2015年JGTOツアーは全日程を終了し賞金王は金庚泰選手へ

  • 投稿日:
  • by

  「ゴルフ日本シリーズJTカップ2015」は、2015年12月3日から6日までの4日間、東京稲城市の東京よみうりカントリークラブを舞台に、選ばれし30名の選手によって熱い戦いが展開されました。優勝したのは石川遼選手で、通算13勝目を飾りました。

 この試合をもって2015年JGTOツアーは全日程を終了したのですが、賞金王に輝いたのは韓国の金庚泰選手でした。2008年より本格的に日本ツアーへ参戦して以降、2010年に次ぐ2度目の戴冠と成りました。同選手は今シーズン5勝をあげており、2015年11月29日のカシオワールドオープン終了時点で、既に賞金王を確定させておりました。

 これまで同選手は日本ツアーに於いて通算10勝を上げておりますが、その戦績を振り返った場合下記の通りと成ります。

  1. 2010年 ダイヤモンドカップ
  2. 2010年 日本オープンゴルフ選手権
  3. 2010年 マイナビABCチャンピオンシップ
  4. 2011年 長嶋茂雄INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント
  5. 2012年 フジサンケイクラシック
  6. 2015年 THE SINGHA CORPORATION THAILAND OPEN
  7. 2015年 ミュゼプラチナムオープン
  8. 2015年 フジサンケイクラシック
  9. 2015年 アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ
  10. 2015年 マイナビABCチャンピオンシップ

 金庚泰選手は1986年9月生まれで当年29歳と成るのですが、14歳からゴルフを始め、2005年、2006年の2度に渡り日本アマチュアゴルフ選手権で優勝しております。又、韓国に於いては2006年にアマチュアながらプロツアーで2勝を上げると共に、翌年の2007年にプロ転向するや否や、韓国の賞金王に輝いたのです。

 日本ツアーに参戦し今年で8年目に成り、この間2度に渡る賞金王と言う強さを発揮している同選手ですが、心温まる逸話も残されております。2011年3月31日に急遽来日した同選手は、3月11日の東日本大震災で甚大な被害を受けた被災者支援の為に、1,000万円を義援金として日本ゴルフツアー機構の小泉直会長へ手渡したのです。

 アーニー・エルス選手を目標とする金庚泰選手ですが、スイングもエルス選手同様に滑らかなもので、力みを感じさせません。安定したスイングの同選手は、来シーズンも活躍するものと思われます。来シーズンは是非日本人選手にも、同選手を独走させない様な戦いを展開し、見るものを興奮さる試合運びをして頂きたいものだと、願わずはおれません。


尚、2015年12月4日埼玉県の美里ゴルフ倶楽部、美里ロイヤルゴルフ倶楽部を経営する市川総業(株)が、東京地裁へ民事再生法の適用を申請しました。