東千葉カントリークラブでは12月より書換料減額キャンペーン開始

  • 投稿日:
  • by

 千葉県の東千葉カントリークラブでは、2015年12月1日より翌年2016年5月31日までの半年間限定で、会員権の名義書換料を減額して受け付ける事に成りました。今キャンペーンの特徴は、名義書換料を減額するのみならず、その金額から会員権の預託金額を充当する事が出来る点です。オリックスグループ他のゴルフ場では、この手続きが大変好評との事で、この度初めて東千葉カントリークラブに於いても導入されます。

 例えばこの手続きを当キャンペーンに当てはめた場合、会員権預託金額の最低額面は15,050円との事ですから、この金額を基にして算出すると、入会申請者が入会時にクラブへ支払う名義書換料は740,950円と言う事に成ります。そして名義書換終了後にクラブより入会者へ送られてくる新証券は、無額面のもと成ります。キャンペーンの概要は、下記の通りです。

☆ 通常の名義書換
 ・100.0万円(税別)⇒70万円(税別) 正会員
 ・50.00万円(税別)⇒35万円(税別) 平日会員

☆ 相続・生前贈与・記名者変更
 ・50万円(税別)⇒35.0万円(税別) 正会員
 ・25万円(税別)⇒17.5万円(税別) 平日会員

 市場の動向と致しましては、2015年10月9日現在で売り物が少なく、買い手が多い状況です。オりックスグループのゴルフクラブでは、譲渡人の印鑑証明書期限を半年間有効としておりますので、現在会員権を購入して12月以降に入会申請すると言う手順で、充分間に合う事と思います。同様にお考えの方々が、買い注文を出されて来ているものと思われます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
東千葉カントリークラブでは12月より書換料減額キャンペーン開始