都賀カンツリー倶楽部では新たにキャプテンを設ける

  • 投稿日:
  • by

 栃木県の都賀カンツリー倶楽部では、2016年3月4日に第49回定時株主総会および会員総会が、開催されました。この総会に於いて新たにキャプテンの地位を設立し、石川均氏が就任しました。 同倶楽部では開場以来キャプテン不在の状態だった様ですが、この度会則の第15条第3項を改正し、又第16条第2項を新設し裏づけとしました。

  • 第15条第3項_「理事は理事長1名、キャプテン1名を互選する」
  • 第16条第2項_「キャプテンは理事長を補佐し本倶楽部の競技運営に関する業務を統括」

 又同日の総会に於いて倶楽部理事長の高瀬時康氏が退任し、新たにゴルフ場経営会社である都賀総合開発(株)の代表取締役へ就任致しました。高瀬氏の後任には、岩下榮造氏が新理事長として就任致しました。尚、会員権の名義書換料に付きましては、これまでのキャンペーン金額を踏襲する形で正会員税別30万円、平日会員税別18万円として、2016年2月5日の役員会に於いて改定されております。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
都賀カンツリー倶楽部は今春に会員権の名義書換料を改定予定