイト業者へ依頼する事自体が、泥沼へ足を踏み入れる第1歩だったのでは無いでしょうか。

 会員制ゴルフ場であるならば現会員を大切にする事が、クラブ運営の一丁目一番地だと言えますが、その手法は様々で有り、其処に各ゴルフ場の創意工夫が求められるのです。自助努力無く第三者への集客依頼と言う手法に対し、警告を鳴らした今回のNGK提起は、もう一度各ゴルフ場が足元を見直す良い機会になったと思われます。

 原点回帰へ舵を切りだした各ゴルフ場の<キズキ>は、いま燎原の炎の様に静かに広がりつつあります。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
GDOの料金改定要請に困惑する各ゴルフ場

伊豆下田カントリークラブの経営会社変更

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 伊豆下田カントリークラブ(静岡県)では2021年12月16日、経営会社が変更になりました。かつて当該ゴルフ場を経営していた株式会社伊豆下田カントリークラブは、2016年12月26日に株式会社横浜国際ゴルフ倶楽部から会社分割にて誕生しました。

 親会社と子会社と言う関係で今日に至っていましたが、それが2021年12月16日横浜国際ゴルフ倶楽部を同様に親会社とする株式会社横浜スポーツマンに吸収合併される事になったのです。存続会社は横浜スポーツマンですが、同日同社は商号をYOKOHAMA SPOTS COMPLEX株式会社へ変更しています。

 そしてこの会社が当該ゴルフ場の、新たな経営会社となったのです。旧経営会社が兄弟会社とも言える横浜スポーツマンに吸収合併され、そしてその会社がYOKOHAMA SPOTS COMPLEXへ商号変更した、と言うのが今回のストーリーです。この流れの中に、外部からは知る由も無い経営者の目論見が、あるのだと思われます。

 いずれにしても表面上は、何も変わっていないと言えます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
(株)伊豆下田カントリークラブが12月26日設立される

ナルオターフでグリーン改造を進める鳴尾ゴルフ倶楽部

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 鳴尾ゴルフ倶楽部(兵庫県)では2022年1月11日より同年9月30日まで、グリーン床のサンド化をメインにした工事を行う為、クローズにしています。

 当該ゴルフ倶楽部は1920年の発足ですので、100年以上の歴史があります。此れ迄グリーン上はコーライ芝を採用し、床は発足当初のまま今日に至っておりました。しかしながらグリーン床は粘土質の為、水はけも悪く、芝も根腐れをおこしやすい状態でした。

 この様な状態を改善すべく、100年越しの改造が始まっています。グリーン床の構造そのものを改造、すなわち排水を良くすると共に、表層から深さ50cmまでサンド化する事になったのです。またグリーン上は、「ナルオターフ」を採用します。この様な工事を全18ホールで行い、秋口での完成を目指しています。

 なお「ナルオターフ」は、数年前に同クラブ1番グリーン上で偶然発見されたコーライ芝の変異種ですが、宮崎大学の明石教授によるDNA解析にて、新種と断定されています。またこの芝は、2020年11月13日に「ナルオターフ」として商標登録されており、その特徴は此れまでのコーライ芝とは比較にならず、転がりはベント芝に近いものの様です。

 高温多湿の日本の気候から誕生した新芝のナルオターフですが、今後この芝がどの様な適性と特徴を備えているのか見極めていく必要があると共に、ゴルフ界にとっても注視していく必要があります。管理手法が確立され、更にその適性如何によっては、国内で大いに普及していく可能性があります。

 話題尽きない鳴尾ゴルフ倶楽部ですが、完成を待ち望む会員の声が聞こえて来そうです。

宍戸国際ゴルフ倶楽部は5月1日森ビルゴルフリゾートへ

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 茨城県の宍戸ヒルズCC及び静ヒルズCCを経営しております旧・株式会社宍戸国際ゴルフ倶楽部は、2022年5月1日より森ビルゴルフリゾート株式会社へ商号変更しました。実際、登記上で確認出来るのは、5月中旬以降にになるものと思われます。

 当該ゴルフ場は旧経営陣が、2000年3月東京地裁へ会社更生法の適用を申請した事から、翌年の2001年12月6日に開催された債権者集会に於いて、森ビル株式会社をスポンサーとした新経営陣が承認され今日に至っています。また2003年1月29日には同地裁より、更生手続終結決定を受けています。

 この様な過去の経緯から、実質的経営交代後約20年の節目に当たるのが、今年2022年だと言えます。此れ迄は旧商号を継承しつつも、今後は新たな商号にて経営して行く事になります。新商号へ「森ビル」の3文字を入れた事で、今後も森ビルのゴルフ場で変わり無い、その方向性をゴルフ業界へコミット出来たと、理解すののが自然だと言えます。

 なおこの度の商号変更に合わせ、株券は電子化される為、株券不発行会社となり、現発行済み株券は無効になります。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
静ヒルズの練習場改修ほぼ完成へ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 富士小山ゴルフクラブ(静岡県)では2022年4月に入り、石川県加賀市の片山津ゴルフクラブと、会員相互優待利用に関する契約を締結しました。

 60年の歴史を有する同クラブにとって初の試みですが、同クラブ会員の利便性向上と士気発揚には、またとない好機との判断から提携へ至った様です。この提携が当該会員権の更なる付加価値となり、会員満足度も高まるのであれば、提携の意義は大きとの事です。

 同クラブ会員が片山津ゴルフ倶楽部利用にあたりその予約は、あくまでも所属クラブ経由で行う事になりますが、基本はスリーサム以上になります。会員は全日同一料金で利用出来ますが、その概要は下記の通りです。

白山コース キャディ付き 12,160円(税込)
加賀コース キャディ付き 12,160円(税込)
日本海コース セルフ 9,410円(税込)

 なお片山津ゴルフ倶楽部はかつて「日本アマチュアゴルフ選手権」、「日本女子プロゴルフ選手権」、「日本女子オープンゴルフ選手権」など数々のメジャー競技を開催しており、そのコース評価は高く、一度はプレーしてみたい北陸有数の54ホールズコースです。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富士小山ゴルフクラブでは10月より正会員の補充募集開始

鹿島カントリー倶楽部は4月1日より運営を鹿島倶楽部へ

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 福島県の鹿島カントリー倶楽部では2022年4月1日より、鹿島倶楽部株式会社が運営を行っています。その概要は下記の通りです。

運営会社 鹿島倶楽部株式会社
代表者 代表取締役 福躍 好勝(ふくおどり よしかつ)
資本金 500万円
住所 福島県南相馬市原町区上北高平字入道迫34ー2

 ところで2022年3月16日夜半に福島県沖60Kmを震源地とする大地震は、福島県地方へ甚大な被害をもたらしました。当該ゴルフ場に於いても水道管亀裂による断水、或いはカート道路の損害と、翌一日クローズせねばならない状況でした。

 その周辺では倒壊家屋も見られ、ゴルフ場以上に被害が大きく、ある意味2011年3月11日の東日本大震災以上だった様です。周辺地域では1週間ほど断水が続き、それに停電が追い打ちをかけたとの事。

 この様な中、一たびゴルフ場の運営へ目を向ければ、悪材料があったとしても昨年同様の実績を少なくとも残したい、これが以前支配人職を経験し現場を熟知している福躍社長の率直な目標です。

 ※ なお上記ゴルフ場住所の迫は、正確には部首がいにょうに白です。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鹿島カントリー倶楽部は新クラブハウスが完成し7月16日オープン