千葉国際カントリークラブは6月10日の債権者集会にて再生計画案可決

  • 投稿日:
  • by

 千葉県の千葉国際カントリークラブを経営しております(株)千葉国際カントリークラブの債権者集会が、2015年6月10日に開催され、賛成多数にて再生計画案が可決されました。再生計画案の概要は下記の通りです。

  1. 弁済率は53%。
  2. 継続会員は、弁済額を新預託金として、その預託金は10年据置。
  3. 退会会員へは、再生計画認可決定確定日から4ヶ月後の月末に、弁済金を一括弁済。
  4. 認可決定確定日から1ヶ月後の月末の翌日が経営交代日。
  5. 経営会社の資本金を100%減資し、新たに200株をパシフィックゴルフプロパティーズ(株)が引受。
  6. 確定再生債権者総数8,086名、確定再生債権額51億9,347億円。
  7. ゴルフ場名変更予定。

 順調に推移した場合、7月初旬に認可決定確定が、東京地裁より出るものと思われます。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
千葉国際カントリークラブは1月9日に民事再生法の適用を申請