アコーディア・ゴルフは6月の株主総会をもって新体制発足

  • 投稿日:
  • by

 (株)アコーディア・ゴルフは2016年6月29日に開催された株主総会に於いて、2016年3月期決算及び新体制が承認されました。代表取締役社長・鎌田隆介氏及びその他5名の取締役が退任し、新たに代表取締役へは田代祐子氏が就任し、ここに新たなる体制の発足と成りました。

 アコーディア・ゴルフは2016年3月期に、千葉県のスカイウェイカントリークラブを取得する反面、収益性の悪い茨城県の水府ゴルフクラブと、その他1コースの計2コースを売却しました。結果136コースを運営する事業体となったのです。

 運営ゴルフ場に於ける年間来場者数は837万人に及び、その内WEBを通じての予約率は43.9%に及ぶとしております。来場者数は前年度比26万人増、WEBの予約率は1.9%のUPと成りました。

 今後団塊世代ゴルファーが、市場から退場して行く現象が顕著となり、需給ギャップが大きくなる可能性があります。しかしこの様な景況感に左右されない経営を目指す為には、新規ゴルファーを新たに創造して行く必要がある、としております。来期にはどの様な結果を、達成するものでしょうか。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
(株)アコーディア・ゴルフは5月23日に新体制を発表