府中カントリークラブは3億400万円減資し6月1日より1億円と成る

  • 投稿日:
  • by

 東京の府中カントリークラブは、2016年6月1日より、資本金が1億円と成ります。これは2016年3月24日に開催された株主総会に於ける、特別決議によるものです。

 現在の資本金である4億400万円から、3億400万円を減資し1億円とすると共に、資本準備金250万円を減少しゼロとする事に成りました。これらの効力発生日は、2016年6月1日です。

 旧執行部が進めてきたグリーンの改造は、内外より高い評価を得られた反面、改造に費やした多額の費用とその後の納税を考慮した場合、減資する事で得られる節税効果に対し、多くの会員より賛同を得られるものと成ったのです。

 2期4年務めた旧執行部のもとで決議し、新執行部が粛々と進めて行く事に成りました。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
府中カントリークラブでは3月24日クラブ及び会社役員が交代