取手国際ゴルフ倶楽部と札幌国際カントリークラブが業務提携

  • 投稿日:
  • by

 茨城県の取手国際ゴルフ倶楽部と北海道の札幌国際カントリークラブ 島松コースが、2016年7月21日に業務提携契約を締結致しました。

 この事により双方の会員は、お互いのコースを特別料金でプレーする事が、出来る様になりました。具体的には全日、会員グリーンフィに1,000円(税別)を追加する事で、双方の会員が利用出来、更には会員が同伴するゲストに付いても、特別優待料金が設定されているとの事です。

 札幌国際カントリークラブ島松コースでは、11月~翌年4月まで降雪によりクローズとなる関係から、この期間同クラブの会員は、取手国際ゴルフ倶楽部でプレー出来る事にメリットがあります。又、取手国際ゴルフ倶楽部会員は、夏に札幌国際CCを利用する事で、避暑対策になります。

 双方のクラブにとって満足度の高い提携となった様ですが、それぞれの集客と言う点に関しては、来場者の属性に神経質にならずとも、受け容れられる安心感が、最大の魅力となりました。関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
取手国際ゴルフ倶楽部では東コースを全面閉鎖し改修工事へ