棚倉ステークスカントリークラブは入会促進キャンペーンを制度化へ

  • 投稿日:
  • by

 福島県の棚倉ステークスカントリークラブでは、2015年11月5日に開催された理事会に於いて、これまでの会員入会促進キャンペーンの内容を、期限を設ける事無く常態化すべく、これを制度する事を決定致しました。

 これまでのキャンペーンの内容は下記の通りですが、これが常に適応される事になりました。尚、預託金を減額した新証券の預託金据置期間は25年となります。 

  • 正会員の書換料20万円(税別)-充当出来る金額20万円=消費税のみ
  • 平日会員の書換料10万円(税別)-充当出来る金額10万円=消費税のみ
  • 相続・贈与の書換料5万円(税別)-充当出来る金額5万円=消費税のみ
  • 法人内変更の書換料5万円(税別)-充当出来る金額5万円=消費税のみ

 2012年5月1日より開始されて来た同キャンペーンですが、2015年9月30日を以って終了する予定でした。しかしながらこのキャンペーンがクラブ活性化へ大きな役割を果たしている事から、上記内容を単年度毎に継続か否かを検討するのでは無く、制度として定着させる事に成ったのです。

 いずれにしても入会者によるクラブ側への支払いは、消費税のみで有り、コスト負担が少なくて済みます。また預託金を預かっているゴルフ場経営サイドとしても、その金額が徐々では有るものの、減少して行く事で財務内容も良く成って行きます。これはある意味双方に、WIN、WINの関係を構築出来るメリットが、多分に有ると言えます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
棚倉ステークスCCは5月より入会促進特別キャンペーン開始