PGA TOUR_Quicken Loans National戦で石川遼選手単独10位

  • 投稿日:
  • by

 2015年7月30日より8月2日までの4日間開催されたPGA TOUR_Quicken Loans National戦にて、石川遼選手は単独10位となり、久々上位に顔を出す事が出来ました。優勝者は18アンダーで、Troy Merritt選手でした。初日、二日目と首位と成った石川選手の活躍は、もしかしたら優勝できるのではと、日本のファンにとって淡い期待を持たせるものでした。

 初日4番ホールでのホールインワン、更には14番からの5連続バーディは圧巻で、上がって見ればボギーなしの63、8アンダーで首位タイに立ったのです。二日目は出入りの激しいゴルフながら、16番からの3連続バーディがものを言い、トータル11アンダーで単独首位と成りました。

 二日目終了時点で、決勝ラウンドでは二日間で4~5伸ばせればと語っていた石川選手ですが、結果は二日間ともイーブンパーに終わり、予選ラウンドでの貯金がものを言い、単独10位と成りました。この試合の結果、FedExCup ポイントは421、125位と言う事に成り、来シーズンのシード権確保へ向けた当落線上へ、やっと浮上して来たと言えます。

 残り数試合で如何にポイントを積み上げられるか、石川選手の正念場が続きます。尚、この試合でタイガー・ウッズ選手が、8アンダーで18位タイへ入った事は、久々の朗報でした。関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦へ石川遼選手参戦