7月18日発足の袋田の滝CC大子コースは旧会員を受け入れへ

  • 投稿日:
  • by

 2015年7月18日に新たなる出発を果たした袋田の滝カントリークラブ大子コースは、旧会員である鷹彦スリーカントリーの会員へ、登録料無料で一代限定の会員として、その名もB会員として受け入れるとの案内を発送しました。又、年会費も3万円と消費税へ従来よりも減額する、としております。

 2015年6月30日に破産管財人より同ゴルフ場を取得した(株)ノザワワールドの野澤敏伸社長は、同ゴルフ場の運営に関して、下記の様な現実的な数値を考えている様です。年間来場者数25,000人~26,000人が、当座見込めるで有ろう最低限の来場者数と、野澤社長は分析しております。

 ラウンド料金は、B会員或いは将来募集計画している会員の土曜日、日曜日、祝日料金を約5,000円~6,000円、平日は約3,000円と設定している様です。

 ビジター料金が如何程に設定されるかは、明らかにされていませんが、厳しい数字を前提にした現実を直視した内容と言えます。 同ゴルフ場が倒産する以前に、同ゴルフ場に詳しいある識者より伺った話が印象的で、私の脳裏から離れる事は有りませんでした。

 識者曰く(ただ玄関を開けているだけですよ)。火中のクリをひっろた野澤社長ですが、客観条件が悪くとも様々な運営方法がある事を、ゴルフ業界へ示して頂きたいものだと、思わざるを得ません。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鷹彦スリーカントリーを(株)ノザワワールドが6月30日取得