宇都宮カンツリークラブも太陽光発電事業へ参入か

  • 投稿日:
  • by

 栃木県の宇都宮カンツリークラブでは、ゴルフ場内の遊休地を活用して、太陽光発電事業へ参入する予定との事です。

 北コース4番ホール手前のナーセリー(芝養生地)約2.5ヘクタールを、太陽光発電の為に活用して、1,417Kwの出力する計画の様です。

 2014年11月初旬段階では、計画・予定しているものの、工事は着工していないとの事でした。経産省の認定は得られており、2015年10月から32円/Kwにて売電の予定としております。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
宇都宮カンツリークラブでは8月よりゴールド会員への移行可