富里GCとカレドニアンGCのグリーンはTyeeが最適と判断

  • 投稿日:
  • by

 千葉県の富里ゴルフ倶楽部とカレドニアン・ゴルフクラブでは、今後2年ほどでグリーンの芝種をTyeeへ転換して行く方向との事です。これは約8年かけて、14種類の芝種を試験してきた結果だとしております。

 芝種採用の条件としては、夏場を除き14フィート並みのグリーンスピードを維持出来る事と、酷暑に耐えうる事だと言えます。

 富里GCでは、これまで様々な芝種を、採用して来ております。例えばペンクロからグランプリへ、そしてマッケンジーと来て、今後はTyeeへ転換して行くとの事です。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富里ゴルフ倶楽部は名義書換料減額期間を更に一年延長
カレドニアン・ゴルフクラブは12月1日より正会員の補充募集を開始